I am a ジョーレン――DAG FORCEのナイスタイム

以前にもこの連載で書いた通り、ニューヨークのブルックリンに住むようになって4年がたつ。最初の2年半くらいは、会話も成り立たなくて、友達も全然いなかった。毎日、早朝に起きて、仕事に行き、深夜に帰宅。週末は家族とだけ過ごすような日々だった。

3年目くらいから、少しずつ自分の考えを話せるようになった。日常会話ができるようになってくると、俄然生活がおもしろくなってきた。ちょうど子どもも成長して、学校へ通うようになり、朝学校へ送った後、数時間自分だけの時間というものができるようになると「行きつけ」と呼べる場所がほしくなった。

今、俺の行きつけは自宅から10分ほど歩いたところにあるレコードショップだ(ごめんなさい。店名は教えたくない!どうしても知りたい人はインスタからメッセージください@dagforce_y0)。周囲には駅もランドマーク的なものもない、少し不便な場所にあるそのお店は、地元の人やレコード好きがチラホラくる程度の、いわゆる穴場だ。

©DAG FORCE

元デザイナーでレコードコレクターの夫婦が営むお店らしく、棚や壁には厳選されたレコードが並び、こだわりのオーディオ機器に繋がれたスピーカーからは、いつもセンスのいい素敵な音楽が流れている。通りに面した入り口部分には、とても大きなガラス窓があり、朝の心地よい光が、店の中ほどまで差し込んでいる。店内は、天高が3メートルほどあり、奥行きは20メートルほどある。黒く塗られた天井とは対象に、スペース全体を白壁が囲み、幾つかの観葉植物おかれている雰囲気のいいお店だ。

©DAG FORCE

レコードショップだけど、俺が購入するのはもっぱらコーヒーとチョコチップクッキーだ。

ある日、俺は店主のブライアンに、築地の吉野家で見かけた“店員と客”の話をした。俺が牛丼を食べていると、別の客が店に入って来て、席に着いた。しばらくすると、つゆぬき・ねぎだくの牛丼が客の前に出てきた。その間、客と店員は何も会話しなかった。ドラマの居酒屋シーンで見るような「大将、いつもの!」すらもなかった。

「ブライアン、そういう客を日本では“JOREN”と言うんだ」

そのエピソードを話してからというもの、俺がお店に行くと黙っていても、ブライアンがコーヒーとチョコチップクッキーを出してくれるようになった。毎回、小さな声で「JOREN」と呟きながら。

©DAG FORCE

以来、俺はニューヨークに自分の居場所ができたと感じて、とってもうれしい気持ちになった。息子の学校からも1ブロックの距離なので、週に2日朝9時に学校に送ってから迎えに行くまでの3時間ほどの間、そのレコードショップで過ごすようになった。

窓際のベンチに腰掛け、ゆっくりとコーヒーを飲み、チョコチップクッキーを食べ始めると、脳の扉が開いたかのように、ワクワクしながらポジティブでおもしろいアイデアが湧いてくる。で、ワクワクがとまらなくなって、ノートに書きだす。日常の中でどんなことがあっても、なぜか全部吹っ飛んで気持ちがリセットされる。そんな時間は、俺にとって一番重要な“何か”を補給してくれる。

いつもありがとう、明日も行きます。

DAG FORCE/Rapper

1985年生まれ。NYブルックリン在住のラッパー。一児の父。飛騨高山出身身長178cm。趣味は、音楽、旅、食べること、森林浴。 NY音楽生活の中で気付いた日々是ポジティブなメッセージを伝えていきたい。

Top image: © DAG FORCE
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
実際、ニューヨークではどんなに安いデリでもチキンオーバーライスは6〜7ドルくらい。そこに缶ジュース1〜2ドルと消費税を合わせると10ドルになる。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
知人のレストランでキッチンを手伝っていても、コミュニケーションのミスが多々起きる。何か問題があると、自分のせいにされる。そんなことが続く毎日だった。
俺が住んでいるのは、俗にBED-STUY (ベッド・スタイ)と呼ばれるエリアの端っこで、今はニューヨークのなかでも比較的治安がよくなってきている場所だ。
映像作品「I am Nature」には、ありのままの姿で自然の中に佇むふたりの男女が登場します。逆再生で時間を遡っていくと、彼らが元いた世界は身近にも感じ...
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
よくこんな質問をされる。「ニューヨークの食事ってウマイ?マズイ?」
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
タイヤが真っ白……。汚れないのかな?とすぐに気にしてしまう、それは野暮ってもんです。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
マイクを持ってベッドに座っている女性。ですが、この人ただ者ではありません。動画開始後すぐにその凄さに気づくはず。声だけで楽曲を完璧に再現していきます…。彼...
レディー・ガガのInstagramに公開されたのは、ブリーチをかけた真っ白な眉に“すっぴん”で寿司屋を訪れたという1枚だ。
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
ロサンゼルス発「エッグスラット」は、ポテトと生卵を使った、今年セレブが最も注目した朝食。パンケーキ、エッグベネディクトに次ぐ、“第三の朝めし”として日本で...
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
オール・タイム・フェイバリットなものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は、東京・赤羽にある R&B 喫茶店のオーナーにお話をきいています!5回目とな...
東京・品川の武蔵小山でジャマイカのソウルフード「ジャークチキン」を食べてきました。東急目黒線、武蔵小山駅の東口にあるパルム商店街の路地裏に佇んでいるのが、...
「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・...
ブリュッセル出身のフォトグラファーBénédicteVanderreydtが撮影するのは、国が異なる少女たちの青春。「I AM 14」シリーズは、ゴンゴ共...