色合いがやさしい!廃棄予定の野菜や食材を染料にしたサステイナブルファッション

廃棄予定の野菜や食材を染料として再活用するプロジェクト「FOOD TEXTILE(フードテキスタイル)」とアパレルブランド「Lily Brown(リリー ブラウン)」のコラボ商品が発表された。

ラインナップはややゆったりとしたサイズ感のシャツ、リラックス感がありながらサイドスリットですっきりとしたシルエットのビッグTシャツ、ウエストのサイドボタンがヴィンテージライクな印象のワイドパンツの3アイテム。

カラーは、カフェで提供するエスプレッソコーヒーの出涸らしを再利用して染められた「ブラウン」や規格外品のブルーマロウで染められた「ラベンダー」、そしてエキナセアの「オフホワイト」の3色の展開。90%以上の天然染料により染められたFOOD TEXTILEの優しい色合いはそのままに、Lily Brownらしく細部のデザインにまでこだわったプロダクトとなっている。

Lily Brown直営店舗とウサギオンライン、オフィシャルWEBショップにて1月中旬から順次販売を予定している。

ビッグTシャツ【オフホワイト/ラベンダー/ブラウン】8140円(税込)

シャツ【オフホワイト/ブラウン】1万7600円(税込)

ワイドパンツ【オフホワイト/ブラウン】1万8700円(税込)

Licensed material used with permission by 豊島株式会社
Top image: © 豊島株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
『FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。エプロンやカバンの色をつくっているの...
食品残渣(ざんさ)とは、食品の製造過程に出る副産物や廃棄物のこと。日本は食料自給率が低いと言われる一方で、食品残渣が多いこともたびたび話題にあがる。そこで...
野菜などのパッケージでありながら、そのまま食べることもできる「SCOBY」。口にしても害がないだけなので、オススメはされていませんが……。とにもかくにも、...
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...