「大人のラクガキ」に囲まれる落ち着かないお部屋

壁一面の落書き、落書き、落書き……。

実はこれ、子どもの落書きではなく、全部この家に住むアーティストJoke Neyrinckさんによるイラスト。

落書きが好きすぎて、自宅全体に描いてしまった彼女の生活を覗いてみましょう。

落書きは
インスピレーションの宝庫

ベルギーのアーティストJoke Neyrinckさんは、ちょっと空いた時間やスペースがあると、いつでもどこでも落書きをしてしまいます。もちろん下書きは一切ナシ。ペンで直接描きはじめます。

落書き中はほとんど何も考えず、勝手に手が動くのだとか。アーティストであるJokeさんにとって、落書きはインスピレーションを得るための一番の方法なのです。

頭を空にしてペンを持つと、想像力が刺激されるのだそうです。

よく見ると、本人が来ている服や帽子にもびっしり落書きが。

さすがに自分の服に直接落書きはしておらず、Jokeさんの落書きを元にデザインした服で、販売もしています。頭のてっぺんからつま先まで落書きだらけですね!

Jokeさんのイマジネーションの中で迷子になってしまいそう。

ちょっと不気味な
生き物たち

じっくり見ると、目がたくさんあったり、足がひとつだったり、涙を流していたり、不気味さもあるこのイラスト。

リビングはもちろん、トイレも、バスルームも、ぜーんぶこのイラストで埋め尽くされています。

本人は描き放題でいいかもしれませんが、こんなイラストに囲まれた生活、ちょっと落ち着かないかも?自宅自体がアート作品なのも考え物ですね。

Licensed material used with permission by Jook Doodle Woman, (Instagram), (YouTube), (Facebook)

関連する記事

娘が壁に描いちゃったラクガキ。それを叱るんじゃなく、お母さんはこんなアイデアでみんなをほっこりさせてくれました。
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
統一感がない、素人っぽい微妙な部屋になっていない?この3視点からの部屋の風景を完璧にすれば、おのずと洗練された空間になるんです。
壁掛け式のコンパクトデスク「タナプラスS」は、ホッチキスで固定する石膏ボード用固定金具「壁美人」を採用しており、壁が傷つかない。そして、どんな場所でも簡単...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
愛娘のためにパパが見せた本気のDIYが、アメリカで賞賛を集めています。その仕上がりも見事ながら、およそ18ヶ月もの時間をかけて、たった一人で作り上げたパパ...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
最高級羽毛「アイダーダウン」を生態模倣した人工羽毛「AirFlake」を中綿素材に使用。マミー型と封筒型の両方のメリットを活かした「ブーツ型」の寝袋「レリ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...