マリファナにまとわりつく黒人差別の実態。

2016年11月の住民投票で、嗜好用マリファナの合法化が認められたカリフォルニア。すでに、今年の1月1日から栽培や販売、使用が解禁されています。

この動きを受けて、サンフランシスコの地方検事局は、1975年まで遡ってマリファナに関する犯罪歴を抹消する方針を明らかにしました。

George Gascón地方検事は、このような意見を発表しています。

「連邦レベルではドラッグ政策が後退しています。またしてもサンフランシスコは率先して、この国が失敗した麻薬戦争が国民に、とくに有色人種の人たちに与えてしまった損害を修復します

人種差別がある、とでも言いたいような彼の発言。いったい、どういう意味なのでしょうか。

偏見によって
逮捕される「有色人種」

去る1月22日に「Drug Policy Alliance」は、人種別のマリファナ使用率や売上高には大差がないにもかかわらず、白人よりもアフリカ系やラテン系の方が検挙される確率が高い、という調査結果を明らかにしました。ちなみに、これはマリファナの栽培や販売が認められた州での話。

非営利組織「Sentencing Project」は、合法化の動きが活発ではなかった2010年では、アフリカ系は白人に比べ、3.7倍も逮捕されていたというデータを公開しています。

これをアメリカでは、<Racial Disparities>と表現しています。日本では、人種間格差と訳されるでしょう。

使用率などが同じくらいならば、検挙率の数字も似たようなものになるはず…。だけど、異なる結果を示すデータを知ると、“偏見”が関わっているのが予測できます。

だから、George Gascón地方検事は「有色人種の人たちに与えてしまった損害」と表現したようです。また、彼は犯罪歴があると、仕事を見つけづらい、または住宅ローンが組みにくい、という二次災害のような例も紹介しています。

サンフランシスコの政策には多くの人が、「バイアスのかかった逮捕が横行していたなら、犯罪歴を消去するべきだ」と考え、賛成しています。対して、「当時は違法だったのだから、ルールを破った事実は変わらない」と否定する人も。

どちらにせよ、この大きな方向転換に影響を受ける人は、今までよりも暮らしやすくなりそうです。


揺れる人種差別問題。

「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
メイン州にあるシーフードレストラン「Charlotte’s Legendary Lobster Pound」は、ロブスターを茹でる前にマリファナを吸わせる...
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
大麻に関わる情報を地図を元に提供する「Weedmaps」、大麻版アマゾン「Leafy」、大麻ビジネス版セールスフォース「Baker」、大麻版UberEAT...
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
米国のマサチューセッツ州でマリファナ入りのピザが登場した。2017年7月現在、米国でマリファナが合法化されていのは首都ワシントンD.C.及び、28州にも上...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
差別に関してはアメリカで最も厳しい州のひとつ、カリフォルニア。現在、自然な髪型に対する差別行為を法律で禁止にしようとしています。 例えば、アフリカ系アメ...
電車内のマナーを見直すように呼びかけるために「ラップ」を披露した、サンフランシスコとロサンゼルスの交通機関の公式Twitterアカウント。これがアメリカの...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
ミレニアル世代から人気を集めているデートアプリ「Tinder」。その料金制度が年齢差別的であるとして訴えられました。そして、裁判所はジョークを交えつつ、「...