サディスティックな街とマゾヒスティックな俺――DAG FORCEのナイスタイム

「ニューヨークって、本当にサディスティックな街だと思うんですよね」

ブルックリンの街角で、友人が口にした言葉だ。俺は妙に腑に落ちた。

それはとても寒い寒い3月の朝だった。日本では小春日和のなか、梅の花が冬の終わりを知らせるころ。ニューヨークはまだ昨晩の雨が氷に変わるような厳しい冬の朝だった。自分が育った故郷、岐阜県の飛騨高山も負けず劣らず寒いけど、海に近いニューヨークの風はもっともっと寒い。体感マイナス20℃ の朝はほっぺまで凍りそうだ。自然環境だけじゃない。この街は経済的にもなかなか厳しいところがある。

昔、働いていたレストランで、フッドの黒人の友達に質問してみた。

「一番安いランチ代っていくら?」

「テイクアウトで10ドルかな?それ以上安いのはアブないっしょ(笑)」

実際、ニューヨークではどんなに安いデリでもチキンオーバーライスは6〜7ドルくらい。そこに缶ジュース1〜2ドルと消費税を合わせると10ドルになる。

レストランに入ったら12〜15ドルにチップが2〜3ドル、消費税を加えると20ドル以上だ。ランチでそれだからディナーはもっとだ。2人で100ドルは安いほう。飲食代に関しては、日本の2倍ほどかなと感じる。

移民にとっては教育費も高い。医療も保険もめちゃくちゃ高い。もちろん家賃も。

ニューヨークで普通の生活をするのに一体いくら必要なんだろう?

そもそも普通の生活ってなに?

数字を参考にしてみよう。

マンハッタンで働く20代のホワイトワーカーの平均年収は14万ドル(およそ1600万円)。それぐらいあれば不自由のない生活を送れそうだ。反対に言えば、それぐらいないと不自由なのか……。

自然や経済だけじゃない。交通や郵便などの公共サービスもサディスティックだ。

まず、地下鉄の駅にエレベーターがないことが結構ある。そもそも想定していないのかな?エレベーターがあってもものすごく臭い。できるだけ乗りたくない。バスもベビーカーをたたまないと乗せてもらえない。

郵便局の仕事も非常に雑で、日本からの郵便の3回に1度くらいが届かない。配達員が面倒臭がってアパートメントの入り口に放置していくから、誰かが盗んだり、間違えて持って行ってしまったり。最初ニューヨークに来た時は本当にストレスだった。

などなど、こうして書いてみると、なーんもいいとこないじゃん。

じゃあ、どうして、こんなに大変なのにニューヨークで俺たち家族は暮らしているんだろう?

この答えはたくさんあって、説明するのが難しいんだけど、もしかしたら俺たちが相当マゾヒスティックだからかもしれない(笑)。

厳しい環境のなかで感じ取ったことが、生活や音楽活動の糧になってることは確かだ。それに、この街に住んでる人たちは、ほとんどみんな同じような体験をしていて、だからこそ同じような境遇の人を見ると手を差し伸べるし、また、厳しくあしらわれることもあるだろう。

厳しいからこその、人と人のつながりのあたたかさがこの街では感じられる。

お金がある人もない人も、毎日一生懸命に夢を描き、明日に希望を抱いて生きる街。人種のるつぼ、あらゆるダイバーシティが混ざり合い、「普通」とか「常識」とかが存在しないなかで、NEW YORKという共通項だけが、別々の価値観や文化を背景に持つ一人ひとりをつなげている。

サディスティックな街は、自分らしく生きることを楽しむ人たちで溢れているのだ。

Have a nice time !

Top image: © DAG FORCE
知人のレストランでキッチンを手伝っていても、コミュニケーションのミスが多々起きる。何か問題があると、自分のせいにされる。そんなことが続く毎日だった。
俺が住んでいるのは、俗にBED-STUY (ベッド・スタイ)と呼ばれるエリアの端っこで、今はニューヨークのなかでも比較的治安がよくなってきている場所だ。
よくこんな質問をされる。「ニューヨークの食事ってウマイ?マズイ?」
いつでもどこでも上質な国産蜂蜜を。とくに風邪気味で喉がイガイガするときは、個包装のはちみつを1本持って出かけると安心です。
タイヤが真っ白……。汚れないのかな?とすぐに気にしてしまう、それは野暮ってもんです。
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
一日のうち、もっとも創造的なアクティビティ♨️
〈nutrovape(ニュートロベイプ)〉の「ENERGY STICK(エナジースティック)」は、カフェイン、L-テアニン、ビタミンB12を同時にチャージ...
コクヨとnendoとの協業により生まれた、接着用品の新ブランド「GLOO(グルー)」の紹介です。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.56
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
俺が小学生の頃、スーパーカーブームが起こった。夏休みに、よみうりランドに本物のスーパーカーを観ようと出かけたことも鮮明に覚えている。だからだろう。このラン...
東急大井町線、荏原町駅。駅を出るとすぐ「荏原町商店街」があり、少しだけ昭和にタイムスリップした気分になります。そんな荏原町商店街から1本入った住宅街にある...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
たぶん、史上最高のバスタイム。
ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたところによれば、香港のAppleが次のiPhoneの機能に、先日発表されたMacBookやApple Watchに...
人気ジャーナリスト丸山ゴンザレスと写真家伊藤大輔によるトークショーの一部始終。
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...