ママ歓喜!子どもが「片付けを嫌がらない」魔法のバッグ

どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました。まずはこちらの画像を見てください。

小さな男の子が、せっせとオモチャの線路をつないでいます。電車、陸橋、ブロック、積み木…。必要なものはたくさん。あっちこっちにレールを延ばしていたら、突然ママの呼ぶ声。「片付けなさーい」。

この後片付けがどうしてもうまくいかない子どもたち。いつまでもノロノロしてたり、キレイにしたつもりでいても、オモチャが残っていたり。ところが、ノルウェーのブランド「KAOS」がデザインしたバッグ「SAMLESAK」は一味違います。

「遊び場」に早変わり!
プレイマット兼用バッグ

ジャーン!小さな男の子が遊んでいたのは、口を広げたこのバッグの中だったんです。キャンバス地のバッグを風呂敷のように開くと、直径120センチのプレイマットに早変わり。これがSAMLESAKが魔法のバッグたるゆえんです。

もう一度見てみましょう。

どんなに散らかしても…

キュッと絞るだけ!

ご覧のとおり、口紐をギュッと引っ張っるだけで、中身がぎゅぎゅっと集まってちゃんとバッグになるデザイン。これなら後片付けが苦手な小さい子でも楽々。ママの手を煩わせることがありません。最後にショルダーのストラップをカチッとはめれば、片付け完了!バッグのできあがりです。

その他にも機能はたくさん。じゃぶじゃぶ洗えるキャンバス地ですから、少しくらい汚れたってOK。

3色展開で価格は約8,300円。マザーズバッグとしても使えるし、あかちゃんのオムツ替えのときに間違いなく重宝するはず。その他詳しい情報はコチラからチェックして見てね。

Licensed material used with permission by KAOS
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
ニューヨークを拠点に活動する現代アーティスト、トム・サックスとスポーツブランドのナイキがコラボしたレインポンチョ。ウエストバッグに収納されたポンチョは、コ...
ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。
「CHROME」が、あらためて都市型バッグのあり方を追求し、新作コレクションとして「MAZER COLLECTION」を発表。9月6日より「CHROME ...
「FREITAG」がオーナー同士によるバッグの交換を促進するためのプラットフォーム「S.W.A.P.(Shopping Without Any Payme...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
渋谷区西原にあるハイパー銭湯BathHaus(バスハウス)が発売している“銭湯に行く時用のバッグ”。
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
カラフルなアフリカンプリントをあしらった「RICCI EVERYDAY」のバッグや小物は、Nsubrua(水の波紋)をあしらっていて、街の雑多感の中でも、...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!