ただの猫カフェ?ノンノン。気に入った子は引き取れちゃいます

台湾発祥とされ、現在はアメリカやフランス、デンマークにロシアまで、世界に続々と増えていっている猫カフェ。この秋ロサンゼルスにオープンする「Crumbs & Whiskers」は、ちょっと違うんです。

気に入った子を引き取れる!

もともとワシントンDCにあったお店で、ロスにオープンするのは2店舗め。詳細はまだ未定なので、今あるお店の様子を見ていきましょう。

みんなデレデレですね。にゃんこもリラックスしていて幸せそう。

地元動物愛護団体が保護した猫たちを預かり、お店で「接客」してもらうことで人とのマッチングができてしまうシステム。猫たちはのんびり過ごせて、気が向いたら人の相手をすればよく、ヒトは癒される&相性がいい子がいたら生涯のパートナーとして迎えられるという、いいことづくめな場所なのです。

2015年のオープンから、100匹以上が新しい家を見つけたのだとか。

ロスも「ほっこり」な
場となる模様

Elite Daily」によると、新店では常時約20匹のにゃんこがまったり過ごす予定。利用料金は1時間で15ドル(約1,500円)。詳しいことはまだ未定なのですが、DCの様子を見るに、キャットラバーたちにはたまらない場になりそう。

動物愛護先進国と言われ、虐待などを取り締まる「動物警察(ASPCA)」があるアメリカですが、シェルターに保護されれば一生そこで暮らせるというわけではありません。

ASPCAによれば、アメリカ全土で年間760万のコンパニオンアニマルがシェルターに保護されていて、犬は390万匹、猫は340万匹という内訳。そこから安楽死させられている動物の数は、毎年270万。そのうち犬は120万匹、猫は130万匹という数字を発表しています。

里親を募集するペットショップは日本にもありますが、気軽にコミュニケーションがとれる、猫カフェタイプの場所が海外にも増えてきているんですね。

Licensed material used with permission by Crumbs & Whiskers
Reference:Elite Daily, ASPCA
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
自宅で飼っているワンちゃんを気にかけ、猫好きであるのにも関わらず一緒に暮らすことができない男性。ただ、ど〜しても諦められなかった彼は、人様の家の猫とのツー...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
岐阜・高山にある「和菓子処 稲豊園」の西側の路地では、猫たちが会議や逢い引きのために、夜な夜な集まってくるそうです。店主の中田さんが、そんな路地裏を行き来...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
気まぐれだけど、どこか愛らしい。猫には他の動物にはない、不思議な魅力がありますよね。ロシア在住のイラストレーターLingvistovさんも、そんな猫の魅力...
複数種の動物が混ざり合う架空の生き物「キメラ」のようだと話題のサビ猫、ヴィーナス。ただ珍しい模様というだけでなく、オッドアイの片目が青色というところからも...
世の中は猫派と犬派に分かれます。もうびっくりするほどきれいに分かれます。日本でのペット飼育数、初めて猫が犬を上回ったというニュースが流れたのは昨年末。今や...
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
ニューヨーク在住のレベッカさんは6年前、アリゾナ州フェニックスの動物保護シェルターから生後3ヶ月のピットブル犬・Bubbaを引き取りました。一般的に攻撃的...
Sabrina Boemが撮影した猫たちのほとんどは、はじめから飼い主を持たずに生まれてきた猫や人間に捨てられた悲しい過去をもつものばかりです。自分の家の...
ニューヨークの夫婦の要望に応え、デザイナーがリノベーションした物件。シャイで好奇心旺盛な愛猫のために、専用通路や仕掛け扉を設けたうえ、たくさんの本を収納で...
キュンキュンするほどかわいい、空飛ぶ子猫。ちっちゃな体を目いっぱい使って無邪気に遊ぶ姿に、癒されちゃいます。でもじつはこの写真は、捨て猫たちの保護を呼びか...
ファンタジックで鮮烈な色彩が特徴の動物とヒトの写真。両者が、まるで絵画のように寄り添っている姿は、どこか温かい気持ちにさせてくれます。このシリーズはフォト...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウスや猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成し...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
自由気ままな猫の行動って、ワンちゃんとはまた違った癒やしパワーを感じるものです。Little ThingsのPhil Mutz氏は、そんな猫の行動に現れて...
猫に好かれる人でいたいのに嫌われる人というのは、意外と多いものです。猫に嫌われる人の性格や言動にはある特徴も見受けられます。しかしそれにこだわらないことも...
丹後半島の付け根にあり、天女の羽衣伝説でも有名な峰山町。そこにある「金刀比羅神社」には、なんと「狛猫」がいるらしいのです。神社のシンボル的な存在と言えば狛...
ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネ...