【今年も泣ける。】頑張る受験生に、カロリーメイトが送ったメッセージCM

今回紹介するのは、最近話題になっている、とある映像。先にストーリーを説明すると、受験直前の女子高生が緊張で自信を失いそうになる中で、さまざまな思い出を振り返りながら試験に挑むというものです。
これが世間の注目を集める理由は、受験独特の緊張に対する「共感」、だけではありません。過去の回想シーンに用いられている、“特殊な技法”にご注目を。

以下2~8枚目の絵は、
なんと“黒板アート”!

036_R

試験会場に着席した、主人公の女子高生。プレッシャーに押し潰されそうになりますが、これまでの努力を思い出し、自身を落ち着かせます…。

004_R

放課後、教室に一人だけ残って勉強したこと。

012_R

周りが楽しそうに海水浴へ向かう中でも、決して誘惑に負けなかったこと。

021_R

ときには、ストレスから母親に八つ当たりしてしまったことも。

022_R

それでも、優しく見守り続ける偉大な母。

026_R

美しい花火が上がった夏の日も、

027_R

雪が降りしきる冬の日も、

018_R

彼女は、決して努力をやめることはありませんでした。

006_R

…と、ここまで説明してきた受験までの奮闘の様子。これらはすべて、チョークを使った“黒板アート”と呼ばれるもの。話題の黒板アーティスト、れなれなさんをはじめ、総勢34名の美大生たちが、のべ2,623時間以上をかけて制作したのだそう!

032_R

豊かな表情だって、すべてチョークで描いています。その制作の過程はメイキングドキュメンタリーとしてWEBで公開中。

006_shiro_R

この映像のために制作された黒板アートの数は、なんと6,328枚。以下は、それらすべてが有機的につながった、壮大なアニメーションとなっています。少し長い2分の動画ですが、ぜひチェックしてみてください。

ちなみにこれは、カロリーメイトのCM「見せてやれ、底力。」篇。受験生をはじめとした頑張っている人の“底力”を支え、エールを送り続ける―。何かに向かって努力する人にとって“お守り”のような存在の、カロリーメイトならではのCMに仕上がっています。

Licensed material used with permission by 大塚製薬株式会社

他の記事を見る
一体、どれだけの受験生がこのメッセージに励まされたのでしょうか。ここで紹介するのは、福島県の郡山駅で2016年1月15日(金)に撮影された「ある黒板」の写...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
だけど今、ウユニ塩湖への思いが再熱している。
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
これから紹介する90秒のアニメーションは、マルコメ株式会社のTVCM「料亭の味 カップみそ汁 夜食篇」。素直になれない受験生の娘と不器用に娘を思いやる父の...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
どこまでもトリッキーな絵を生み出すのは、イギリス生まれのアーティストJulian Beeverさん。パフォーマーでもある彼は、自分とイラストが一体になるこ...
ここで紹介するのは、ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」。黒板というアナログなものが変わることで、先生や生徒だけでなく、授業や学校すらも変える。...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
アメリカ・アリゾナ州フェニックスで刊行している日刊紙「The Arizona Republic」のオンライン版によれば、彼女は10ヵ月にも渡り、ひとりの男...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
ここで紹介するのは、Appleが2014年9月に発表したCMです。短くても、しっかりとしたメッセージがあり、しかもエンターテインメントとしても楽しめる“作...