もう、「良い子」でいなくていいんだよ。

誰だって、面倒臭いことには巻き込まれたくないし、傷つきたくない。できるなら嫌われたくないし、居心地のいい環境で過ごしていたい。

だけどその思いが強すぎたり、幼い頃のトラウマによる恐怖心から、必要以上に「良い子」を演じてしまう人もいつでしょう。社会に上手く順応して立ち振るまう、それは一見賢いアイディアのように思えますが、大きな問題を抱えていることもあります。

大人になっても「良い子」を演じ続けてしまう人へ、『THE SCHOOL OF LIFE』がその生き方の問題点と、解決策を紹介しています。

「良い子」すぎると、
いつか人間関係が崩れてしまう

本心を隠して演じることは、常に他人の目や声を気にかけ、自分自身を押し殺すことに繋がります。そうして生きているうちに、自分の考えが、まったく表に出せなくなってしまうこともあるでしょう。

人に流されるスタンスは、被害のないことも多いですが、周りの人を混乱させることもあります。

残酷なことですが、「良い子」であろうとすることは、相手に嘘をついているということと同義です。それは相手を喜ばせたいという親切心ではなく、相手を不快にさせたくないという恐怖から生まれます。

このように振る舞ってしまう背景には、幼少期の家庭環境が影響しています。もしかしたら、あなたは幼い頃、両親からあまり受け入れられずに過ごしてきたのかもしれません。

自分の気持ちに嘘をつくことは、好きな人や、両親の機嫌を保つことで、自分の人生にそれ以上の負担をかけないようにする、自分を守る方法でもあるのです。

その気持ちはわかりますが、「良い子」を演じ続けることには、どこかで限界がきてしまいます。そんなループから抜け出せない時には、この3つのことを思い出してください。

周りのみんなは
そんな簡単に離れていかない

まず、周りの人をよく見てみましょう。あなたの友人や恋人は、あなたが嫌われないか不安に思ったり、恐怖を覚えるような人たちとは異なっているのではないでしょうか。

ほとんどの人は、少しくらいの矛盾や対立をきちんと対処できるように成長しています。急に怒りが爆発したり、あなたの前から急に姿を消すことはありません。

そう簡単に、あなたは周りの人から嫌われることはないのです。

「言わないこと」の方が
リスクかもしれない

素直に自分の心を明かさないことは、「良い子」でいることよりもリスクが高いかもしれません。だって自分の気持ちを明かせば、お互いに理解し合うキッカケにもなるし、協力して改善していくこともできるでしょう。

けれど、ずっと遠慮して自分の気持ちを飲み込めば、あなたの気持ちは当然尊重されず、より一層生きづらい環境に身を置かなければならない可能性があります。

あなたはもう、
「ちゃんと伝えられる」

子どもの頃、私たちは今よりも言葉を知らず、自分の感情や気持ちを相手に伝えることを難しいと感じることがありました。しかし、大人になった私たちは、どのように伝えれば相手に理解してもらえるか、自分の見解である程度判断できるでしょう。

相手を否定することなく、冷静な話し合いをして、関係に折り合いをつけることができる。自分がそのような人間であると、まず信じてあげてください。

「良い子」でなくても、あなたの周りには誰かがいて、彼らと幸せに生きていくことは決して不可能ではないはずです。

Licensed material used with permission by The School of Life
今日も朝日を浴びている、あなたへ。
30代の私だけど、今だに“大人の基準”が良くわからない。年齢的にはずっと前に成人しているものの、心の中にはいつもどこか「幼さ」が残っているような気がするん...
楽しいこともあれば、誰もが苦しんだ時期もあろう青春時代。「The School of Life」によると、その苦しみは、その後の人生である重要なことにつな...
まわりからよく「いい子」と言われる女性に警告です。こと恋愛においては「いい子」は褒め言葉じゃありません。美人で連絡もマメにとるのに、大好きな人と結ばれない...
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
直感を頼りに、<ホストから旅人、そして神主>の道を歩んで「自由奔放と言われることも多いけれど、紆余曲折の連続だった」と言う玉置 彰彦さんが、人生に迷いを抱...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。それを「Elite Daily」のMaria Cascianoさんは「初めての大人の恋愛」と呼んでいます。...
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
育児中のパパママからの「あると助かる〜!」の声を実現する子供服ブランド「アルトタスカル」が誕生
保護犬猫のマッチングサイト「OMUSUBI」の新機能では、保護犬猫とユーザーの相性度診断によって潜在的に相性の良い子を提案する。今まで選ばれにくかった犬猫...
認知行動療法のスペシャリストである清水栄司さん著『大人の人見知り』では「人見知り自体は悪ではない」と説いています。今回は、清水さんが提唱する「メンタルコン...
♨︎  ♨︎〈その5〉SABONの「Bath Form」(バブルバス)を使ってみたよ♨︎ 大人バブルのメモ ♨︎反省しています。大人バブリーな泡風呂をつく...
人見知りする犬から、人懐っこい犬まで。人間同様、犬の性格も十人十色ですよね。うちの子の性格をもっと知りたい!という方にオススメなのが「Little Thi...
いずれは夢のマイホームを…なんて妄想、一度はしたことがあるのでは?そこで思い描くイメージには、自分の性格がそのまま反映されているとかいないとか「Littl...
シアトルに住むスティーブ・マシオ氏は、旅行が大好き。その愛は「デルタ航空」のファーストクラスの座席を購入して自宅に置いているぐらいに大きい。その様子を紹介...
スペインの「マクドナルド」は「Big Good」と名付けられた特別なハンバーガーを発表。この商品は、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた農園を支援するた...
ついつい、うっかり、本気で好きになってしまった。
一番上、真ん中、一番下。生まれた順によって、確かに性格は違うと述べるのは、心理療法士のRubin先生。そこから見える親との関係も書かれているので、兄弟がい...
どんな親も、子どもの幸せを願うもの。そのために教えておくべきことは何でしょう。責任を持つこと?何事にも一生懸命になること?「Inc.」のJeff Hade...
旅には、人生が凝縮されています。
全国で展示会などが中止に追い込まれているなか、日本の陶芸界を盛り上げようと、Instagramで展開してきた日本の焼き物紹介マガジン「大人の焼き物」がオン...
子どもの遠足用じゃないかと侮ってはいけない。強度のあるナイロン製で、専用ケースもちゃんと付属。73cm×78cmというサイズ感は、大人二人が腰掛ける必要最低限。