「アイスバケツチャレンジ」の象徴的アイコンが米博物館で永久展示

アイスバケツチャレンジを覚えているだろうか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究支援と、この難病を広く世の中の人に知ってもらう目的で、2014年アメリカから世界中に広まった、あのソーシャル・ムーブメント。

その始まりとなったバケツが、「国立アメリカ歴史博物館」へと展示されることになった。

すべては、
このバケツから始まった

現在、最初のモノとされるバケツが展示されているのは、スミソニアン博物館群のひとつ、国立アメリカ歴史博物館内。スミソニアン協会が恒久展示と位置付けている「Giving in America」の展示品のひとつに、この国で生まれ世界へと広まっていったソーシャル・ムーブメントのシンボルが加わったことになる。

Giving in Americaは、アメリカの歴史の中で社会貢献活動の象徴的アイコンをスミソニアン協会が独自に選定し展示したもので、他にも1800年代の募金箱や、小児麻痺の救済を目的に1930年代に集められたDime Can(10セント硬貨を缶に入れて募金)などがある。

こうした当時の募金活動と同じようにアイスバケツチャレンジも、人から人へ、コミュニティを外へ外へと広げていったことに意味がある、と同展示の担当キュレーターはCBS Newsのインタビューに答えている。

バケツの特定はいかに?

ところで、あれだけの社会現象となったこのチャレンジの始まりのバケツを、どうやって見つけ出し、定義づけることができたのか。興味はどうしたってそこに行ってしまう。

が、まずはSNSで最初に拡散させたのは誰か?そちらに焦点を絞ってみたい。すでに世間でこれまで言われてきている通り、米プロゴルファーのChris Kennedyであるとする見方が大半。だか、どうやら彼が最初にバケツの氷水を被った人物ではなかったようだ。

TIMEの記事によれば、彼の妻のいとこにあたるJeanette Senerchiaさんの夫がALSを患っていたそう。Kennedyはこの男性のため、ALSを広く知ってもらう啓蒙活動の意味も込めて、 Senerchiaさんに氷水のバケツを頭から被るアイデアを考案。それを実行した人物こそSenerchiaさんだった。2014年7月16日のことだった。

つまり彼女が使ったバケツが、一連のムーブメントの最初の“アイコン”ということで決着したと、DCistは報じている

一般人、セレブ、ミリオネア、大統領、人種も職種も超えておよそ1,700万人がチャレンジに参加したと言われるアイスバケツチャレンジ。氷水を被って指名して、そちらのアクションばかりに注目が行っていた印象もあるが、 ALS協会は、これまでに120億円近い寄付が寄せられていると発表している。

2014年の夏に話題となった「アイス・バケツ・チャレンジ」は、インターネットの影響力も加わったことで世界中に拡散され、大きな社会運動へと発展しました。氷水...
2016年7月25日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の発症の原因となる遺伝子が新たに見つかったと発表されました。「Nature Genetics」に掲載され...
オーストリアにあるPANEUMは、何千年も前から続くと言われているパンの歴史を感じることのできる骨董品を展示する博物館。中に入ると、パンにまつわる珍しいコ...
社会現象となった昨年夏の「アイスバケットチャレンジ」。各界の著名人から市井の人々まで、だれもが頭から氷水をかぶりました。「Elite Daily」に掲載さ...
世界的なクラフトビールブームの火付け役と言われているアメリカで、その歴史をアーカイブするための人員が募集されています。求人を出したのは、同国を代表する研究...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
アメリカのドラマや映画を見ていると、たとえば失恋・失業などの精神的ダメージを癒やす特効薬として、バケツサイズのアイスなんかがよく出てきます。登場人物が堕落...
岐阜県関市に新名物が誕生した。その名も「日本刀アイス」。岐阜県関市は、かつて世間をザワつかせたPRムービーでもあったように「日本一の刃物のまち」。そんなま...
企業が商品化したものの、売れずに市場から姿を消した、「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに今月7日オープンした。開発企業からす...
世の中にあるのは、敷居が高くてアカデミックなミュージアムばかりではありません。世界各地に、目を疑いたくなるような「ナゼ?ナニ?」を収集、展示したヘンテコな...
「国宝」——なんて潔い名前なんだ!もう相当話題なので知っている方も多いと思うのだが、京都国立博物館で開催されている、京都国立博物館開館120周年記念 特別...
アメリカ人女優メーガン・マークルとイギリス王室のヘンリー王子の婚約は、様々穴てんで実は歴史的なものといえる。その4つのポイントを紹介。メーガンが英国王室で...
新品のように綺麗なものなど、ひとつもない。まぎれもなく、展示されているすべてに、誰かの痛みが滲んでいる。
暑い日に欲しくなるのがアイス。でもどんなに日差しが強くても、どんなに体を冷やしたくても、絶対に食べたくないアイスがあるんです。台湾の大学生グループ「100...
ごはんのお供として食卓に並ぶ“アレ”を使うだけで、普通のバニラアイスがトルコ風になる。今回紹介するのは「ビエボ」に掲載されている、そんな裏ワザです。なんと...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
アメリカでは7月は「アイスクリーム月間」。さらに第3日曜日は「アイスクリームの日」。だからか、7月にインスタグラムに流れてくるのはアイスクリームのポストば...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...