12歳の子どもがつくった漫画は、ただのエンタメではなかった。

あなたが12歳の頃、興味があったことは何ですか?友人と街へ出かけて買い物をすること?好きな子と仲良くなること?もしくは、勉強やスポーツ?

では、環境問題について興味はあった?と問われたらどうだろう。私の場合、「NO」だったかもしれない。だけどブルックリン出身のJaden Anthony君の答えは、間違いなく「YES」だ。

発案者も主人公も
「12歳の少年」

9ff1e8d904bf34565ada248ed83ce727a69a8519

環境問題に興味があるJaden君は、自分でこのトピックについて調べるだけにとどまらず、問題の深刻さについてまわりの人にも周知させようと、漫画をつくった。

表紙は一見、SF映画のポスターを連想させるようなデザインだが、ストーリーはテクノロジーやファンタジーの要素も織り交ぜられていて、子どもでも読み進められやすい内容になっているとのこと。

C324ad58d068b9e47215c51306573b5f9d97c4d9

漫画の主人公は12歳の男の子で、Jaden君本人。その他のキャラクターも全員、実在する子どもたちだ。みんな同じブルックリン出身で、Jaden君の友人とのこと。作品内で彼らは、地球を守るという使命を与えられるのだそう。

「世界をより良い場所にしたい」
熱い気持ちを父も応援

3b217e606bc0fe316928e1121f0817ea11bdf7ec

漫画は先日行われたイベントで500部ほど売り上げ、徐々にまわりに周知しているということだが、そもそも始めた理由は何だったのだろう?

「僕は動物が好きなので、数年前にベジタリアンになることを決意しました。それがキッカケで、地球温暖化や気候変動など、地球に影響している様々な問題について目を向けることになったのです」

「同世代の子どもたちは、深刻な環境問題についてあまり知らないと思っています。地球で今なにが起きているかを知る人が増えれば、もっと気を使う人も増え、それに対するアクションも増えていくと思います」

と、Jaden君。とてもしっかりとした考えを持っていてビックリ。

漫画を作成するにあたっては、Jaden君のストーリーアイデアをお父さんが言語化するのを手伝い、デザインに関しては国内外のアーティストから協力を得ているのだそう。

世界をより良い場所にしたい──

このような思いを抱きながら、グローバルな問題をクリエイティブな方法で発信するJaden君は、何度も言いますがまだ12歳。彼の今後の活躍に、大いに期待したい。

Licensed material used with permission by Kid Brooklyn Comics
この漫画は、アーティストを目指すひとりの少女の物語。ゆくゆくは成功を収める彼女も、努力をするきっかけには、子どもの頃に出会った先生からの「励まし」がありま...
漫画やアニメのポップカルチャーイベント「COMIC-CON」。日本でも12月に開催予定ですが、アメリカやイギリスなど世界中で注目を浴びています。2015〜...
トランスジェンダーの人たちは日々の日常でどんなことを考えているのだろう。自分が経験したことなかったり、身近に聞ける人がいないとなかなかわからないもの。自身...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
10月11日に東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が丸ノ内線の新型車両「2000系」をお披露目しました。
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
30代の私だけど、今だに“大人の基準”が良くわからない。年齢的にはずっと前に成人しているものの、心の中にはいつもどこか「幼さ」が残っているような気がするん...
パナマにはなんと12歳のタトゥーアーティストがいる。名前はEzrah Dormon君。母親と外出した時にタトゥースタジオへ行った時の事がきっかけだったとい...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
何かと疲れる、年末年始。ちょっとささくれだった気持ちになりやすいけど、そんなときはちょっと立ち止まって漫画に触れてみるのはいかがでしょう。ニューヨークを拠...
8歳の少女が世界を見つめる姿を撮り続けるのはフォトグラファーである父。しかし写真は娘のためではなく、自分のためだそう。彼の不安や憂鬱は、清廉で特別にも見え...
日常の何気ない出来事をアニメや漫画のワンシーンのように作り上げるOscar Roguezの“ひとコマ漫画風”の写真。ちょっとお疲れのときでも、眺めていると...
「私たちが届けたクレヨンで子どもたちが遊び、10分だけでも病院の中にいることを忘れられたら。このプロジェクトは成功だと思うね」ーThe Crayon In...
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたウェブサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
『湘南爆走族』は、吉田聡よる暴走族を題材にした不良漫画だ。この漫画を読んで、俺はバイク乗りになった。
子どもの頃はわからなかった、大人の世界。いつの間にかそっちのほうが当たり前になり、大人ならではの悩みに共感するようになってくるものです。UKを拠点に活動し...
どんな親も、子どもの幸せを願うもの。そのために教えておくべきことは何でしょう。責任を持つこと?何事にも一生懸命になること?「Inc.」のJeff Hade...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
『えがないえほん』は、正真正銘の歴史的大ヒット作。世界中の子ども達が“絶対に大爆笑する”と謳われ、つい最近日本にも上陸したけれど、そこには他国と変わらず大...