DIYで組み立てる「クラゲランプ」で、部屋を「深海」に大変身。

断片的に赤ちゃんのころの記憶が残っているって人、結構いますよね。たとえば、ぼんやりとクルクル回るオルゴールメリー(ベビーベッドのうえに吊り下げるオモチャのこと)の光景とかよく聞きます。

そんなオルゴールメリーみたいに愛らしいランプシェードがありました。部屋がまるで海の中みたい。

天井を漂う姿が愛らしい

生物発光のようにぼんやりと光る3Dランプシェード「VasiliLights」。2015年にオランダ建築家のVasili PopovさんとLidiya Koloyarskayaさんによって共同設立されたブランドで、オランダの海辺からインスピレーションを受けたのだそう。

クラゲのほかにも金魚やカメなど、さまざまな海の生き物がいます。

このランプシェードは、ペーパークラフトで自分で組み立てるタイプ。同封された説明書にしたがって組み立てれば、平らなパーツが海の生き物たちに早変わり。まさに「折り紙」ランプですね。

パーツに無数に大小さまざまな穴のデザインが施されているため、ランプの光が幻想的に漏れてきます。

1万円前後で手に入るのも嬉しいところ。

こちらから購入できます。

Licensed material used with permission by Studio Vasili Lights, Instagram

関連する記事

まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
クラゲの展示種類が世界一として有名な山形県「加茂水族館」とコラボした幻想的で美しいクラゲの傘がWEB予約販売をスタート。
「すみだ水族館」が7月16日にリニューアルオープンし、新しい「クラゲエリア」に日本最大級の水盤型・新体感水槽「ビッグシャーレ」を設置するほか、飼育作業を公...
精神科医・奥田弘美先生曰く、ストレス解消にもおすすめだというクラゲ鑑賞。7月9日にリニューアルオープンする「サンシャイン水族館」の「海月空感(くらげくうか...
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
タイで珍しい光景が撮影された。クラゲの中に大量の魚。一体なぜ…。「Earth Touch」によれば、周囲にいる長細い魚は、トランペットフィッシュ。突進して...
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...