キャットフードを寄付すれば
罰金免除な「特別措置」

米インディアナ州・マンシーの警察が、駐車違反をした人たちにとった“特別な措置”が話題となっている。

措置とは、駐車違反のステッカーをもらった人は罰金を支払う代わりに、命じられた額に相当する分のキャットフードなどを寄付すれば免除されるというもの。7月15日から19日の間に実施された。

これ、地元の動物保護施設で世話されている猫のためだったという。

© Muncie Police/Twitter

呼びかけは成功。違反していない人たちも任意で寄付したとか。

“特別措置”は、終了した後も心温まるストーリーとして地元メディアに紹介され続けて話題となっている。

「地域を守る警察官」らしいアイデアある計らい。猫にとっても違反者にとってもウィンウィンっていうところがいい。

© Muncie Police/Twitter
Top image: © iStock.com/eclipse_images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
「Youarelistening.to」は、リアルタイムでアメリカ警察が無線を使って話している音声とアンビエントな音楽を融合させて、ストリーミング放送をし...
ニュージャージー州では車両のアイドリングの時間が法律で最大3分〜15分に制限されている。この法律に違反した場合、最大1000ドルもの罰金が課される。冬のア...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、ROM2計の『one second featuring 小林うてな/DIANA CHIAKI』です。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
アメリカのニュースメディア「New York Post」によれば、ノースカロライナ州に暮らすカップルが270万円を支払って、愛猫のクローンをつくってしまっ...
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
台湾発祥とされ、現在はアメリカやフランス、デンマークにロシアまで、世界に続々と増えていっている猫カフェ。この秋ロサンゼルスにオープンする「Crumbs &...
猫エイズウイルスキャリアの愛称「りんご猫」が、普通の猫と同じように暮らせることを知ってもらうきっかけにと、町イベント「ねこまつりat中野」が初開催。5店舗...
バーチャルギャルモデルとして活動する「葵プリズム」が「SPINNS 渋谷109店」とコラボして生まれた「NEO渋谷センター街パーカー」が12月7日(土)に...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
サンフランシスコでは、今年5月に可決された、実店舗やレストランで完全キャッシュレス支払い禁止を要求する条例が、小売店などで有効になっている。違反をした場合...
ひとりの男性が警察署に足を運び、「とあるオンナに心を奪われてしまった。オレの心を取り戻してほしい」と報告したそう。
12月1日より、岐阜市にある「ぎふ動物行動クリニック」で、日本初とされる犬猫の「ストレス診療科」が開設される。“人と犬猫のより良い共生”ができる社会の実現...
新作「YEEZY BOOST 380 ALIEN」の再設計されたプライムニットとミッドソールは、ユニークな見た目だけでなく、素晴らしい履き心地も保証!
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「ORGANIZER AIR」。“世界最軽量記録”を更新したオーガナイザーです。
アメリカ・ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルター。ここでは、ペットに食事を用意できないほど貧しい家族や高齢者に、ペットフードを寄付していました。しか...
ペットにもオーガニック!化学農薬、化学肥料、遺伝子組み換え、化学種子消毒なし、ヨーロッパで有機認証を取得した安心安全なタネから作るねこ草を紹介。
不要となった本、CD、DVDなどを買取、その金額を全額寄付に回す「ブックオフ」の取り組み「キモチと。」が、首里城復興・再建に向けた寄付ができる取り組みを開...
ランボルギーニやフェラーリのパトカーが有名なドバイ警察ですが、今度はホバーバイクで出動です。
いつ誰がドラッグを隠したのかは分かっておらず、アメリカの麻薬取締局は今でも捜査を続けているそう。
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...