「創作活動」への利用も可能!「スミソニアン協会」が280万点の展示をオンラインで公開中

アメリカにある「国立航空宇宙博物館」や「国立自然史博物館」などの運営をしている「スミソニアン協会」。合わせて19の博物館を持つ同協会が、収蔵品の一部280万点デジタル画像で公開した。

公式サイトから閲覧可能な展示物の画像は、すべて“オープンソース”となっており、ダウンロードが可能なものは研究出版創作活動にあたって自由に使用することができるとか。

同協会は、さらに2020年末までに20万枚の画像を追加する予定。最終的には収蔵されている1億5500万点をすべてデジタルで閲覧可能にする予定らしい。

じつは現在、多くの美術館が所蔵品をデジタルで公開する取り組みをおこなっており、「メトロポリタン美術館」や「アムステルダム国立美術館」をはじめ約200の機関がデジタル化を進めているという。だがしかし、今回の「スミソニアン協会」による発表は前例がないほどに大規模なものだとか。

以下が同協会の所蔵するコレクションの一部だが、これら歴史に名を残す名作が自宅で手軽に鑑賞できる時代がくるとは......。

 

『人類初の月面着陸に成功したアポロ11号・司令船』(1969年)

 

『黒人ドライバーのためのグリーンブック』(1941年)

 

『クレオパトラの死』(1876年)

 

『ウィルソン・ベントレーの撮影した雪の結晶』(1890年)

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アイスバケツチャレンジを覚えているだろうか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究支援と、この難病を広く世の中の人に知ってもらう目的で、2014年アメリカから...
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
「東京国立博物館」の一部をCGで再現したバーチャルミュージアム「バーチャルトーハク」が来月19日(土)からのスタート。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
現代アートの雄・KAWSは、現在、オーストラリア・メルボルンの「ビクトリア国立美術館」で「Companionship in the Age of Lone...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
テレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」が先月26日に開業した「デニーズ幡ヶ谷店」の店内でのワークスペース提供の実証実験を開始した。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...