オレオレ詐欺に引っかかった母 息子がとった行動が泣ける・・・

昨年の被害総額は、なんと約566億円。オレオレ詐欺に代表される「特殊詐欺」の被害は、過去最悪を更新し続けているのだそう。

悲劇に遭う家族を、どうにかゼロにしたい。その一心で政府公報が制作した“詐欺被害未然防止WEB動画”が話題になっている模様です。

毎日話せば、詐欺は防げる

スクリーンショット 2015-12-19 17.43.05

「もう、何やってんのよ!前にも言ったじゃん、気をつけてって」

スクリーンショット 2015-12-19 17.43.18

「…」

スクリーンショット 2015-12-19 17.43.37

「普通、金渡す!?…もしもし、聞いてる?」

スクリーンショット 2015-12-19 17.43.53

「ごめん…」

スクリーンショット 2015-12-19 18.04.50

「どう考えても、俺がそんな大金を頼むわけないじゃない?電話かけて確認してよ!」

スクリーンショット 2015-12-19 17.44.15

「歳、とったんかねぇ…」

スクリーンショット 2015-12-19 17.44.55

「う、うん…」

スクリーンショット 2015-12-19 17.45.17スクリーンショット 2015-12-19 17.45.33

「あんたが、助かればと思ったんよ…」

スクリーンショット 2015-12-19 17.45.47

子を思う母の優しさに、思わずハッとします。

なんで、もっと連絡を取らなかったんだろう…。

スクリーンショット 2015-12-19 17.46.21

オレオレ詐欺を防ぐのは、オレだ。

スクリーンショット 2015-12-19 17.47.04

毎日話せば、詐欺は防げるーー。

このように、オレオレ詐欺を防ぐために、普段からできることがありそうですよね。どれだけ多忙な毎日でも、こまめに連絡を取る。そんな些細なことが、大きな力となるのです。

万が一、怪しい電話を受け取ったら「188(イヤや)」へお電話を。

Licensed material used with permission by gov-online

「寝たきり」という言葉は、日本の高齢化が進むにつれて、どこかタブーのような扱いになってきました。たとえば「大変そう」「介護がきつそう」といったネガティブな...
 9月15日は敬老の日。でも昔といまでは、かなり「老」という言葉のイメージが変わってきている。昔の「老」は、こうだった。年を重ねて落ち着き、若いころの夢は...
Sean Wangさんの母親は、離れて暮らす息子に向けた留守番電話のメッセージを記録していました。WangさんはそれをBGMに動画を制作。
65歳以上の高齢者の人口が全国民の20%を超え、「高齢社会」となっている現在の日本。年金や介護など、誰もが考えなくてはならない問題が山積みですが、そんな今...
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
転倒の危険からお年寄りを守るために開発されたこのベルト、おじいちゃん、おばあちゃんも安心て孫と遊べるっていいですよね。
61歳の女性Cecile Eledgeさん。彼女には同性のパートナーを持つ息子がいて、息子夫婦は子どもを望んでいました。これを聞いたCecileさんは、養...
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
寂れた街のストリートを、夜な夜な吹き溜まる不良どもが占拠する。おもむろに立ち上がると思うとスプレーを一振り。ふと朝目を覚ませば、昨日までなかったそれが、壁...
LGBTQのニュースを見ない日はない、というくらい、ここ数年で一気にその認識や理解が深まってきているような印象を受ける。でも、そこに登場する人は若者が多く...
育児中のパパママからの「あると助かる〜!」の声を実現する子供服ブランド「アルトタスカル」が誕生
フィンランドにある「ユヴァス​​キュラ大学」のスポーツ健康科学部が興味深い研究結果を発表した。なんと、30年前と比べて高齢者が大幅に若返っているという。1...
欲しがればいつだってお菓子をくれたり、親よりも甘やかしてくれたり。人生経験が豊富な分、鋭いアドバイスをくれることも。いつでも優しく見守り、大きな愛で包み込...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
「Shanghaiist」の記事によれば、中国の上海で「高齢の両親を訪問しないと、クレジットカードのスコアに傷がつく」という、仰天法案が2016年5月1日...
シアトルに住むスティーブ・マシオ氏は、旅行が大好き。その愛は「デルタ航空」のファーストクラスの座席を購入して自宅に置いているぐらいに大きい。その様子を紹介...
スペインの「マクドナルド」は「Big Good」と名付けられた特別なハンバーガーを発表。この商品は、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた農園を支援するた...
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
レイプは被害者の心に大きな傷を残すことになりますが、被害を知った人が被害者に追い打ちをかけるようなことを言ってさらなる深い傷をつける、セカンドレイプの被害...
アメリカ、シアトルにある介護施設は、少し変わった特徴を持っています。施設の中に、幼稚園が併設されているのです!これは高齢者と子どもたちが、もっと触れ合う機...
宮崎県・延岡市は、総面積のおよそ80%が山林だという。いまそこで問題になっているのは、誰にも整備されていない「放置竹林」だ。
セクハラ被害で辛いのは、加害者からの心ない嫌がらせであることは言うまでもない。しかし、それだけではない悲しい現実がある。声をあげたところで、周囲から受け入...
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...