ただの猫カフェ?ノンノン。気に入った子は引き取れちゃいます

台湾発祥とされ、現在はアメリカやフランス、デンマークにロシアまで、世界に続々と増えていっている猫カフェ。この秋ロサンゼルスにオープンする「Crumbs & Whiskers」は、ちょっと違うんです。

気に入った子を引き取れる!

もともとワシントンDCにあったお店で、ロスにオープンするのは2店舗め。詳細はまだ未定なので、今あるお店の様子を見ていきましょう。

みんなデレデレですね。にゃんこもリラックスしていて幸せそう。

地元動物愛護団体が保護した猫たちを預かり、お店で「接客」してもらうことで人とのマッチングができてしまうシステム。猫たちはのんびり過ごせて、気が向いたら人の相手をすればよく、ヒトは癒される&相性がいい子がいたら生涯のパートナーとして迎えられるという、いいことづくめな場所なのです。

2015年のオープンから、100匹以上が新しい家を見つけたのだとか。

ロスも「ほっこり」な
場となる模様

Elite Daily」によると、新店では常時約20匹のにゃんこがまったり過ごす予定。利用料金は1時間で15ドル(約1,500円)。詳しいことはまだ未定なのですが、DCの様子を見るに、キャットラバーたちにはたまらない場になりそう。

動物愛護先進国と言われ、虐待などを取り締まる「動物警察(ASPCA)」があるアメリカですが、シェルターに保護されれば一生そこで暮らせるというわけではありません。

ASPCAによれば、アメリカ全土で年間760万のコンパニオンアニマルがシェルターに保護されていて、犬は390万匹、猫は340万匹という内訳。そこから安楽死させられている動物の数は、毎年270万。そのうち犬は120万匹、猫は130万匹という数字を発表しています。

里親を募集するペットショップは日本にもありますが、気軽にコミュニケーションがとれる、猫カフェタイプの場所が海外にも増えてきているんですね。

Licensed material used with permission by Crumbs & Whiskers
Reference:Elite Daily, ASPCA
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
Twitterで話題の「ねこ浴場」は、日光浴、森林浴と同じように、猫を浴びて健康になる、そんなコンセプトの保護猫カフェ。そのねこ浴場内に、今度は猫に眺めら...
猫エイズウイルスキャリアの愛称「りんご猫」が、普通の猫と同じように暮らせることを知ってもらうきっかけにと、町イベント「ねこまつりat中野」が初開催。5店舗...
「ネコリパブリック」が、かつて発売と同時に完売した話題のマスクの新デザインバージョンを再販。売り上げは保護猫カフェの運営に役立てられる。
「リーボック」から今月20日(木)に発売された「DAILYFIT」は、一日中アクティブに動き続けることを可能にするウォーキング用シューズ。
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
研究報告によると、猫は人間の「ゆっくりとしたまばたき」を肯定的に捉えている可能性があるようだ。飼い主以外の人間が猫にまばたきした際に「避ける、動かない、近...
レインボーカラーがオシャレな猫のジグソーパズル。実はこれ、パズルピースまで猫型でできているとか……!
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
12月1日より、岐阜市にある「ぎふ動物行動クリニック」で、日本初とされる犬猫の「ストレス診療科」が開設される。“人と犬猫のより良い共生”ができる社会の実現...
動物の立場に立ち、動物の幸せについて考えていく「アニマルウェルフェア」。この記事ではその定義や指標について紹介していきます。
今年もこの日がやって来た。ニャンニャンニャンの語呂合わせから、日本では2月22日を「猫の日」と呼んでいる。いつ誰が制定した?世界猫の日との違いは?などの意...
新型コロナウイルスも、ころにゃんと倒してしまいたい。そんな思いを乗せて、岐阜・高山の「和菓子処 稲豊園」が作る「招福猫子まんじゅう」がマスク姿になって登場...
岐阜・高山にある「和菓子処 稲豊園」の西側の路地では、猫たちが会議や逢い引きのために、夜な夜な集まってくるそうです。店主の中田さんが、そんな路地裏を行き来...
冬にはマイナス20℃にも達するという極寒地域の韓国・ソウル。そんな土地で話題になっているのがあったか銅マスク「StarMASK」。速暖性、抗菌、消臭とイイ...
Bluetoothを活用した電子銘板システム「お守り de お墓参り」は、共同墓でも参拝者に合わせて表示名を変えてくれる。
SNSで15万いいねの反響を得た、クリエイター docco(@doccoina )氏の人気アート「猫吸い 」を描いたTシャツが5月15日より販売スタート。...
「222(ニャンニャンニャン)」の猫の日である2月22日から、世界初となる往診専門のサブスクリプション型どうぶつ病院「トレッタねこ病院」のサービスが開始される。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
自宅で飼っているワンちゃんを気にかけ、猫好きであるのにも関わらず一緒に暮らすことができない男性。ただ、ど〜しても諦められなかった彼は、人様の家の猫とのツー...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...