コートジボワールの子どもに光を届けるスクールバッグ

アフリカ・コートジボワールの子ども達は、日本では使っているのを見ない画期的なスクールアイテムを持っています。

光るスクールバッグです。

これ、バッグに反射シールが貼ってあるなどという類の話ではありません。仕掛けはシンプルで、ソーラーパネルが付いたもの。子ども達の背で太陽に照らされ、発電もします。

同国の最大都市、アビジャンを北に約100キロいった場所にある村の子どもたちに配布されたのがこのスクールバッグ。理由は、この村には電気が通っていないから。彼らには、家で勉強をしたくてもできなかったという事情がありました。

2018年の時点で既に5万5000個を売り上げており、コートジボワールだけでなく、電気不足に苦しむマダガスカルなどの国やNPOも購入しています。

たかがスクールバッグ、されどスクールバッグ。多くの子ども達の笑顔に繋がる、心温まるアイテムです。

©2018 Yiwo Zone
Reference: Africanews
Top image: © 2018 Yiwo Zone
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
「Afternoon Tea LIVING」は、未使用のまま廃棄されてしまうエアバッグを再生利用したエコバッグを公式オンラインショップにて数量限定で発売。
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
3月19日、「Facebook」は「子ども版Instagram」を開発中と発表。2021年4月現在、Instagramは13歳未満の利用を禁止しているため...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
子どもたちの「人助けをしたい」という願いを叶え、さらには行動力や実践力を身につけさせる米アトランタの非営利団体「Kids Boost」が注目を集めている。
クリスマスに子どもたちに本を届けるプロジェクト『ブックサンタ2020』が、本を寄付してくれるサンタさんを募集中!
7月23日、アメリカ・ペンシルベニア州のピッツバーグ国際空港に、自閉症や神経系の疾患を抱える子どもたちのためのセンサリールーム「Presley’s Pla...
ユニセフから今月3日に発表された「レポートカード」シリーズの最新報告書で、日本の子どもの幸福度の総合順位は、38か国中20位だった。
病気や障害のある子どもや家族が、治療に前向きになれるグッズなどを取り扱う日本初のECショッピングモール「チャーミングケアモール」がプレオープン。本格的なス...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
「National Geographic(ナショナル・ジオグラフィック)」が外出自粛中の家族を救うため、オンラインサービス「NATGEO@HOME」を無料...
「スカンジナビア航空」が展開中の太っ腹プロモーション。23ヵ月の幼児から11歳までの子どもの基本運賃(税金などを抜く)が無料というもの。航空券の申し込み期...
飛行機で長時間眠れない子どものために開発された「Fly Tot」。ふかふかのクッションですが、背もたれに使うわけでも、抱いて使うわけでもありません。
飛行機で長時間眠れない子どものために開発された「Fly Tot」。ふかふかのクッションですが、背もたれに使うわけでも、抱いて使うわけでもありません。
親が出稼ぎで海外へ行ってしまい、離れ離れになった寂しさなどから精神的に苦しむ子どもが35万人もいるといわれるルーマニア。そんな国から生まれたアプリがありま...
アメリカ・メリーランド州に住む男性は、サンタクロースに扮して子どもたちに電話をかける活動を実行中。現在は問い合わせが殺到するほどの大好評となっているらしい。
2019年10月、ルワンダで史上初となる「完全アフリカ製」のスマホ「Mara Phone」がリリース。
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
12月14日、豊島区の子どもたち(未就学~小学校中学年)を対象とした「池袋デジタル寺子屋2019」が開催。
学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
「NINJAWORKS」が手がける“教育”に関するプロジェクト「GIFT」が話題となっている。クラウドファンディングで公開早々に目標額を達成し、次なるフェ...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。