ジェットコースターで結婚式!これから山あり谷ありの人生を一緒に。

結婚式に招かれるたびに思うのは、皆とても工夫を凝らしているなということ。入場の時に流れる音楽やテーブルに飾るお花、会場に置かれる小物まで。「一生に一度の晴れ舞台を忘れられないものにしよう」という思いが細部から伝わってきます。

飾り付けはもちろんのこと、そもそもどこで結婚式を挙げるのかも重要ですよね。どうせなら思い入れのある場所がいい。そこで遊園地のジェットコースターを選んだのは、AshleyさんとThomさん。2人が挙げた式は、愛が溢れるスリル満点のものとなりました。

「永遠の誓い」は
ジェットコースターで!

Dfd646b8371161b27fba92277e926ea4ab3e22bf

結婚式を挙げるなら自分たちがお気に入りの遊園地!と決めていたふたり。通常の式場を貸し切ってもいいほどの人数140人を招きました。ゲストは先にジェットコースター乗り場で待機。Ashleyさんはブライズメイドと共に“入場”しました。

待ち構えていた家族や友人らが見守る中、乗車前に指輪を交換。そしてついに発車の時が!祝福の歓声があがる中、ジェットコースターはゆっくりと進み始めました。

099d3e5219695f4dbcee7c8bd940fbcfc0da4d39

頂上に達するまでの間、Thomさんは「永遠の誓い」をつぶやきます。「互いを夫婦として認めますか?」と言う彼に、ジェットコースターが落ちる直前「もちろんよ〜!!」と叫ぶAshleyさん。

7053017775367aff9ef144713e282f47e5ec27d8

もちろん記念撮影も途中でパチリ。「カメラあそこだよ!」とこんな時までリードしてくれるThomさん。

6da1749b38a044019ef83872faba9968b01069ef

気になる誓いのキスはというと…大丈夫です、無事におこなわれていました♡

2人は去年12回もこの遊園地を訪れ、ジェットコースターの上でキスのリハーサルをしていたんだとか。「どれだけ用意周到なの」とクスッと笑ってしまいました。

Licensed material used with permission by Ashley Marchetti
結婚は、人生でとても大事な節目。すでに結婚しているカップルならば、いくつか誓いごとをしたはずです。そんな「結婚式で本来誓うべきこと」をMichelle H...
日本では紙一枚で婚姻関係が結べないゲイのカップルが、家族や友人だけでなく、メディアを読んで「人前式」を行いました。ゲイ同士の結婚が、世の中にどんな意味や影...
ごく普通のカップルの結婚式が、メディアで話題となり、「式の動画が涙を誘う」と注目を浴びているのは、いったいなぜ?それは、このカップルが4年半の長きに渡り貫...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
世界一高い山、エベレストで挙式をしたい──。そんな妄想を抱いた冒険好きのカップルは、星の数ほどいたかもしれない。でも、現実的に考えれば二の足を踏まざるを得...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
結婚式の夢は日々の恋愛を表していることが多いのですが、その意味は見た人の置かれている立場や心理的状況によってがらりと変わります。ひとり身の未婚で結婚願望が...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
最愛の息子を2年前に亡くしたBecklyさん。辛い時期を支えてくれたパートナーと結婚。その式の日にやってきたのはなんと、息子の心臓を移植して生き長らえてい...
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
アインシュタインの、人生に対する格言はたくさんあるけれど、今回は「I Heart Intelligence」より、恋愛についての言葉だけをご紹介します。天...
アメリカペンシルヴァニア出身の男性とフィリピンマニラ出身の女性の国際遠距離恋愛カップル。どうせなら海外で会おう!と世界各国で再会してはキスショットを撮る試...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
2016年から8月11日が祝日になりました。何の日?山の日!「内閣府ホームページ」には、その趣旨として、こんな文言が掲載されています。「山に親しむ機会を得...
若いうちに結婚したい!と思っている人は少なくないはず。でも、過度な期待は禁物かも。ちゃんとネガティブな側面も理解していますか?18歳で永遠の愛を誓った、K...