マックコレクターに「集める理由」を聞いたら、意外とささった。

この世界には、たくさんのコレクターがいる。メジャーな物から、多くのひとが「なんで?」と思ってしまうものまで。他人がなにを言っても、本人には宝物。あらゆるモノに、コレクターがいるんだろうなと思う。

たとえば今、私の隣にはハンドクリームがあるのだけど、世界のどこかに……いや、ハンドクリームなら<東京在住の女性>と、かなり絞ったなかにでも、きっと集めている人がいる。

だって、こんなに不思議なもの(そう見えてしまうもの)を、集めている人たちがいるのだから。

集めることで、
心が満たされてゆく

・掃除機 / Jack Copp

・バービー人形 / Jian Yang

0bc512e3e403d065206aa337558ee56ad27e32f8Fa79111cebb835de20a8d42eb1905871fecead6e

・マクドナルドの箱 / Serge Zaka

77f4b4c61609f03f30ad71de66ada091341401b124ece6ac4a1a145824a421b0ae03f8fddc411de2

他にも、自分の服の毛玉を集めている人や、水鉄砲コレクターなどとコンタクトを取ったのだけれど、残念ながら彼らの写真を紹介することは叶わなかった。気になった人は、ぜひ「Crazy Collector world」と検索してみてほしい。 

誰もが「何か」を集めている

マックコレクターであるSergeさんに話を聞いてみたところ、持っている箱の数は530を越えているらしい。

相当なマニアだというのは聞かなくてもわかったけれど、なぜ集めようと思ったのかをきいてみると、こんな言葉が返ってきたのだ。

4bca2510f60290261452256ae71f421f426774eb
こちらがSerge Zakaさん。

どうして?もちろん好きだから!こんな箱を集めていると言えば、だいたいの人が不思議な顔をするけれど、好きな子から貰ったラブレターを簡単に捨てられない人と同じさ。

なるほど……「集める」と「残す」、「捨てられない」は確かに“物が増えていく”という状況だけをみたら同じ。感情的にも、似通っているのかもしれない。

手紙や年賀状を残しておくのは、そこに誰かからの気持ちがあるから。私が唯一集めている旅先でのポストカードも、思い出や当時の感情を残しておける気がするからだ。

不思議な人たちがいるものだなぁ……と最初は思っていたけれど、彼は当たり前のように、「人は目に見えるもの、見えないものに限らず、なにかを集めたり、残したいと思っているものだ」と言った。

コレクターというのは、その感情を“特定のモノ”に投影させているだけなのかもしれない。

Licensed material used with permission by Jian Yang, Zaka Serge
まだ10歳のとき、初めて目にした「iMac G5」に一目惚れした少年。おもちゃのミニバイクと家の除雪機とで、物々交換して手に入れた人生初のパソコン。それか...
プライベートで書かれたあらゆる人間の手帳やノート、日記を収集する「手帳類収集家」。コレクションにはそれぞれの人生の痕が生々しく刻まれている。それぞれの想い...
いずれは夢のマイホームを…なんて妄想、一度はしたことがあるのでは?そこで思い描くイメージには、自分の性格がそのまま反映されているとかいないとか「Littl...
人はもともと自分の話を聞いてもらうことに喜びを覚える生きものです。しかし、人の話を聞くことによって、自分の生活に新しい視点と考え方が生まれ、人生がより良い...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
NASAじゃなく、吉本行きーや。とつっこんでしまうおもろ映像。41秒からは、そのアホさ加減に思わず爆!まあ、見ておもろかったら「ささった!」、おもろくなか...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
「SNSを通じて人から好印象を持たれるためには、洋服だけを極めれば良いというものではないし、部屋のコーディネートに気をつければ注目されるというものではない...
カナダ・バンクーバーアイランドから10分ほど船に揺られると、「Freedom Cove」と名付けられた、おもちゃのようにカラフルな家を見つけることが出来ま...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
楽しいこともあれば、誰もが苦しんだ時期もあろう青春時代。「The School of Life」によると、その苦しみは、その後の人生である重要なことにつな...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
楽天的な人は何も考えていないという事はない。彼らはむしろ、ネガティブな事が起きた時に軌道修正ができたり、物事に対して冷静な判断を下せたりする。ライターのS...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
 きっかけは祖父でした。「『男はつらいよ』を観ていれば、いい子に育つ」という、なんともおもしろい考え方をする人で、実際に私は幼い頃から祖父母の家に行くと、...
フォトスタイリストの窪田千紘さん。著書『Sense up「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニック』のなかでこんなアドバイスを送ってくれてい...
「買う」だけでなく「借りる」こともできるんだって。
血液型や好きな色で性格診断をしたことは、誰にでもあると思います。今回は「Elite Daily」のRosebud Bakerさんがまとめていた、数霊術をベ...