もう、「良い子」でいなくていいんだよ。

誰だって、面倒臭いことには巻き込まれたくないし、傷つきたくない。できるなら嫌われたくないし、居心地のいい環境で過ごしていたい。

だけどその思いが強すぎたり、幼い頃のトラウマによる恐怖心から、必要以上に「良い子」を演じてしまう人もいつでしょう。社会に上手く順応して立ち振るまう、それは一見賢いアイディアのように思えますが、大きな問題を抱えていることもあります。

大人になっても「良い子」を演じ続けてしまう人へ、『THE SCHOOL OF LIFE』がその生き方の問題点と、解決策を紹介しています。

「良い子」すぎると、
いつか人間関係が崩れてしまう

本心を隠して演じることは、常に他人の目や声を気にかけ、自分自身を押し殺すことに繋がります。そうして生きているうちに、自分の考えが、まったく表に出せなくなってしまうこともあるでしょう。

人に流されるスタンスは、被害のないことも多いですが、周りの人を混乱させることもあります。

残酷なことですが、「良い子」であろうとすることは、相手に嘘をついているということと同義です。それは相手を喜ばせたいという親切心ではなく、相手を不快にさせたくないという恐怖から生まれます。

このように振る舞ってしまう背景には、幼少期の家庭環境が影響しています。もしかしたら、あなたは幼い頃、両親からあまり受け入れられずに過ごしてきたのかもしれません。

自分の気持ちに嘘をつくことは、好きな人や、両親の機嫌を保つことで、自分の人生にそれ以上の負担をかけないようにする、自分を守る方法でもあるのです。

その気持ちはわかりますが、「良い子」を演じ続けることには、どこかで限界がきてしまいます。そんなループから抜け出せない時には、この3つのことを思い出してください。

周りのみんなは
そんな簡単に離れていかない

まず、周りの人をよく見てみましょう。あなたの友人や恋人は、あなたが嫌われないか不安に思ったり、恐怖を覚えるような人たちとは異なっているのではないでしょうか。

ほとんどの人は、少しくらいの矛盾や対立をきちんと対処できるように成長しています。急に怒りが爆発したり、あなたの前から急に姿を消すことはありません。

そう簡単に、あなたは周りの人から嫌われることはないのです。

「言わないこと」の方が
リスクかもしれない

素直に自分の心を明かさないことは、「良い子」でいることよりもリスクが高いかもしれません。だって自分の気持ちを明かせば、お互いに理解し合うキッカケにもなるし、協力して改善していくこともできるでしょう。

けれど、ずっと遠慮して自分の気持ちを飲み込めば、あなたの気持ちは当然尊重されず、より一層生きづらい環境に身を置かなければならない可能性があります。

あなたはもう、
「ちゃんと伝えられる」

子どもの頃、私たちは今よりも言葉を知らず、自分の感情や気持ちを相手に伝えることを難しいと感じることがありました。しかし、大人になった私たちは、どのように伝えれば相手に理解してもらえるか、自分の見解である程度判断できるでしょう。

相手を否定することなく、冷静な話し合いをして、関係に折り合いをつけることができる。自分がそのような人間であると、まず信じてあげてください。

「良い子」でなくても、あなたの周りには誰かがいて、彼らと幸せに生きていくことは決して不可能ではないはずです。

Licensed material used with permission by The School of Life
今日も朝日を浴びている、あなたへ。
30代の私だけど、今だに“大人の基準”が良くわからない。年齢的にはずっと前に成人しているものの、心の中にはいつもどこか「幼さ」が残っているような気がするん...
まわりからよく「いい子」と言われる女性に警告です。こと恋愛においては「いい子」は褒め言葉じゃありません。美人で連絡もマメにとるのに、大好きな人と結ばれない...
楽しいこともあれば、誰もが苦しんだ時期もあろう青春時代。「The School of Life」によると、その苦しみは、その後の人生である重要なことにつな...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
認知行動療法のスペシャリストである清水栄司さん著『大人の人見知り』では「人見知り自体は悪ではない」と説いています。今回は、清水さんが提唱する「メンタルコン...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
いずれは夢のマイホームを…なんて妄想、一度はしたことがあるのでは?そこで思い描くイメージには、自分の性格がそのまま反映されているとかいないとか「Littl...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
ついつい、うっかり、本気で好きになってしまった。
一番上、真ん中、一番下。生まれた順によって、確かに性格は違うと述べるのは、心理療法士のRubin先生。そこから見える親との関係も書かれているので、兄弟がい...
直感を頼りに、<ホストから旅人、そして神主>の道を歩んで「自由奔放と言われることも多いけれど、紆余曲折の連続だった」と言う玉置 彰彦さんが、人生に迷いを抱...
どんな親も、子どもの幸せを願うもの。そのために教えておくべきことは何でしょう。責任を持つこと?何事にも一生懸命になること?「Inc.」のJeff Hade...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
「SNSを通じて人から好印象を持たれるためには、洋服だけを極めれば良いというものではないし、部屋のコーディネートに気をつければ注目されるというものではない...
旅には、人生が凝縮されています。
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
20代。年齢的には大人だが、長い人生においては、まだスタート地点に立ったところに過ぎない。可能性のかたまりである20代の内から、小さくまとまっていてはいけ...
同じ男でも、次男と長男では異なった性格があるもの。 親の育て方も第一子と第二子とでは違いますから、性格の特徴もまた違ってくるようです。厳格に育てられること...
世界中に、様々な「恋愛論」が乱れ飛ぶ中、ある興味深い調査結果が判明した。それは、性格が外見の魅力をより良くするというものだ。その中身とは・・・? 華中科技...