受験生の娘のために「不器用な父親」がとった行動とは?

これから紹介する90秒のアニメーションは、マルコメ株式会社のTVCM「料亭の味 カップみそ汁 夜食篇」。素直になれない受験生の娘と不器用に娘を思いやる父の温かさを描いたハートフルなストーリーとなっています。

あえて先にコマーシャルだと公表しても、まったく色褪せることのないその感動。特に女性のみなさんは、強く心を打たれるかもしれません。

父から娘へ。
みそ汁がつなぐ“家族の心”

ある朝、娘は玄関で靴を履く父の傍らに傘が置いてあることに気がつきます。

お互いにちらりと相手を気にするものの、別の部屋にいる母に「今日、雨降るの?」

「近頃、娘とうまく話せない」と感じる父と、

「お父さんとうまく話せない」と思っている娘。

父娘の間にぎこちない空気が流れる中、父は受験勉強中の娘が夜中に冷蔵庫をあさっていると妻から聞かされます。

ある夜、お腹を空かせた娘が一階に降りると、食卓におにぎりとカップみそ汁が。

翌朝、「夜食ありがとう」と母に伝えるも、母は何も知らない様子。

「もしかして、お父さんが…?」

その夜、一階に降りてみたところ、やはり父の姿がありました。

「父さん、なんだか腹が減っちゃってな。お前も食うか?」

「うん…」

父の優しさと温もりが詰まった、不格好なおにぎりとカップみそ汁。

「おかかと梅、どちらのおにぎりを食べるか、じゃんけんだ」と言われ、娘の声と表情が和らぎます。

不器用な父の優しさに触れ、二人の関係がこれから上手くいきそうな予感が漂うラストシーン。思わず胸が熱くなります…。

みそ汁は、空腹を満たすだけでなく、古くから培われてきた“温かさ”という情緒的な価値も持っている。このCMは「娘を思う父の姿」を通して、そんなことを教えてくれるのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by マルコメ株式会社
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
ピーマンをお味噌汁に?独特の香りがチョット気になる人でも、焦げめがつくくらい素焼きするか、油でソテーすれば香りが和らぎ、とってもいいお味噌汁の具材になるん...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
この4種類をデスクに常備しています。
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
朝のお味噌汁づくりが楽しみのひとつになれば、お椀に向かって「おはよう」、こんなあいさつから一日がはじまるようになる。その日の気分で自由に組み合わせを楽しん...
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
書籍『毎日のお味噌汁』の中で紹介されている、料理家・平山由香さんのひと椀が、なぜこうも大胆で自由で、おおらかなのかを探っていくと、あるキーワードにたどり着...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
とろみをつけたり油を加えたりと、冷めないひと手間を心がけるのが冬のひと椀をつくるときの工夫です。おすすめは、すりおろした野菜。火通りの悪いレンコンや大根、...
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
料理家・平山由香さんの著書『毎日のお味噌汁』より、普段のお味噌汁からは想像もつかないような変わった具材のひと椀を紹介します。意外な組み合わせはどれも斬新、...
娘には自分が認めた人とデートして欲しいから、デート相手に関するルールを設ける父親も少なくないはず。だけど、J. Warren Welchさんの考えは少し異...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
おいしいお味噌汁をつくるとなると、「まずは出汁をとらなくては…」という手間が億劫という話をよく聞きます。たしかに出汁はお味噌汁に欠かせないもの。料理家・平...
料理家・平山 由香さんが仕掛ける魔法のようなお味噌汁のレパートリーは、食材のジャンルを問いません。たとえばフルーツだって、立派なひと椀に。『毎日のお味噌汁...
栄養とともに旨みが凝縮されているサバ缶。まるごと無駄なく使わなきゃモッタイナイ。味噌汁にアレンジして、海と山の幸たっぷりの一杯をつくりましょう。
どんな父親だって、カワイイ娘の幸せを一番に考えますよね。その大事な娘が「幸せ」を掴むために、父親ができるちょっとした手助けを編集者のトム・バーンズさんが紹...
いつもやさしいだけじゃない、時には厳しくもあるお父さん。作者であり一児の母でもあるSooshさんイラストを、紹介したのはもう2年近く前のこと。我が子のため...
真夏においしいこのひと椀。理由はどれも加熱不要の具材にあり、と平山さん。トマトやアボカドなどの洋野菜に白味噌、チーズ、オリーブオイルの組み合わせを、ご本人...
自分でも分からないけど、意に反してそうなってしまう…。そんな独特の行動や思考パターンに悩んでいる人もいるかもしれません。ここでは、そんな不器用な人に共通す...
山形の名物「納豆汁」。納豆をそのまま入れるんじゃなくてすりつぶすんです。