サディスティックな街とマゾヒスティックな俺――DAG FORCEのナイスタイム

「ニューヨークって、本当にサディスティックな街だと思うんですよね」

ブルックリンの街角で、友人が口にした言葉だ。俺は妙に腑に落ちた。

それはとても寒い寒い3月の朝だった。日本では小春日和のなか、梅の花が冬の終わりを知らせるころ。ニューヨークはまだ昨晩の雨が氷に変わるような厳しい冬の朝だった。自分が育った故郷、岐阜県の飛騨高山も負けず劣らず寒いけど、海に近いニューヨークの風はもっともっと寒い。体感マイナス20℃ の朝はほっぺまで凍りそうだ。自然環境だけじゃない。この街は経済的にもなかなか厳しいところがある。

昔、働いていたレストランで、フッドの黒人の友達に質問してみた。

「一番安いランチ代っていくら?」

「テイクアウトで10ドルかな?それ以上安いのはアブないっしょ(笑)」

実際、ニューヨークではどんなに安いデリでもチキンオーバーライスは6〜7ドルくらい。そこに缶ジュース1〜2ドルと消費税を合わせると10ドルになる。

レストランに入ったら12〜15ドルにチップが2〜3ドル、消費税を加えると20ドル以上だ。ランチでそれだからディナーはもっとだ。2人で100ドルは安いほう。飲食代に関しては、日本の2倍ほどかなと感じる。

移民にとっては教育費も高い。医療も保険もめちゃくちゃ高い。もちろん家賃も。

ニューヨークで普通の生活をするのに一体いくら必要なんだろう?

そもそも普通の生活ってなに?

数字を参考にしてみよう。

マンハッタンで働く20代のホワイトワーカーの平均年収は14万ドル(およそ1600万円)。それぐらいあれば不自由のない生活を送れそうだ。反対に言えば、それぐらいないと不自由なのか……。

自然や経済だけじゃない。交通や郵便などの公共サービスもサディスティックだ。

まず、地下鉄の駅にエレベーターがないことが結構ある。そもそも想定していないのかな?エレベーターがあってもものすごく臭い。できるだけ乗りたくない。バスもベビーカーをたたまないと乗せてもらえない。

郵便局の仕事も非常に雑で、日本からの郵便の3回に1度くらいが届かない。配達員が面倒臭がってアパートメントの入り口に放置していくから、誰かが盗んだり、間違えて持って行ってしまったり。最初ニューヨークに来た時は本当にストレスだった。

などなど、こうして書いてみると、なーんもいいとこないじゃん。

じゃあ、どうして、こんなに大変なのにニューヨークで俺たち家族は暮らしているんだろう?

この答えはたくさんあって、説明するのが難しいんだけど、もしかしたら俺たちが相当マゾヒスティックだからかもしれない(笑)。

厳しい環境のなかで感じ取ったことが、生活や音楽活動の糧になってることは確かだ。それに、この街に住んでる人たちは、ほとんどみんな同じような体験をしていて、だからこそ同じような境遇の人を見ると手を差し伸べるし、また、厳しくあしらわれることもあるだろう。

厳しいからこその、人と人のつながりのあたたかさがこの街では感じられる。

お金がある人もない人も、毎日一生懸命に夢を描き、明日に希望を抱いて生きる街。人種のるつぼ、あらゆるダイバーシティが混ざり合い、「普通」とか「常識」とかが存在しないなかで、NEW YORKという共通項だけが、別々の価値観や文化を背景に持つ一人ひとりをつなげている。

サディスティックな街は、自分らしく生きることを楽しむ人たちで溢れているのだ。

Top image: © DAG FORCE
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
フェミニズムを、フェミニストとして、歌やコメディを通してわかりやすく社会に提起している女性がたくさんいます。そんな女性達から「フェミニズム」を学べるエピソ...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
知人のレストランでキッチンを手伝っていても、コミュニケーションのミスが多々起きる。何か問題があると、自分のせいにされる。そんなことが続く毎日だった。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
大阪・心斎橋に都市型リゾートの一棟貸し宿「今昔荘 心斎橋 空庭檜風呂邸」が開業。
俺が住んでいるのは、俗にBED-STUY (ベッド・スタイ)と呼ばれるエリアの端っこで、今はニューヨークのなかでも比較的治安がよくなってきている場所だ。
高級食材を使った料理をリーズナブルな価格で提供することで人気の「俺のレストラン」。4月15日、あらたに俺のシリーズ公式通販サイト「俺のEC」をオープン。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。