人生の最期を迎える時まで、一緒にいようと誓った人

三十路を過ぎてなお、一人がラクなんて思ってしまっているワタシ。この命が尽きる時に、誰といたいかなんて考えたことがないし、一生添い遂げたいと思える人に今まで出会っていないと思う。

でも、お互いの生活に相手の“におい”が染み付いたように暮らす、老夫婦の写真を見てからは違う。2人にとっては何気ない日々なのだけど、それぞれの人生にとってかけがえのない存在であることが伝わってきたから。

見えてくる「夫婦の歴史」

それぞれの視線の先。庭の手入れをするおじいさん。今までの思い出を振り返るように家を眺めるふたりの背中。

たった6枚のシーン。写真にはうつってはいないけど、「夫婦の歴史」を感じた。この平穏な暮らしを築き上げるまでに、きっと色々なことを乗り越えてきたんだろう。そう、2人の人生に思いを巡らせたくなったのは私だけだろうか?

なんだか、会ったことのない写真の2人を見ているうちに、“理想の人生”が見えたような気持ちになってしまったんだ。

机の上を見ただけで、
感じる夫婦の暮らし

これらの作品は、すべてアーティストAnnabel Oosteweeghelの「Everlasting」というシリーズ。上の写真もそうで、テーブルの上にはただ女性誌と灰皿とメガネが置いてあるだけなのだけど、夫婦の生活感が漂っている。

制作のきっかけは、8年前にアムステルダムのある小さな村を訪れた時に、1960年代に建てられた無人のバンガローの中を覗いたことから。部屋には、ベッドやテーブルが置きっ放し。時代を感じる使い古しの家具を見て、そこにはいない人物の暮らしを感じたと彼は言う。その時、頭の中にはっきりと浮かんだのは、何十年もその家に住んでいただろう一度も会ったことのない老夫婦の姿だったのだ。

写真の老夫婦は架空の人物。でも、Annabelが見た部屋の中で出会った顔も名前も知らない夫婦が蘇ったようで、愛しさを感じてしまう。

一生添い遂げる。これは、多くの人々がしてきたこと。けれど、いくら世界中にたくさんの夫と妻がいたとしても、長い人生で同じ道を歩んできた2人にしかわからない歴史がそれぞれの夫婦にある。私は、そんな2人だけの「キズナ」にたまらなく憧れてしまうんだ。

人生最期の時まで一緒にいたいと思えるような「本物の愛」を築ける相手を見つけたくなった。

Licensed material used with permission by Annabel Oosteweeghel, (Book)

関連する記事

欲しがればいつだってお菓子をくれたり、親よりも甘やかしてくれたり。人生経験が豊富な分、鋭いアドバイスをくれることも。いつでも優しく見守り、大きな愛で包み込...
大好きなものを、大好きな人と一緒に食べることが、じつは一番の健康法なのかもしれません。米・ワシントン州に、それを体現しているかのような可愛らしい夫婦がいま...
「人生を楽しむのに年齢なんて、関係ない。」それを実践しているアジア系アメリカ人の微笑ましい夫婦がいます。彼らが今ハマっているのはコスプレ!しかも始めたのは...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
旅には、人生が凝縮されています。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...