「クラゲ」の海に立つような感覚を。「すみだ水族館」新体感水槽「ビッグシャーレ」

「すみだ水族館」が7月16日(木)にリニューアルオープンし、新しい「クラゲエリア」に水盤型の新体感水槽「ビッグシャーレ」を設置するほか、飼育作業を公開する「アクアベース」が誕生する。

「ビッグシャーレ」とは、日本最大級となる長径7mの水盤型クラゲ水槽のこと。

すみだ水族館で生まれた約500匹のミズクラゲを、水槽の“上”から観察でき、「海月(クラゲ)」の漢字の由来でもある“海中に浮かぶ月”のようなクラゲの姿を間近で楽しむことができる。

上部が解放された水槽は、色鮮やかな照明の演出により幻想的な空間となり、スロープを上ったガラス床のデッキでは、まるでクラゲが漂う海の水面に立っているかのような、神秘的な体験ができるという。

また、「アクアベース」は、生き物のゴハンの準備をおこなう「キッチン」と、クラゲの飼育設備や繁殖活動を間近に観察できる「ラボ」で構成され、飼育スタッフとのコミュニケーションを通じて、生き物への理解をより深められるなど、子どもだけでなく大人の知的好奇心も刺激する学びのエリアとなっているそうだ。

500匹ものクラゲを足元に感じる体験なんてなかなかできないが、なんだかすごく涼しい気分になれそうな予感がする。

すみだ水族館、クラゲのビッグシャーレ
©2020 オリックス不動産株式会社
すみだ水族館、クラゲ
©2020 オリックス不動産株式会社
すみだ水族館、ペンギン
©2020 オリックス不動産株式会社
Top image: © 2020 オリックス不動産株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

クラゲの展示種類が世界一として有名な山形県「加茂水族館」とコラボした幻想的で美しいクラゲの傘がWEB予約販売をスタート。
精神科医・奥田弘美先生曰く、ストレス解消にもおすすめだというクラゲ鑑賞。7月9日にリニューアルオープンする「サンシャイン水族館」の「海月空感(くらげくうか...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
蜷川実花といえば、映画『さくらん』や『ヘ ルタースケルター』の監督を務めた人物として広く知られている。最近では、愛媛県・道後温泉とのコラボレーション企画「...
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
「すみだ水族館」は、夏のショープログラム「ペンギン花火」を8月30日までの土日祝日に実施。日本最大級の屋内開放型ペンギンプールの底面全体に、花火をイメージ...
最新テクノロジーを駆使した水族館「カワスイ 川崎水族館」が、7月17日、川崎駅前商業施設「川崎ルフロン」にオープン。
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
「Fish on Wheels」は、魚の水槽の土台となるタイヤが、魚の動きに合わせて動くというもの。つまり動く水槽。犬や猫みたいに魚が自分の後を追いかけて...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
幻想的なイルミネーションが各地で楽しめる冬は、カップルにとって楽しみな季節。とはいえ、どれだけライトアップが鮮やかなものだろうと、ひとつだけ問題があります...
「すみだ水族館」のイベント「チンアナゴの日」。今年は、11月11日11時11分に「#チンアナゴの日」のハッシュタグをつけてツイートすることで、Twitte...
昨日から、「東京スカイツリータウン」と「すみだ水族館」にて夏の風情を感じられるコンテンツ「未来につなぐバーチャル花火」がスタート。
ハワイ島のコナにある都市、Kailua-Kona(カイルア・コナ)に位置する5つ星リゾートホテル「Four Seasons Resort Hualalai...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
天候にも左右されず、おうち時間にストレス解消や自律神経の調整にもいいとしてブームが再燃している「大人の塗り絵」から、気になる7冊を紹介。「海の楽園」は、ジ...
いまや、日本だけでなく世界のデジタルアートシーンで確かな存在感を誇示しているチームラボ。2015年5月10日に終了した「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ...
中央アメリカ・ベリーズの島にある、自然溢れるコワーキングスペース。大都会にあるソレと比較したらデザイン性や利便性の面では劣るけど、開放感は抜群。疲れたらハ...
チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」。そのメインプログラムである「お絵かき水族館」が、香港で開催されたデザインコ...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「海の日」といえば、毎年7月の第三月曜日。ですが、世界各国ではそれより1ヶ月近く早い、6月8日。つまり今日。「World Oceans Day」と呼ばれる...
山形県の鶴岡市立加茂水族館から登場した「あるお土産」が、若い女性を中心に人気を集めています。というのも、美味しいうえに見た目がなんとも印象的。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
昨年、話題を巻き起こした「性いっぱい展」の第2弾「もっと♡性いっぱい展」が、東京・池袋の「サンシャイン水族館」で11月5日(木)まで開催中だ。
タイで珍しい光景が撮影された。クラゲの中に大量の魚。一体なぜ…。「Earth Touch」によれば、周囲にいる長細い魚は、トランペットフィッシュ。突進して...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
先日、台湾で開かれた展覧会「waterscape 水中風景」は、ある日本人が設計した「水槽」を通して、生きもののいる日常的な環境を異なる角度から捉え直す試...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
米テネシー州で、電気ウナギによるクリスマスツリーの点灯が話題に。ツリーが水槽の横に設置され、水槽内のセンサーが電気を感知すると光を灯すという仕組み。