ただの猫カフェ?ノンノン。気に入った子は引き取れちゃいます

台湾発祥とされ、現在はアメリカやフランス、デンマークにロシアまで、世界に続々と増えていっている猫カフェ。この秋ロサンゼルスにオープンする「Crumbs & Whiskers」は、ちょっと違うんです。

気に入った子を引き取れる!

もともとワシントンDCにあったお店で、ロスにオープンするのは2店舗め。詳細はまだ未定なので、今あるお店の様子を見ていきましょう。

みんなデレデレですね。にゃんこもリラックスしていて幸せそう。

地元動物愛護団体が保護した猫たちを預かり、お店で「接客」してもらうことで人とのマッチングができてしまうシステム。猫たちはのんびり過ごせて、気が向いたら人の相手をすればよく、ヒトは癒される&相性がいい子がいたら生涯のパートナーとして迎えられるという、いいことづくめな場所なのです。

2015年のオープンから、100匹以上が新しい家を見つけたのだとか。

ロスも「ほっこり」な
場となる模様

Elite Daily」によると、新店では常時約20匹のにゃんこがまったり過ごす予定。利用料金は1時間で15ドル(約1,500円)。詳しいことはまだ未定なのですが、DCの様子を見るに、キャットラバーたちにはたまらない場になりそう。

動物愛護先進国と言われ、虐待などを取り締まる「動物警察(ASPCA)」があるアメリカですが、シェルターに保護されれば一生そこで暮らせるというわけではありません。

ASPCAによれば、アメリカ全土で年間760万のコンパニオンアニマルがシェルターに保護されていて、犬は390万匹、猫は340万匹という内訳。そこから安楽死させられている動物の数は、毎年270万。そのうち犬は120万匹、猫は130万匹という数字を発表しています。

里親を募集するペットショップは日本にもありますが、気軽にコミュニケーションがとれる、猫カフェタイプの場所が海外にも増えてきているんですね。

Licensed material used with permission by Crumbs & Whiskers
Reference:Elite Daily, ASPCA
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
Twitterで話題の「ねこ浴場」は、日光浴、森林浴と同じように、猫を浴びて健康になる、そんなコンセプトの保護猫カフェ。そのねこ浴場内に、今度は猫に眺めら...
猫エイズウイルスキャリアの愛称「りんご猫」が、普通の猫と同じように暮らせることを知ってもらうきっかけにと、町イベント「ねこまつりat中野」が初開催。5店舗...
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。