1年間も使える「避妊リング」を米FDAが承認

8月10日に、避妊リング「Annovera」がアメリカ食品医薬品局(FDA)の承認を受けたと開発元であるPopulation Councilが発表しました。FDAは日本の厚生労働省にあたる公的機関。彼らの許可があれば効果も保証されているってわけです。

「Annovera」自体はシリコン製のリングで、そこに他の避妊薬でも使われているプロゲスチンやエストロゲンなどが含まれているとのこと。3週間は膣内に、1週間は取り外しておく。このサイクルで最長1年まで避妊をサポートしてくれる仕組み。他の避妊リングよりも長く使えるのがポイントですね。効果は97.3%と言われています。

2019年の終わりから2020年の初めの間に販売予定。価格はまだ明らかにされていませんが、多くの女性の助けになるのではないかとアメリカでは期待されています。

Top image: © iStock.com/MilosStankovic, TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「避妊用ピアス」……っていったい何?ざっくり説明すると、ピアスのキャッチ部分に、低用量ピルなどの避妊薬にも含まれるホルモン製剤を含有するパッチが付いている...
通常、ピルの処方には産婦人科に行って処方箋を発行してもらう必要がありますが、Nurxは簡単な質問に答えて、身分証明書をアップロードするだけ。
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「Airbnb」はバレンタインデーに向けて、イタリアのヴェローナにあるジュリエットの家「カーサジュリエット」に宿泊できる特別なプランを発表した。滞在中は専...