廃棄されるお米と野菜で作った「おやさいクレヨン」

緑色ではなく、ピーマン。黄色ではなく、とうもろこし。ちょっと変わったカラー表記のクレヨンが話題です!

楽しめるのは
“誰も知らなかった色”

season4_main_R

その正体は、mizuiro株式会社が生み出した「おやさいクレヨン」。国産のお米と野菜を原料とする、なんとも珍しい商品です。

主成分のワックスとして使用されるのは、米ぬかを生成する際に排出されるライスワックス、つまり「お米の油」。野菜の色を補うための顔料は、食品の着色に使用されるものと同成分なので、安全性にもしっかりと配慮されています。

img_vegetabo_3020_2000_03_R

「食べられるけれど、規格外で廃棄されるもの」や「出荷時にカットされる部分」をできる限り使用して製造。安全性だけでなく、環境にだってやさしい側面も。

01_trim_pepper_R02_trim_broccori_R03_trim_taro_R06_trim_tomato_R10_trim_coffee_R

自動化された機械では製造が難しい素材のため、職人が一つひとつ半手動生成機で手作りします。本物の野菜粉末が入っているため、描き心地は少しだけザラザラしているのだとか。

season4_submain_R現在は、シリーズ第4弾となる「おやさいクレヨン Season4」が発売中。新色の「ピーマン」「ブロッコリー」「さといも」「トマト」「コーヒー」を含む全10色入りで価格は2,000円(税別)です。万が一、口に入れてしまっても安全な素材のみで作られているので、安心して子どもにお絵かきを楽しませてあげられますね!

Licensed material used with permission by mizuiro株式会社

「私たちが届けたクレヨンで子どもたちが遊び、10分だけでも病院の中にいることを忘れられたら。このプロジェクトは成功だと思うね」ーThe Crayon In...
コクヨが秘密裏に開発したという自慢のクレヨンーーなんと水彩画のような透明感があり、下絵をかき消すことなく色が塗れるのだとか。もちろん鮮明な色使いが可能です...
こんなふうに何かを「いつくしめる」人になりたいな。
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
マリ共和国特産のゴマを、はちみつとバターで加熱して冷やし固めたシンプルなお菓子の紹介です。
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例です...
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
やはり「お米」がうまく炊けるかどうかで、その日の食事のおいしさが決まるといっても過言ではありません。おいしいごはんを炊くうえで重要なのは、下準備である「米...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
最近話題のグルテンフリー。アレルギーがなくても、体質改善のために小麦粉を控えている方も多いよう。自宅にホームベーカリーやオーブンがなくても、フライパンです...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...