旅好きの親に、言いたいことがある!子どもから「11のお願い」

彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。

そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知っておいてほしいことを「Matador Network」に執筆しました。ちょっと上から目線のところも含めてキュートな文章ですが、親の行動が子どもの目線からどう見えているのか、きっと参考になるはず。

01.
誰もが動物園とか博物館が
好きだと思わないで

97e7f4a5c8bdc7adcd07de519a7048d4f5a86cb7

最初に動物園に行ったときは確かに楽しかったけど、旅行に出かけるたびに何度も行っていたら子どもだって飽きるよ。美術館や博物館だってつまらない。

だいたい、せっかく旅に出かけるんだから、その土地で人がどんな暮らしをしているか体験するほうがずっと楽しいよ。大人だってそうなんだから、子どもだって同じだよ。

02.
遊んでばかりじゃなくて
休憩もしたい

次はあっち、今度はこっち、って連れ回されると、けっこう疲れちゃう。あんまり遅くまで遊んだり、すごく早いフライトに乗ったり。体力のある大人ならともかく、子どもには大変なこと。

たくさん観光したいっていうのもわかるけど、せめて眠ったり、テレビを見たり、ゲームをしたりする休憩時間も作ってほしいな。

03.
あんまり甘いものを
与えすぎないで

33c64fc62f5764a6a469e3d1089fe5644655a29d

機嫌が悪くなったとき、すぐ甘いものでどうにかしようとするのはやめてほしい。安易にお菓子で釣らないで、親としてちゃんと考えてほしいな。

血糖値が急激に上がると、ハイになっちゃう。それで暴れ出しても、子どもの責任じゃないと思うんだ。

04.
テクノロジーにも
触れていたい

iPadとか3DSとか、そういうものを親は取り上げがちだけど、テクノロジーは旅を楽しくする上で必要不可欠なもの。

外で何かの列に並んでいるときとか、夜ホテルで何もすることがないときとか、そういうときにジッとしているのは、子どもにとっては難しいことなんだ。子どもにも自分の世界が必要なんだよ。

05.
迷子になったときの
対策をしてほしい

全然知らない国で迷子になるのは、すごくリスクが高いことだよ。だからきちんと対策しておいてほしい。僕が小さい頃は、伸びる紐がついたブレスレットで、お母さんと繋がっていた。これなら混雑した場所でも迷子にならないから、とっても安心。

あと、3つの緊急連絡先とパスポート番号が書かれたブレスレットも身につけていたし、お互いはぐれたらホテルに電話するようにして、ホテルを通じて連絡を取れるようにしていたよ。

何かあってからじゃ遅いんだ。事前の準備が大切なんだ。

06.
変わったものばかり
食べさせないで

旅行先で何を食べるかは、大事なこと。大人にとってもそうだろうけど、子どもにとってはなおさらだよ。

その土地じゃないと食べられないものに触れるのは楽しいことだけど、慣れないものばっかりだと疲れちゃう。たまにはいつも食べてるファストフードで、ちょっと休憩させてほしい。子どもには子どもの味覚があるからね。

07.
あんまり長く歩くのは
想像以上に大変

229af587ccdc602494eebfc668d1e11382de345a

言っておくけど、そもそも子どもは基本的に長い時間歩くのが好きじゃないよ。大人に比べたら体も小さいし、疲れやすいんだ。眺めがいいからってほとんどロッククライミングみたいな登山をしなければいけないなんて、信じられないことだよ。

18歳くらいになって十分体が大きくなったらそういうのもいいかもしれないけれど、成長にあった行程を心がけてほしいな。

08.
その国のルールは
教えておくべき

世界にはいろいろな国があって、それぞれの文化がある。いいとされていること、悪いとされていることが違うんだ。

たとえばモンゴルでは、食後にげっぷをするのはむしろ行儀がいいこと。アメリカでは右手を使ってナイフで食べ物を切った後、ナイフを置いてフォークに持ち替えてもいいけれど、オーストラリアではずっとナイフが右手、フォークが左手じゃないといけない。

そういうことを教わってないのに、いきなり「ダメ」って言われても困っちゃうよ。

09.
「子どもの番」も
作ってほしい

70ede91b52bff78be76b108a2ad15223cacd80d4

お母さんと僕が作ったルールがある。新しい街に着いたら、最初の1日目は「僕の日」、2日目は「お母さんの日」にするっていうのがあるんだ。そうすれば、お互いにやりたいことができるからね。

あとは夜、お母さんが出かけて大人の時間を過ごしている間、僕はホテルでゆっくり休みながらゲームをしたりすることもある。これもウィンウィンだ。

10.
観光ツアーは
好きじゃない

大人数で決められたコースを巡る観光ツアーは、子どもにとってはあんまり楽しいものじゃない。だってせっかく旅行をしているのに、自分がやりたいことが全然できないから。

前に、友だちと一緒に旅行へ行ったとき、おもちゃ博物館にちょっとホラーな展示があったんだ。友だちは楽しんでいたけど、友だちの妹は怖がって大変だった。子どもっていっても、好きなものや苦手なものはそれぞれ違うし、行き先は子どもと相談して決めてあげてほしい。

11.
親も楽しんで!

F5ae160e404b1b2599d1a7dc497c826e0e3e4e7d

まぁ僕たちみたいな子どもの面倒を見るのも大変だろうけどさ、時には童心にかえってはしゃいでいる親を見るのも、僕たちとしても嬉しいものなんだ。

でも、あんまり羽目を外しすぎて、僕らに恥をかかせないでね!

Licensed material used with permission by Ruth Johnston
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」の人気イベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
毎日がまるでサーカスの一幕みたいな、赤ちゃんや小さい子どものいる家庭。パパもママもてんやわんやの大忙しのことでしょう。ここに紹介する写真もそんな場面の数々...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
子どもを育てるうえで周囲の理解が得られず嫌な思いをした人はたくさんいるはずだ。ADHDの子どもを持つある母親も同じ。駄々をこね癇癪を起こす子どもを連れてま...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
「愛する子どものために、いつだって素敵なママでいたい」。そうは思っていても、忙しい日々の中ではイライラしてしまうこと、ついつい声を荒げてしまうことってあり...
一児の父である33歳のJonathan Juiさんが描くのは、1歳と約10ヶ月の息子のMiloくん(愛称Baobao)の“成長マンガ”。彼が記録するのは、...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
「妊娠しているときから、もっと夫にも子どもに興味を持ってほしい」。そうは思っても、実際にお腹に赤ちゃんを抱えていないパパにとっては、ママの大変さや気持ちを...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...