人生の最期を迎える時まで、一緒にいようと誓った人

三十路を過ぎてなお、一人がラクなんて思ってしまっているワタシ。この命が尽きる時に、誰といたいかなんて考えたことがないし、一生添い遂げたいと思える人に今まで出会っていないと思う。

でも、お互いの生活に相手の“におい”が染み付いたように暮らす、老夫婦の写真を見てからは違う。2人にとっては何気ない日々なのだけど、それぞれの人生にとってかけがえのない存在であることが伝わってきたから。

見えてくる「夫婦の歴史」

9228bca15e18fc803dad3b6402bd0ca780887afb86e8aec3e4f066ea696fa5f1068ee6f8b689805a4027c56da442af9b97787f18e7ef2e34d7462b0296ebd5051c245d743d513a79c5014b7ba492e517Afb65e8d545556771ef22a32d30bab6354efc2f0C30b85e7ac9134675227f26bbf95e5537c2a0649

それぞれの視線の先。庭の手入れをするおじいさん。今までの思い出を振り返るように家を眺めるふたりの背中。

たった6枚のシーン。写真にはうつってはいないけど、「夫婦の歴史」を感じた。この平穏な暮らしを築き上げるまでに、きっと色々なことを乗り越えてきたんだろう。そう、2人の人生に思いを巡らせたくなったのは私だけだろうか?

なんだか、会ったことのない写真の2人を見ているうちに、“理想の人生”が見えたような気持ちになってしまったんだ。

机の上を見ただけで、
感じる夫婦の暮らし

2555850be46f7f5fc7c736fe5227431c9f9a4cf8

これらの作品は、すべてアーティストAnnabel Oosteweeghelの「Everlasting」というシリーズ。上の写真もそうで、テーブルの上にはただ女性誌と灰皿とメガネが置いてあるだけなのだけど、夫婦の生活感が漂っている。

制作のきっかけは、8年前にアムステルダムのある小さな村を訪れた時に、1960年代に建てられた無人のバンガローの中を覗いたことから。部屋には、ベッドやテーブルが置きっ放し。時代を感じる使い古しの家具を見て、そこにはいない人物の暮らしを感じたと彼は言う。その時、頭の中にはっきりと浮かんだのは、何十年もその家に住んでいただろう一度も会ったことのない老夫婦の姿だったのだ。

写真の老夫婦は架空の人物。でも、Annabelが見た部屋の中で出会った顔も名前も知らない夫婦が蘇ったようで、愛しさを感じてしまう。

一生添い遂げる。これは、多くの人々がしてきたこと。けれど、いくら世界中にたくさんの夫と妻がいたとしても、長い人生で同じ道を歩んできた2人にしかわからない歴史がそれぞれの夫婦にある。私は、そんな2人だけの「キズナ」にたまらなく憧れてしまうんだ。

人生最期の時まで一緒にいたいと思えるような「本物の愛」を築ける相手を見つけたくなった。

Cf1f4b61d00493ec6633ec6094eb7aab38e7adbb090836e17f153ef5da69bce4969a1ae136dddb912a551af3791e6d5d6a36be88012d367a5ffe2958
Licensed material used with permission by Annabel Oosteweeghel, (Book)
欲しがればいつだってお菓子をくれたり、親よりも甘やかしてくれたり。人生経験が豊富な分、鋭いアドバイスをくれることも。いつでも優しく見守り、大きな愛で包み込...
大好きなものを、大好きな人と一緒に食べることが、じつは一番の健康法なのかもしれません。米・ワシントン州に、それを体現しているかのような可愛らしい夫婦がいま...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...
「人生を楽しむのに年齢なんて、関係ない。」それを実践しているアジア系アメリカ人の微笑ましい夫婦がいます。彼らが今ハマっているのはコスプレ!しかも始めたのは...
最近のおじいちゃんやおばあちゃんは、とってもパワフル!見ているだけで元気がもらえて、ポジティブな気分になります。ここでは、いくつになっても挑戦を続ける元気...
学生時代の苦い経験から、ガラッと180度人生を回転させた女性がいます。『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』(アスキー・メディアワ...
自分にとって最高の家族の生前を子孫へと受け継ぐために、亡くなった人の人生を絵本にすることを思いついたJuliette Eame。彼女の場合は、小さい頃によ...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
人生最後に1つだけ願いが叶うとしたら何がいいか。アメリカで人生の最期をホスピスで送っていた女性の場合、地元の「ミルクシェイク」を飲むことでした。友人やレス...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
主人公の老犬ハンナは、最期の最期で家族とともに「最高の一日」を迎えることができました。愛するペットが最晩年を迎えたとき、この家族と同じように、誰にも苦渋の...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
100歳を超えたおじいちゃんおばあちゃんが語る「人生のアドバイス」。その数、70人以上。フォトグラファーのポール・モブリー(Paul Mobley)さんは...
カナダ・バンクーバーアイランドから10分ほど船に揺られると、「Freedom Cove」と名付けられた、おもちゃのようにカラフルな家を見つけることが出来ま...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
5月は、アメリカでは卒業式の季節。青い空に向かって卒業生が一斉にハットトスする様子に、一度は憧れた人も多いのでは?そんなおめでたい写真の数々がSNSを賑わ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第10回は、ハイチの海の幸を使っ...
『あわじ国バーチャン・リアリティ』は、田舎に帰省し家族と一緒に食卓を囲む疑似体験ができる、癒し系VRムービー。朝はおばあちゃんと、夜は大家族の中で、ほっこ...