ママ歓喜!子どもが「片付けを嫌がらない」魔法のバッグ

どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました。まずはこちらの画像を見てください。

小さな男の子が、せっせとオモチャの線路をつないでいます。電車、陸橋、ブロック、積み木…。必要なものはたくさん。あっちこっちにレールを延ばしていたら、突然ママの呼ぶ声。「片付けなさーい」。

この後片付けがどうしてもうまくいかない子どもたち。いつまでもノロノロしてたり、キレイにしたつもりでいても、オモチャが残っていたり。ところが、ノルウェーのブランド「KAOS」がデザインしたバッグ「SAMLESAK」は一味違います。

「遊び場」に早変わり!
プレイマット兼用バッグ

ジャーン!小さな男の子が遊んでいたのは、口を広げたこのバッグの中だったんです。キャンバス地のバッグを風呂敷のように開くと、直径120センチのプレイマットに早変わり。これがSAMLESAKが魔法のバッグたるゆえんです。

もう一度見てみましょう。

どんなに散らかしても…

キュッと絞るだけ!

ご覧のとおり、口紐をギュッと引っ張っるだけで、中身がぎゅぎゅっと集まってちゃんとバッグになるデザイン。これなら後片付けが苦手な小さい子でも楽々。ママの手を煩わせることがありません。最後にショルダーのストラップをカチッとはめれば、片付け完了!バッグのできあがりです。

その他にも機能はたくさん。じゃぶじゃぶ洗えるキャンバス地ですから、少しくらい汚れたってOK。

3色展開で価格は約8,300円。マザーズバッグとしても使えるし、あかちゃんのオムツ替えのときに間違いなく重宝するはず。その他詳しい情報はコチラからチェックして見てね。

Licensed material used with permission by KAOS
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
カラフルなアフリカンプリントをあしらった「RICCI EVERYDAY」のバッグや小物は、Nsubrua(水の波紋)をあしらっていて、街の雑多感の中でも、...
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
自分は結構荷物が多いようですが、「Clipa2」の耐荷重はナント15kg。これなら安心です。
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
「7ven」はオーストラリア、メルボルンの〈ALPAKA(アルパカ)〉のメッセンジャーバッグ。最大の特徴はポケットの多さ。ディティールを語りだすと止まらな...
〈SPEEDO(スピード)〉と〈NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)〉がコラボした「ウォータープルーフポーチ」が便利です。本来の用途は水着...
気候もよくなってきて、気分はお出かけモードの人も多いのでは?そんな時、荷物がゆったりたっぷり入る大きめのバッグがあれば、ガイドブックや羽織モノに飲み物……...
サンドイッチやスナックを持ち歩く時、お弁当箱だとかさばる。でもラップやビニールバックだと心もとないし、なにより可愛くない。だったら「見せたくなる透明バッグ...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
本場アメリカだけでなく日本でも人気のブルーボトルコーヒー。11月12日から、彼らがホリデーギフトコレクションとして売り出す「ラッピング バッグ」の紹介です。
「WOLVERINE PACK」と名づけられたこのナイロンバッグ。何といっても注目すべきポイントは、素材だろう。Regenerative FuseFabr...