夢は「Apple博物館」館長。15歳少年が集めた、世界屈指のコレクション

まだ10歳のとき、初めて目にした「iMac G5」に一目惚れした少年。おもちゃのミニバイクと家の除雪機とで、物々交換して手に入れた人生初のパソコン。それから、わずか5年で世界有数のAppleコレクターに。

現在、高校に通う15歳。彼のコレクション、質も量もスゴいんです!

Appleの歴史そのものを
たった5年で集めた少年

E1474cc94a546a56fd2822e9e41d5c997f3dbff8

米メイン州に暮らすAlex Jasonくん。クラシファイドコミュニティサイト「Craigslist 」で手に入れた、人生初のiMac G5はもっぱら宿題とゲームをするためのものだったとか。ところが、次第にパソコンに魅了されていくうちに、なぜか彼はプロダクトの収集に熱を入れることに。

Alexくんのコレクションの一部を紹介すると、Appleがコンピューター産業に本格参入するきっかけとなったApple Ⅱをはじめ、歴代のApple製品、初代Macintosh、iMacやMacbook、さらにはiPodやiPhoneと、試作品から最新モデルまでAppleの歴史そのものが一同に介しているのです。

驚くのはそれだけじゃありません。“アメリカ現代文化の象徴”として、オークション運営会社「クリスティーズ」が6,900万円の評価額を付けた(2014年12月)ことでも話題になった初代Apple Ⅰ(わずか170台が生産され、現存するモデルは約60台と言われている)が、なんとスティーブ・ウォズニアックが書き上げたコード表とともにAlexくんの手にも。

「みんな新しい物を求めるから」
中には、タダ同然の価格で
手に入れたものも!?

2edbda9e68c99b9a7c90d44ba53623ab8937a417

当然ながら、Apple製品マニアたちの間では、今やAlexくんの名は誰もが知る存在。「Cult of Mac」によれば、この少年、ヴィンテージ・コンピューターの購入資金は自宅や近隣住民の庭の芝刈りで得たお小遣いだというのですが、はたして本当にそれだけで、これらの品々を揃えることができるのか?は眉唾モノですが……。今年、高校一年生になったコレクター(写真右)は、自身のコレクションについて、こう述べています。

「ボクが欲しいのは型遅れのコンピューターたち。みんなにとって不要なそれらが、ゴミ同然に捨てられていることに気づいたんです。あとは雪だるま式に増えていった感じかな」

「世界トップ20」入り!?
15歳のAppleコレクター

74bf0018e8021836fb7f798c147a4ea205406692

現在、世界中におよそ数千人ほどのAppleコレクターがいて、Alexくん同様、自宅を展示室代わりにコレクションを収集しているそうです。ところが、

「ほとんどは50台くらいが関の山。ところが、250を超えるAlexくんの質と量は、間違いなく世界のトップ20に入るもの」

こう評するのは、Apple製品のビジュアルヒストリーを撮りためたビジュアルブック「iCONIC」の著者で、自身もソフトウェア会社を設立したJonathan Zufi氏。15歳といえば、初代iPodが発売(2001年)された年に生まれた、まさにデジタル世代。その彼がヴィンテージの領域にも興味を持ち、莫大なコレクションを所蔵することに、専門家も驚きを隠せません。

市も全面協力。
図書館地下室を
保管庫として貸出

F3009666f0da8a62319403855dcdc46a066c8ffc

夢は、自身のコレクションを一般公開した「Apple博物館」の開館と語るAlexくん。現在、ピッツバーグ市内のカーネギー図書館にて、彼ご自慢のコレクションは大切に保管されています。
これまた驚く話ですが、個人のコレクションに対し、図書館側が全面協力。約100平米ある地下室をコレクションルームとして貸し出しているんだそう。早ければ2017年には、一般公開を予定しているんだとか。

以下の動画では、コレクションの全容がチェックできます。まさに、Appleの歴史がここに!

Licensed material used with permission by Cult of Mac
2015年9月9日、AppleとHermèsは、Apple Watchの新しいコレクション「Apple Watch Hermès」を発表。前者の比類のない...
企業が商品化したものの、売れずに市場から姿を消した、「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに今月7日オープンした。開発企業からす...
オーストリアにあるPANEUMは、何千年も前から続くと言われているパンの歴史を感じることのできる骨董品を展示する博物館。中に入ると、パンにまつわる珍しいコ...
いろんなストーリーが浮かんできます。
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
9月22日に発売開始となった「Apple Watch Series 3」。米国でオンエアーがはじまった新Apple WatchのTVCMは、新機能を利用し...
ライターBenny Luo氏が「NextShark」にまとめたのは、Appleの創業メンバーについて。とはいえ、メインはあのスティーブ・ジョブズでも、“ナ...
オルタナティブ・ファクト(もうひとつの真実)なんて言葉も登場する昨今。いろんなことを簡単に知ることができる一方、事実を知ることも難しくなってきているのかも...
イランのLavasanには、宗教的な意味を持つ彫刻や、一見すると意味のわからないオブジェが並ぶ博物館が。
「Keep It Simple」Apple社といえば、MacやiPhone、Apple WATCHなどなど、人々の生活を変える最先端機器を次々と生み出し、...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
カリフォルニア州、クパチーノ。通称、シリコンバレー。この土地に建設中のApple社の新オフィスが、まもなく完成の見込みだという。その名も「Apple Pa...
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
世の中にあるのは、敷居が高くてアカデミックなミュージアムばかりではありません。世界各地に、目を疑いたくなるような「ナゼ?ナニ?」を収集、展示したヘンテコな...
まるでiPhoneがそのまま車になったかのようなデザイン。Appleでは、密かに自律運転車両の開発が行われている…。と、多くのメディアが報じていましたが、...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
2004年にAppleに入社したHuxley Dunsanyは、社員証の裏に書かれていた「成功のためのルール」を公開しました。その内容を実践したら、自身の...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
Appleの現CEO、ティム・クック。2009年にスティーブ・ジョブズにより後継者として指名された彼が、仕事をする上で大切にしていることは、「自分だけの信...
Appleユーザーやファンにとって待望の新製品発表会が、日本時間の9月10日午前2時より開催されます。毎回のことどんな発表があるのか予想がされますが、幾つ...
〈Apple〉の「Smart Battery Case」は純正だからこその機能を持っています。意外と知らない人が多いけれど、優秀なプロダクトです。
夏の連休に遠出の計画をしている人も多いはず。ここでは、その際に「Apple WATCH」をフル活用して、いつもの旅行を何倍も快適にしてくれるアプリや豆知識...
アイスバケツチャレンジを覚えているだろうか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究支援と、この難病を広く世の中の人に知ってもらう目的で、2014年アメリカから...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...