荷台にも装着できる新世代メッセンジャーバッグ「MOKK」が便利

自転車に乗るために開発された便利なギア、メッセンジャーバッグ

でも、その多くがワンショルダーであることから、こぐたびに荷物が揺られて安定感がなかったり、長時間の使用では肩がこったり、体に密着する構造から、これからの季節は汗が気になったり......。

そんな悩みを解消してくれる便利なバッグ「MOKK(モック)」「Makuake」に登場。

このバッグ、背面のジッパーを開くとフックが現れ、自転車の荷台に取り付けることが可能となっている。

メッセンジャーパニアバッグ MOKK 自転車に装着する方法
©Makuake
MOKK 自転車装着イメージ
©Makuake

これなら、バッグを背負って自転車を運転するときによくあるイライラが解消されそう。

また、自転車のハンドル部分に装着することもできるので、シーンに応じて使い分けるとより便利だろう。

メッセンジャーパニアバッグ MOKK 肩掛け使用
©Makuake
メッセンジャーパニアバッグ MOKK ハンドルに装着したイメージ
©Makuake

ほかにも、あると嬉しい機能(防水、マルチポケット、反射加工など)の搭載や、33本のペットボトルから生まれたリサイクル素材を使用したサステイナブルな製品であることなど、このバッグを選びたくなる要素は満載。

時代のニーズに合った移動手段として、自転車が再注目される今だからこそ試してみたい便利なバッグの詳細はコチラ

メッセンジャーパニアバッグ MOKK 素材イメージ
©Makuake
メッセンジャーパニアバッグ MOKK 反射イメージ
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事