ブルックリンに来るなら、スモーガスバーグへ――DAG FORCEのナイスタイム

ブルックリンに来るなら、一度はスモーガスバーグ(Smorgasburg)に足を運んでほしい。

スモーガスバーグは、今や観光名所として人気のある毎週末開催されているフードイベントだ。ここには世界中からNYにやってきた人々が持ち寄ったあらゆる食文化が集まっていて、今まで食べたことのない世界のB級グルメに出会える。

土曜日はウィリアムズバーグにあるイーストリバー沿いの公園で、50件近くのお店が出店し、2〜3万人の来場者が来る。英語だけでなく、世界中の言葉が飛び交い、とても賑やかだ。

©DAG FORCE

このイベントは、日曜日にはプロスペクトパークという緑豊かな公園の中でも開催されている。同じイベントだけれど、地元ブルックリンの家族連れなどが多く、買った食べ物を持ち寄って、公園の木陰で食べたり飲んだりとっても楽しいひと時を過ごせる。

公共の場所・屋外での飲酒が禁止されているNYで、休日に青空の下でお酒を飲みながら、ゆっくりと時間を過ごせるのはとっても開放的な気分になれるし、世界の見たことのない食べ物は見ているだけでも楽しい。

俺のお気に入りは、『Rooster Boy』のフライドチキンサンドウィッチ、『Thai Bird』 のパイナップルの上にのった激辛スパイシーチキン、『Mighty Queens』のSmorked BBQサンドイッチだ。

バーで買えるブルックリンローカルのクラフトビール「Other Half IPA」を片手に、
緑の中で、ゆったりブランチとか、最高です。

©DAG FORCE
©DAG FORCE
©DAG FORCE
©DAG FORCE

ああ『Thai Bird』のスパイシーチキンが食べたい。

ぐうう。

DAG FORCE/Rapper

1985年生まれ。NYブルックリン在住のラッパー。一児の父。飛騨高山出身身長178cm。趣味は、音楽、旅、食べること、森林浴。 NY音楽生活の中で気付いた日々是ポジティブなメッセージを伝えていきたい。

Top image: © DAG FORCE
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
実際、ニューヨークではどんなに安いデリでもチキンオーバーライスは6〜7ドルくらい。そこに缶ジュース1〜2ドルと消費税を合わせると10ドルになる。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
俺が住んでいるのは、俗にBED-STUY (ベッド・スタイ)と呼ばれるエリアの端っこで、今はニューヨークのなかでも比較的治安がよくなってきている場所だ。
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
知人のレストランでキッチンを手伝っていても、コミュニケーションのミスが多々起きる。何か問題があると、自分のせいにされる。そんなことが続く毎日だった。
ブルックリンで新たに産声を上げたクラフトビールがあります。地元のベーグルショップとブリュワリーが手を組んで誕生した「ベーグルビール」です。
「ドムドムハンバーガー」初心者も、往年のファンも、2020年これだけは外せない!「絶対食べておくべき」マストメニューのご紹介。
よくこんな質問をされる。「ニューヨークの食事ってウマイ?マズイ?」
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
11月、ニューヨークのブルックリンにオープンするバー「The PokéBar(ザ・ポケバー)」。テーマは「ポケモン」だ。
タイヤが真っ白……。汚れないのかな?とすぐに気にしてしまう、それは野暮ってもんです。
ミネソタ州ミネアポリスに暮らすNaCole Schutzさんは、息子さんが学校に行くのにUberを使っていると言います。予定通りにスクールバスが来ないから...
スウォッチには発売当初からスケルトンモデルがあって、1983年のモデル「JELLY FISH」は伝説的な存在!「BIG BOLD JELLY」は、あの往年...
iHerb(アイハーブ)で買える、プロテイン20g配合のおすすめ「本格派プロテインバー」を紹介します。日本では珍しいあんな味も......!
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。