【驚愕】2050年には、人間は「子作り」をしなくなる!

子づくりとしてのセックスは、消え失せる?

スタンフォード大学の名誉教授であり、人類初の経口避妊薬(ピル)を発明したカール・ジェラッシ(Carl Djerassi)氏は、性に関する衝撃的な予想をしている。それは、「2050年までに一部の人類にとって、セックスのほとんどの目的は生殖のためではなく、単なる楽しみのためだけになる。」というもの。一体なぜだろうか?


 

■卵子と精子の凍結保存が当たり前に?

彼によると、2050年までに西洋世界の人々にとっての赤ちゃんは「試験管ベイビー」になる。つまり、体外受精が主流になるというのだ。女性も男性も、若い時に自分の卵子や精子を凍結保存することを選択するようになる。

■背景には女性の社会進出が!

一般的に女性の出産可能性は30歳前後をピークに、その後低下していくと言われている。出産のみを考えれば、20歳前後の卵子が最も良い。一方で、女性が社会進出する現在では、「出産適齢期」に子どもを産みたくても産めない女性が増加している。こうした背景から、若い間に「最高の卵子」を凍結保存しておき、産みたいタイミングで子どもを設けられる体外受精を選択する女性が増えるというのだ。

もし体外受精が一般的になれば、男性も精子凍結保存を選択しやすくなる。精子は35歳前後を境に劣化していくため、精子凍結保存に十分なメリットがある。

■体外受精がもたらすもの

ジェラッシ氏によると、体外受精にはこれらに加えて、出産上のメリットもある。まず、体外受精では遺伝子スクリーニングが可能で、これにより先天的な病を持った子どもの出産リスクを減らすことが可能になる。また、同時に出産における母体の生命上のリスクも低減できる。

そして最も大きな変化は 、卵子と精子を凍結した男女にとって、「セックスは純粋に楽しむためだけの行為」になるということ。彼は今後40年以内に、「性規範のパラダイムシフト」が起こると予想するというのだ。


 

この予想は科学的根拠に基づくものではないが、避妊薬の権威であるジェラッシ氏の言葉には、どこか信憑性があるようにも感じる。人口減少・晩婚化が進む日本でも、大きな話題にもなりそうだ・・・。

関連する記事

2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
山形県酒田市にある楯の川酒造がつくっているお酒「ヨー子」は、「楯野川 純米大吟醸酒」と、鳥海山麓の牧場から届いた「ヨーグルト」をブレンドしたお酒。“週末だ...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
カンザス大学の研究チームが、男性用避妊ジェルの被験カップルを募集中。ジェルを腕、または肩に塗るだけで、精子の数が減少するとのことだ。
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
「避妊用ピアス」……っていったい何?ざっくり説明すると、ピアスのキャッチ部分に、低用量ピルなどの避妊薬にも含まれるホルモン製剤を含有するパッチが付いている...
まわりからよく「いい子」と言われる女性に警告です。こと恋愛においては「いい子」は褒め言葉じゃありません。美人で連絡もマメにとるのに、大好きな人と結ばれない...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...