見た目は普通。でも、細部の作り込みに感動すら覚える「デイパック」。

いざ選ぼうとなると、なかなか決め手にかけるアイテム……デイパックはそんなイメージです。

毎日のように使うし、すごくシビアに選びたいけれど、ものすごく高機能なものが欲しいってわけでもないし、ブランドの記号を求めているわけでもない。本当に頭の痛いアイテムです。

というわけで、ずっと悩んでいたところ店頭で〈STANDARD SUPPLY(スタンダードサプライ)〉のデイパックを見て一目惚れ。

パッと見は、これ以上ないぐらい普通ですが、まず素材がいい!

使われているのは、ポリエステル・オックス。シンプルなデイパック=ナイロンというイメージがあるかもしれませんが、こっちのほうがマットな色合いで全体が上品に。留め具などもプラスチックじゃなくてメタル。ちょっとした高級感すら感じます。

購入後、毎日ガンガンに使っているので、素材感が出てきました。それもまたヨシです。

細部に目をむけると、特別な機能があるわけはありませんが、とにかく細かいところで気が効いてます。

メインも外のポケットもダブルジップ(しかもスイスのririのもの!)。外ポケットでダブルジップは珍しい。しかも中では、小分けができたり、鍵をつけられたり。

てっぺんのフックやブランドタグなんかはレザー。これがまたロクヨンクロスとの相性がいいです。

ショルダーストラップにはちゃんとウレタンが入っていて、背負い心地もストレスを感じません。

何気にうれしいのは、サイドのポケットです。片方だけが面ファスナーで閉じられるようになっていて、もう片方はただのポケットになっています。つまり、片方が小物収納用で、片方はドリンクボトル用なんですね。実際、ペットボトル入れるとスポッとおさまります。

本格的なアウトドア用ならいざしらず、簡素なデイパックにおいて明確な用途を持ってポケットが作られていることに感動です。

もちろんメインにはノートPCを入れる仕切りもあって、容量も十分。

ホント、毎日背負っていて“使いやすいな〜”と実感できます。

ちなみに、〈STANDARD SUPPLY〉のデイパックは、毎シーズンちょっとずつアップデートしているみたいです。 要チェック!

ビー編集部
ちょくちょく自分たちがモバイル(携帯)しているモノも紹介していきます。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

ありそうでなかったバックパックの登場です。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
ブランドは〈if you have〉。ウルトラライトが根底にある作り手らしく、たったの48g。軽いです、中身がなかったら、背負ってることを忘れるぐらいの軽...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
軽くて丈夫な「FRAKTA」。普段使いでも優秀なため、購入品を持ち帰ったあとにリメイクして二次利用するという人も多くいるそうですが、中でも秀逸なのがこちら...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
高機能なバッグブランドとして大ブレイクした〈BACH(バッハ)。その実力がいかんなく発揮されているのが「Roc Shorts(ロックショーツ)」です。特徴...
このドキュメントファイルは、バックパックにいろいろモノを詰め込んで打ち合わせにでかけるような人たち向けだ。例えば、自分のような!
移動が多い人には必須のモバイルバッテリー。〈IKEA〉の「FINDLA」ならサイズ感、コスパに優れています。LEDのライトがレトロな雰囲気を醸し出すのもポ...
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
使いきるのが大変そうなくらい機能が満載で、ガジェット好きな男子にはハマりそうな感じです。とくに、盗難防止と収納にこだわっているようです。僕の場合、バッグの...