【驚愕】2050年には、人間は「子作り」をしなくなる!

子づくりとしてのセックスは、消え失せる?

スタンフォード大学の名誉教授であり、人類初の経口避妊薬(ピル)を発明したカール・ジェラッシ(Carl Djerassi)氏は、性に関する衝撃的な予想をしている。それは、「2050年までに一部の人類にとって、セックスのほとんどの目的は生殖のためではなく、単なる楽しみのためだけになる。」というもの。一体なぜだろうか?


 

■卵子と精子の凍結保存が当たり前に?

彼によると、2050年までに西洋世界の人々にとっての赤ちゃんは「試験管ベイビー」になる。つまり、体外受精が主流になるというのだ。女性も男性も、若い時に自分の卵子や精子を凍結保存することを選択するようになる。

■背景には女性の社会進出が!

一般的に女性の出産可能性は30歳前後をピークに、その後低下していくと言われている。出産のみを考えれば、20歳前後の卵子が最も良い。一方で、女性が社会進出する現在では、「出産適齢期」に子どもを産みたくても産めない女性が増加している。こうした背景から、若い間に「最高の卵子」を凍結保存しておき、産みたいタイミングで子どもを設けられる体外受精を選択する女性が増えるというのだ。

もし体外受精が一般的になれば、男性も精子凍結保存を選択しやすくなる。精子は35歳前後を境に劣化していくため、精子凍結保存に十分なメリットがある。

■体外受精がもたらすもの

ジェラッシ氏によると、体外受精にはこれらに加えて、出産上のメリットもある。まず、体外受精では遺伝子スクリーニングが可能で、これにより先天的な病を持った子どもの出産リスクを減らすことが可能になる。また、同時に出産における母体の生命上のリスクも低減できる。

そして最も大きな変化は 、卵子と精子を凍結した男女にとって、「セックスは純粋に楽しむためだけの行為」になるということ。彼は今後40年以内に、「性規範のパラダイムシフト」が起こると予想するというのだ。


 

この予想は科学的根拠に基づくものではないが、避妊薬の権威であるジェラッシ氏の言葉には、どこか信憑性があるようにも感じる。人口減少・晩婚化が進む日本でも、大きな話題にもなりそうだ・・・。

2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
カンザス大学の研究チームが、男性用避妊ジェルの被験カップルを募集中。ジェルを腕、または肩に塗るだけで、精子の数が減少するとのことだ。
「避妊用ピアス」……っていったい何?ざっくり説明すると、ピアスのキャッチ部分に、低用量ピルなどの避妊薬にも含まれるホルモン製剤を含有するパッチが付いている...
まわりからよく「いい子」と言われる女性に警告です。こと恋愛においては「いい子」は褒め言葉じゃありません。美人で連絡もマメにとるのに、大好きな人と結ばれない...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
山形県酒田市にある楯の川酒造がつくっているお酒「ヨー子」は、「楯野川 純米大吟醸酒」と、鳥海山麓の牧場から届いた「ヨーグルト」をブレンドしたお酒。“週末だ...
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
ある研究によれば、早起きができるかどうかは遺伝子によって決められているのだとか。この結果を「Elite Daily」が詳しく紹介しています。
「Annovera」自体はシリコン製のリングで、そこに他の避妊薬でも使われているプロゲスチンやエストロゲンなどが含まれているとのこと。
大人になっても「良い子」を演じ続けてしまう人へ、『THE SCHOOL OF LIFE』がその生き方の問題点と、解決策を紹介しています。
2020年、東京・渋谷。ものすごい速さで変わっていく街に生きる、すべての人へ。
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
深夜2時頃に渋谷のクラブ「WOMB」でオンナの子を撮影。最高の笑顔から元気をもらってください!
自分のペットを「うちの子」と表現するほどに溺愛している飼い主のする変な行動8選。お揃いの服を着せたり、携帯のデータいっぱいの写真だったり、途切れなく会話を...
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
「『科学によって証明された』と言われると、偏りのない事実のように感じられるけれど、実はそうではない側面がある」と語るのは、サイエンスジャーナリストのAnn...
いそがしい毎日でも、おいしくて体にいいものを食べたい。そんな想いから、世界で初めて「主食」にフォーカスした完全栄養食を開発した「BASE FOOD」。代表...
3月、アメリカではいま“季節外れのクリスマスイルミネーション”をおこなう家が増えているという。その理由とは?
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...
ふと思ったんです。「年老いたら私のセックスライフ、どうなっちゃうんだろう」って。
チョコレートの原料となるカカオが地球上から消滅日が来るかもしれない…。
イギリスのある森で、サステイナブルな家具作りに挑戦するカップルがいる。彼らは、家具を作るために木を伐採することはしない。その代わりに、理想のカタチになるよ...
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...
どうしてかな。女が追いかける恋愛って、だいたいうまくいきませんね。