最大2時間もつ!「ツナ缶」を使った、災害用ランプが超便利

ここ数日、記録的な大雨が日本列島を襲っています。報道によると、各地で鉄道の運転見合わせや停電が多発している模様。引き続き、厳重な警戒が必要です。

さて、今回はそんな災害時に役立つ情報をお届け。なんと「ツナ缶」の油を利用してランプが作れるというのです。早速、Youtubeに投稿されているその作り方をご紹介しましょう。

用意するものFireShot Capture 415 - 【かんたん工作】ツナ缶ランプ【アウトドア】 - YouTube - https___www.youtube.com_watch_v=cKWHibMllOQ23_Rまず、ツナ缶に釘を刺します。
FireShot Capture 421 - 【かんたん工作】ツナ缶ランプ【アウトドア】 - YouTube - https___www.youtube.com_watch_v=cKWHibMllOQ333_Rグリグリして穴を広げて、FireShot Capture 422 - 【かんたん工作】ツナ缶ランプ【アウトドア】 - YouTube - https___www.youtube.com_watch_v=cKWHibMllOQ45_R缶の深さの倍くらいの長さの紐を、FireShot Capture 424 - 【かんたん工作】ツナ缶ランプ【アウトドア】 - YouTube - https___www.youtube.com_watch_v=cKWHibMllOQ66_R半分にして、8888888888888888888_R穴に通します。FireShot Capture 427 - 【かんたん工作】ツナ缶ランプ【アウトドア】 - YouTube - https___www.youtube.com_watch_v=cKWHibMllOQ88888999_R5ミリほど先端を出せば、あっという間に完成。werrrrrr_Rいかがでしょう?身近なもので、こんなにも簡単に灯りが作れるなんて驚きですよね。

ちなみに、この「ツナ缶ランプ」は、警視庁警備部災害対策課の公式Twitterアカウントでも紹介されています。

「もしも」の時に備えて、以下の動画で作り方を復習してくださいね。

Licensed material used with permission by イーゼル芸術工房

天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...
ドイツ・アマゾンの照明部門でNo.1を記録したソーラーランプが、日本初上陸です。柔らかな光を発する、フェアトレード商品の「ソネングラス」。ヨーロッパを中心...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
ロゴがデカデカとプリントされたショップTは、デイリーユースに少し抵抗があるアイテム。だけど、ぜんぜんイヤじゃない。
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
部屋がまるで海の中みたい!DIYで組み立てる、愛らしいランプシェードを見つけました。
部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって...
おしりをバシッ!と叩くと明かりが灯る。そんな、ちょっと不思議なランプをご紹介。一体どこに設置する照明なのか気になるところですが、ホームページによればこの証...
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
フィリピンのおよそ7,000の島々では、現代でも電力インフラが不足しており、明かりのない生活をしている人々が多いらしい。これまでは、石油ベースのオイルやロ...
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。
北欧のデザイン会社が開発したミニマリストなランプ。LED製のため1日6時間使ったとしても約14年ほど持つそうです。お値段も約3,600円〜とお手頃。地球と...
今日はムーディーに、明日はパーティー気分で。シーンに合わせて変形する優等生な照明。
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
植物を育てるという命を育む行為によって、無機質な社会で日々過ごしている都会暮らしの現代人の荒れ果てた心に、少しばかり癒しをもたらしてくれそうです。
写真に写っているのは、体に巻き付いた太いロープ。そしてその先端には…電球。この「Fauna Lamp」は、自由自在に曲げられちゃう一風変わったランプなんで...
お金を入れないと点灯しない仕様。むか〜し旅先にこんなテレビがあった気がしますが、光やエネルギーの価値について改めて考えさせてくれる、ちょっと不便なところが...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
東日本大震災から早5年。防災意識がだんだんと薄れてしまっている今だからこそ、自分の身の回りの備えについて、あらためて考える機会を持ちたい。防災グッズは各メ...