スマホに予定を入力すると、この「Magic Calendar」に浮かび上がる

たしかに、スマホのカレンダーは使い勝手がいい。自分のスケジュール管理はもちろん、家族や友人、同僚などと簡単に予定を共有できるため、プライベート・ビジネスの両面で大活躍している。その有能っぷりはまるで、僕の“秘書”と言っても過言ではないほどだ。

しかし、目を向ければパッと内容を把握できる「紙タイプ」とは違って、確認までに手間がかかるのは事実。必要のたびにスマホを取り出し、ロックを解除して、アプリを立ち上げなければならない。

それなら、スマホと紙の両方の長所を合わせたモノを作ればいいのでは?そんな発想から開発されたのが「Magic Calendar」だ。

紙とデバイスの中間を求めて

これは、専用のAndroidアプリでペアリングすると、入力した予定が浮かび上がるデバイス。当たり前のことだが、紙のカレンダーだと自分で書き込む必要があったし、ペンで記入すると予定が変更になったときに消せない、予定が追加されたときに書くスペースがない等の問題があった。しかし、これなら全てが解消されるはず。

目指したのは、「紙とデバイスの中間」のような存在をつくること。なにかと「紙 or デバイス」の二択で考えられがちな世の中だが、いやいや、その中道を行く考え方がイイ。

「どうすれば紙らしく感じられるか」にこだわり、試行錯誤を繰り返したというのは、開発元のKOSHO TSUBOI DESIGN。たしかに、我々がよく知る紙のカレンダーに見える。

現在のバージョンは、光学設計と錯覚も利用し、視覚的に紙に感じられるようにデバイスを作り込んでいるそう。ただし、将来的には紙の質感をより感じられ、アナログとデジタルの境目が完全になくなる製品を目指していくのだとか。

Licensed material used with permission by KOSHO TSUBOI DESIGN
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
「Calendar Watch(カレンダーウォッチ)」の機能はとてもシンプル。スマホやPCで管理しているスケジュールを写真のように盤面に表示してくれます。...
ボクサーやクレイン選手など18人のアスリートたちのヌードを撮影した『Sports Calendar』という手帳タイプのチャリティーカレンダー。若いスポーツ...
気泡緩衝材の“プチプチ”を潰すのが楽しい!って人は注目です。「Bubble Calendar」は365日分のプチプチがついたカレンダー。日めくりの代わりに...
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
「MP Magic Socks」は、生地に編み込まれた銀、銅、亜鉛の金属イオンを含んだ繊維を採用した靴下です。
欧米では、すでにおなじみ毎年恒例の「消防士カレンダー」。鍛え上げられた肉体を惜しみなく披露するのは、現役フランス人消防士たち。鋼の肉体は然ることながら、美...
10年先まで使用することができるカレンダー「Decade Planner」。2028年まで使えるから、日々の予定だけじゃなく、先々の長期の計画や10年後に...
気仙沼の漁師に焦点をあてた「漁師カレンダー」を紹介。冬の海で淡々と作業をする海の男たちはカッコいい。でもそれだけじゃなくて、そんな海の男たちからエールをも...
リリースされるやいなや大ヒットとなった、Bruno Marsのファンキーな新曲「24K Magic」。そのノリノリのリズムに合わせて踊るのは、なんと平均年...
日本が誇る絶景「富士山」を舞台とし、20台を超えるドローンの編隊飛行、三味線の生演奏、そしてMIDIコントロールされた1万6,500個のLEDライトが一斉...
「The Magic Water」は、特殊な技術で抽出したアルカリ性の水のクリーナーです。つまり、原料は水オンリー。界面活性剤どころか、水以外は一切使って...
海外では定番の「イケメン消防士カレンダー」ですが、中でも好評なのがフランス編。モノクロで魅せる鍛え抜かれた肉体には、強さと美しさが同居。かと思うと、時おり...
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
本来日めくりカレンダーは「日付を確認する」ためのもの。でもこのカレンダーの目的は「二人のコミュニケーション」。
はっきり言って、日付を知るだけならPCやスマホで事足ります。当然、このカレンダーに求められるのは、オブジェ的な役割。そういう意味でパーフェクトだと思います。
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...