このヘッドホンに出合って、仕事用と普段用で使い分けるのをやめた

今回は、俺の使ってるヘッドホン紹介したい。

音楽制作をしている時など長時間ヘッドホンで作業することがある。今までのヘッドホンだと長い間つけていると車酔いのように気持ち悪くなってしまうことがあった。音のバランスや、つけ心地の圧迫感が原因だと思うけれど、ここで紹介するのはその辺りがまったくもってストレスフリーなヘッドホンだ。

これに出会うまでは、普段使いと音楽作業用のものは分けていた。だけど、これに出会ってからは、これだけ。問題ない。集中したい時とか、音楽を聞いてない時でもヘッドホンしてるとき、結構ある。それくらいフィット感がいいからだ。

別にこのメーカーに知り合いがいるわけでも、それどころかメーカーのファンですらない。偶然、NYの楽器店で店員にすすめられて、つけてみたら最高だったヘッドホン。

ゼンハイザーの「HD-300-PRO」
©DAG FORCE

ゼンハイザーというドイツの音響機器メーカーが出している「HD-300-PRO」だ。

 

①まず音が良い。良い音の定義はいろいろあるけど、高音、中域、低域がクリアでバランスがいい。

②耳を覆うように装着できて、つけ心地が最高にいい。

③普段使いでは、これが一番大事かもしれないが、疲れない。

あと自分の使っているGENELECというモニタースピーカーとも音のバランスが近いのもうれしい。

もしヘッドホン選びに困ったら、一度チェックしてみて!

DAG FORCE/ラッパー

1985年生まれ。NYブルックリン在住のラッパー。一児の父。飛騨高山出身。趣味は、音楽、旅、食べること、森林浴。NYでの日常生活で感じたこと。そこからポジティブなメッセージを伝えていきたい。

関連する記事

普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
ロンドンを拠点に活動するデザイナーRocco Giovannoniさんが開発したヘッドホン「Inmergo」が斬新だ。
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
骨電導を利用したヘッドホン「BATBAND」は、耳を塞がずに後頭部にかけるだけでOK。Bluetoothで通信が可能で、通話にも対応しています。音漏れなど...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...