高齢者は、往年のスターだ。「寝たきり銀幕デビュー」にグッとくる

「寝たきり」という言葉は、日本の高齢化が進むにつれて、どこかタブーのような扱いになってきました。たとえば「大変そう」「介護がきつそう」といったネガティブなイメージ。

そんなイメージを少しでも変えるべく、介護職のポジティブな現実を知って欲しいという思いから、岡山県の社会福祉法人みずき会がスタートしたのが「寝たきり銀幕デビュープロジェクト」

長く生きるということは、素晴らしいことです。事実は小説より奇なりと言いますが、長い人生経験には、1本の大スペクタクル映画にも匹敵するほどのロマンとドラマが詰まっています。

その主人公となったおじいさんやおばあさんに、寝たきりのまま「銀幕デビュー」を飾ってもらおう、というプロジェクトなんです。

介護職のイメージを
ポジティブに

このプロジェクトでは、入居者の忘れられないエピソードを元にオリジナル映画のストーリーを構成。さらに、ポスターやパネルも製作。

入居者と職員が一丸となって作品を作り上げる様子は、今までの介護職にはないくらいの活気と新鮮味に溢れていて、介護職をポジティブに盛り上げていこうという熱意が伝わってきますね。

『ミサヲの恋は時間差』
主演:粟津ミサヲ

F0c3e780f7ad47b1c90e049228d0308a4451e58b

真っ赤に燃える恋の太陽が微笑むのは
ミサヲかヒバリか、果たしていかに!?

青春時代はバレーボールに明け暮れていた、という栗津ミサヲさん(1936年生まれ・81歳)。現在の趣味は編み物。

美空ひばりの大ファンで、彼女の出演した映画は何でも大好き。美空ひばりを彷彿とさせる設定を織り込んだ本作に出演した栗津さんは、

「よく撮れてる、素晴らしい! サイコーの思い出やな!」

と大喜びだったとか。

『無刀の泰平』
主演:中尾泰平

0c462407d481b71dad6bac688cbda688d77bf372

昼は病を治し、夜は世を直す!
伝説の丸腰侍、ここに見参!

医者になるのが夢だったという中尾泰三さん(1932年生まれ・85歳)。若い頃には空手にも打ち込み「水戸黄門」や「大岡越前」のような勧善懲悪時代劇を好んで見ていたことから、この作品が誕生しました。

ストーリーを作るに当たってヒアリングを受けたご家族の道子さんも、

「撮影前のアンケートで『父との人生の思い出』をヒアリングされた際、いつのまにか忘れてしまっていたエピソードが次から次へとあふれ出てきて、書ききれなくなってしまいました。とても懐かしく、和やかな気持ちになったのを覚えています。

車椅子での生活を余儀なくされている父に刺激があって楽しめるようなプロジェクトに参加できて、私たちにとってとても素敵な機会になりました」

と、前向きなコメント。

「長生きは素晴らしい」と
思える社会にしたい

製作したオリジナル映画のポスターは求人用ポスターとして実際に使用し、共に介護への新しいイメージを作っていく人材を募集しているそう。つまり、主役の人生を輝かせる名脇役を求む、というわけ。

みずき会理事長の阿部泰士さんは、プロジェクトの立ち上げ当初、そのセンセーショナルなタイトルとアイデアに驚いたと言います。

「しかし『高齢者は、往年のスターだ』というコンセプトを読み、今の社会における介護問題のイメージを根本的に変えられるかもしれないと考え、プロジェクトの実施を決断しました」

長く生きることを誰もが素晴らしいと思える社会が、日本の未来をもっと明るくしていくのかもしれません。

Licensed material used with permission by 寝たきり銀幕デビュープロジェクト
 9月15日は敬老の日。でも昔といまでは、かなり「老」という言葉のイメージが変わってきている。昔の「老」は、こうだった。年を重ねて落ち着き、若いころの夢は...
寂れた街のストリートを、夜な夜な吹き溜まる不良どもが占拠する。おもむろに立ち上がると思うとスプレーを一振り。ふと朝目を覚ませば、昨日までなかったそれが、壁...
転倒の危険からお年寄りを守るために開発されたこのベルト、おじいちゃん、おばあちゃんも安心て孫と遊べるっていいですよね。
LGBTQのニュースを見ない日はない、というくらい、ここ数年で一気にその認識や理解が深まってきているような印象を受ける。でも、そこに登場する人は若者が多く...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
世界各地を旅行するポーランド人バックパッカーのカップルが、そんなマダガスカルに広がる景色をInstagramに投稿しています。
「Shanghaiist」の記事によれば、中国の上海で「高齢の両親を訪問しないと、クレジットカードのスコアに傷がつく」という、仰天法案が2016年5月1日...
アメリカ、シアトルにある介護施設は、少し変わった特徴を持っています。施設の中に、幼稚園が併設されているのです!これは高齢者と子どもたちが、もっと触れ合う機...
ロシアのとあるファッションブロガーが、高齢者限定のモデル事務所を設立し、世界中から注目を集めています。驚きなのは、全員が経験のない素人だという点。しかも、...
豊かな瀬戸内の幸のなかでも、とくに岡山県民が愛してやまないのが「サッパ」。ニシン科の魚で地域によって呼び名が違いますが、どちらかというと雑魚扱い。でも岡山...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
65歳以上の高齢者の人口が全国民の20%を超え、「高齢社会」となっている現在の日本。年金や介護など、誰もが考えなくてはならない問題が山積みですが、そんな今...
欲しがればいつだってお菓子をくれたり、親よりも甘やかしてくれたり。人生経験が豊富な分、鋭いアドバイスをくれることも。いつでも優しく見守り、大きな愛で包み込...
運動するおじちゃんおばあちゃんの動画なのだが、みんなすごいパワフル・・・!動画は中国のとある公園の朝の様子を捉えた物だが、その様子は若者よりもエネルギッシ...
ニュージーランドの東側、オークランドからフェリーで35分ほど行った先に、自然豊かなワイヘキ島があります。ビーチとブドウ園に囲まれたのどかな場所。そこで暮ら...
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第10回は、ハイチの海の幸を使っ...
調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
イギリス・マンチェスターに住むヨルダン・ボルトンさんは、映画に出てくる小物などを集めてアイコニックなポスターを制作するアーティスト。映画好きなら、見ている...
毎年、2月の春節(旧正月)が近づくと中国国内では、出稼ぎ労働者の帰省ラッシュが話題になる。どこの国にも帰省ラッシュは存在するだろうが、中国のその規模はハン...
『あわじ国バーチャン・リアリティ』は、田舎に帰省し家族と一緒に食卓を囲む疑似体験ができる、癒し系VRムービー。朝はおばあちゃんと、夜は大家族の中で、ほっこ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...