すべては「4つの相性」から。恋人選びでミスる人はここがズレている!

恋愛をスムーズにさせる秘訣って色々ありますが、そのひとつに、お互いの「相性」があります。

関係がなかなか上手くいっていない…というカップルは要注意!もしかしたら、これら「4つの相性」が悪いのかもしれません。

01.
生活リズムのズレから
ストレスは蓄積される
「時間の相性」

Wakey wakey

まず「時間の相性」なんですが、これは生活リズムの相性のこと。夜型の人と昼型の人とでは、やはり時間的にすれ違いが多々生じてしまいますので、どちらかが合わせようとすると、どちらかがストレスを蓄積してしまいます。

また、生活リズムというものは人格を形成するものでもありますから、夜更かししがちな人と早寝早起きな人とでは、やはり相性のズレが生じたり。ですので、時間の相性は地味に大事だったりします。

02.
好き嫌いに直結する
「金銭感覚の相性」

Couple saves money with piggy bank

この相性が合わないと、相手がケチだと感じたり、浪費家だと感じたりしてしまうんですよね。これは好き嫌いに直結する相性ですから、恋愛感情に関係なく嫌悪感を抱いてしまうことも少なくありません。
お金で愛は買えないけれど、お金で愛は壊れてしまうってことです。とてもとても大事な相性のひとつですよ。

03.
生理的な意味合いもある
「食事の相性」

00062989787_Large

これは身体の相性にも繋がるものなんですけど、一緒に食事をしていて美味しいと感じる人とは身体の相性もたいていいいものなんですよ。

食事の相性は生理的な意味合いも強くありまして。この相性が悪い人は(たとえどんなにカッコいい人でも食べ方が気になると)生理的に無理ということになるんです。

04.
恋愛において最も大事な
「精神的な距離感の相性」

Pair sleeping back to back

毎日会えるのが心地いいと思える距離感や、週に一度くらい会うのが心地いいと思える距離感など、人によっては様々な「精神的な距離感」がありますが、この距離感が違うと、どちらかが孤独に感じてしまったり、窮屈な思いも感じてしまったりするわけです。
そうすると不満や不安が生じて、相手の嫌な面ばかりが見えてきたりしてしまうんです。

じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せになれないってことよ。
コンテンツ提供元:ワニブックス

DJあおい

謎の主婦、恋愛アドバイザー。Twitterでは独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー約20万人。サブアカウントではフォロワーの恋愛相談にも乗り、こちらも異例のフォロワー約14万人。ブログ「DJあおいのお手をはいしゃく」は、月間500万PVを誇る。

あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
血液型での恋人との相性診断はよく話題になりますが、「血液型」だけでなく「兄弟構成」も踏まえた場合はどうでしょう?300万人のカップルたちが使用するスマート...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
恋人と想い合っているのに、体の相性が悪い問題。TABI LABOも、過去にこのケースの記事を色々書いてきましたが、結構あるあるなんですよね。
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
友達か、恋人か。白黒つけられない恋愛は、そんなに悪いことですか?
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
長い間会えない状況が続く遠距離恋愛。デートにも行けない中で恋愛関係を続けていくにはどうしたら良いのか、お悩みの方もいるのでは。多くの人が悩むポイントは、「...
冬が近づいてくると、理由もなくなぜだか寂しいという気持ちになって、シングルの人は出会いを欲するのではないでしょうか。いまは恋人が欲しくないと考えていたけれ...
「県外で行われた友達の結婚式で意気投合」「SNSで知り合って」など、出会いかたもいろいろあるもの。なかには最初の恋愛が遠距離だったという人もいるでしょう。...
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
こんな人と出会えたら、あなたのセックスライフは燃え上がる。そのために覚えておくべきポイントを「Elite Daily」より紹介します。
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
何も言わなくてもわかってくれるとか、今夜食べたいものが同じだったとか、ハッキリとは言えないんだけど何か「私たち良いよね!」って思えるような恋人とのサインが...
職場や家族、友達関係、様々にシーンを変えて説明していたけれど、胸の傷口に沁みたのが、「カップルにおける距離感」。やっぱり当事者になると、間違えてしまうこと...
どれだけ一緒に時間を過ごしてもなかなか「恋人」と呼んでくれない相手と一緒にいるあなたへ。「恋人」になれないのは、あなたに何かが欠けているわけではなく、彼ら...
今から20年以上前に、特別な愛情関係における男女2人は、どのカップル(夫婦)も同様に、3つのステージを辿っている。ということを見つけ出したのが、専門家であ...
付き合った直後は、思ったより夜の事情がロマンティックな結果じゃなくても、テンションで乗り越えられたりもする。だけど"こんな矛盾"が生まれてしまうのなら、ラ...