キャットフードを寄付すれば
罰金免除な「特別措置」

米インディアナ州・マンシーの警察が、駐車違反をした人たちにとった“特別な措置”が話題となっている。

措置とは、駐車違反のステッカーをもらった人は罰金を支払う代わりに、命じられた額に相当する分のキャットフードなどを寄付すれば免除されるというもの。7月15日から19日の間に実施された。

これ、地元の動物保護施設で世話されている猫のためだったという。

© Muncie Police/Twitter

呼びかけは成功。違反していない人たちも任意で寄付したとか。

“特別措置”は、終了した後も心温まるストーリーとして地元メディアに紹介され続けて話題となっている。

「地域を守る警察官」らしいアイデアある計らい。猫にとっても違反者にとってもウィンウィンっていうところがいい。

© Muncie Police/Twitter
Top image: © iStock.com/eclipse_images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメリカの11州では、雪で覆われた自動車を運転していると罰金を取られる可能性があるのだ。
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
「Youarelistening.to」は、リアルタイムでアメリカ警察が無線を使って話している音声とアンビエントな音楽を融合させて、ストリーミング放送をし...
ニュージャージー州では車両のアイドリングの時間が法律で最大3分〜15分に制限されている。この法律に違反した場合、最大1000ドルもの罰金が課される。冬のア...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...