DIYで組み立てる「クラゲランプ」で、部屋を「深海」に大変身。

断片的に赤ちゃんのころの記憶が残っているって人、結構いますよね。たとえば、ぼんやりとクルクル回るオルゴールメリー(ベビーベッドのうえに吊り下げるオモチャのこと)の光景とかよく聞きます。

そんなオルゴールメリーみたいに愛らしいランプシェードがありました。部屋がまるで海の中みたい。

天井を漂う姿が愛らしい

529682190355660854881857820426246682501833555968

生物発光のようにぼんやりと光る3Dランプシェード「VasiliLights」。2015年にオランダ建築家のVasili PopovさんとLidiya Koloyarskayaさんによって共同設立されたブランドで、オランダの海辺からインスピレーションを受けたのだそう。

クラゲのほかにも金魚やカメなど、さまざまな海の生き物がいます。

52692455291617286564604310192128

このランプシェードは、ペーパークラフトで自分で組み立てるタイプ。同封された説明書にしたがって組み立てれば、平らなパーツが海の生き物たちに早変わり。まさに「折り紙」ランプですね。

パーツに無数に大小さまざまな穴のデザインが施されているため、ランプの光が幻想的に漏れてきます。

54387044033495046623807884230656

1万円前後で手に入るのも嬉しいところ。

こちらから購入できます。

Licensed material used with permission by Studio Vasili Lights, Instagram
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
タイで珍しい光景が撮影された。クラゲの中に大量の魚。一体なぜ…。「Earth Touch」によれば、周囲にいる長細い魚は、トランペットフィッシュ。突進して...
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
長い脚、青白く光る複数の目。UMAなインテリア。
蜷川実花といえば、映画『さくらん』や『ヘ ルタースケルター』の監督を務めた人物として広く知られている。最近では、愛媛県・道後温泉とのコラボレーション企画「...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
今日はムーディーに、明日はパーティー気分で。シーンに合わせて変形する優等生な照明。
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
幻想的なイルミネーションが各地で楽しめる冬は、カップルにとって楽しみな季節。とはいえ、どれだけライトアップが鮮やかなものだろうと、ひとつだけ問題があります...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
海の写真というと水上か水中のどちらかというイメージがありますが、オーストラリアのフォトグラファーMatty Smith氏が捉えたのはそのちょうど真ん中!2...
部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
愛娘のためにパパが見せた本気のDIYが、アメリカで賞賛を集めています。その仕上がりも見事ながら、およそ18ヶ月もの時間をかけて、たった一人で作り上げたパパ...
重力に逆らい、バランスを保ったように見えるテーブルランプ。普通に考えるとあり得ない光景が、見ているこちらに不思議な感覚を呼び起こします。って、これを見て、...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
おしりをバシッ!と叩くと明かりが灯る。そんな、ちょっと不思議なランプをご紹介。一体どこに設置する照明なのか気になるところですが、ホームページによればこの証...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...