「息子に教えようと思ったら、俺が教えられた」話

朝の爽やかな空気の中で、俺は息子に自信をつけようと思った。だけど、反対に息子から教えてもらった。

モノやオカネ、その見返りのために何かをするというのも当たり前に大切だけど、本当に大切なのは自分自身の中の達成感や充実感、喜びだってことを。

彼とはそういうことを分かち合える。

今朝、息子と散歩した時の話

勾配の急な上り坂に差し掛かった時、長く続くその坂を見上げた息子は、俺に肩車をしてくれとせがんだ。俺は息子の持っていた荷物を持ってあげてから、自分の足で登るんだよと言った。

どうして?すごく急だし、長い坂だよ!という息子に、急で長い坂の登り方を教える。

 

俺:長い坂を見るとね、登る前から辛いなと思うよね。

そういうときは、足元をしっかり見てごらん。

まずは、坂の半分のあの木のところまで行ってみよう!

足は、一歩一歩ちゃんと前に進んでいくね。

リズムを感じて、歩くことに集中してみよう。

よいしょ、よいしょ。いち、に。いち、に。

一生懸命歩いて、疲れてきたら、頭を上げて、坂のてっぺんを見てごらん。

思ったより近づいてるね。

 

息子:でもとーっても疲れるよ!

 

俺:そうだね、でもとーっても疲れた分、自分の足で登ってお家に帰ったら、すごいプレゼントが待ってるんだ。自分の力で出来たっていう「自信」という特別なプレゼントをもらえるんだよ。

 

息子:そうなんだ、それは素晴らしいねぇ。じゃあ、とーっても疲れて自分の力で歩けなくなるまで頑張ってみる!

 

そして、俺たちは無事に坂を登りきった。

 

息子:わかったパパ!!頑張った代わりに、プレゼントがお家にあるかもよー!

 

俺:んんん?

 

息子:きっと妖精さんが、プレゼントを家に置いてってくれるってことなんだよ!妖精さんは、頑張ったら見えないお菓子をプレゼントしてくれるんだよ。見えないお菓子はね、目には見えないけど、食べたら本物のお菓子を食べた時よりも、幸せな気持ちになるんだってー!

 

俺:そうだね!それは、本当に本当に素晴らしい発見だね!帰ってママにも教えてあげよう!

 

家に着いた息子は、手を洗ったあと、透明のお菓子を見つけて持ってきてくれた。

 

息子:はい、どうぞ!ぱくぱくぱく……。すっごーっく美味しいね。頑張ってよかったね!

 

俺:ほんとだね。ありがとう。ありがとう。

 

息子の何気ない言葉や、笑顔や底ぬけな明るさは、この世界で最も美しく力強い、希望の光に感じる。

ありがとう、おれの太陽。

DAG FORCE/ラッパー

1985年生まれ。NYブルックリン在住のラッパー。一児の父。飛騨高山出身。趣味は、音楽、旅、食べること、森林浴。NYでの日常生活で感じたこと。そこからポジティブなメッセージを伝えていきたい。

関連する記事

「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...