日本一小さな村だからできる「僕」たちの公園改革

「市議会は、17時からだよ」

ドイツの環境先進都市・フライブルクで、案内役のロバートが教えてくれた。ここは、地方の街づくり政策のモデルとして、世界的に有名な街。市議会は、市民が議会に参加しやすいように、夕方に開会するらしい。「街のことは、住んでいる自分たちで考えよう」。こういった市民参加の考え方が、住みやすく楽しい街づくりを支えているのだと聞いた。

日本にも、そんな街…いや村があるようだ。
公園づくりは、「ぼく」たちがやる。日本で一番面積の小さな村で、小さな住民たちが、公園改革というでっかい仕事に燃えている。

何もない広場を
ここにしかない公園へ

富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今この村の子どもたちは、新しい公園づくりで大忙しだ。

今は何もない広場を、日本一楽しいと自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに来た人が、いつの間にか仲良しになれるような公園づくりをしよう。これらをコンセプトにした「船橋村 園むすびプロジェクト」に、7人の子どもたちと造園屋さんが中心となって立ち上がった。

遊び場を
自分たちで考える

水遊びがしたい!

思い切り、泥で遊びたい!

公園に行っても人がいないから、寂しい!

自分たちファースト。

改革のアイデアを出すのは「子ども公園部長」と名付けられた子どもたち。ここでしかできない遊びや遊具、ルールづくりに頭をひねる。遊び場を今よりも楽しい場所にするため、遊ぶ側の目線から提案する。

そして、それをサポートするのは、地元の造園屋さん。何もないただの広場を、日本一楽しい公園にするため、提案されたアイデアを形にしていく。

部長たちが、はじめにつくりたいのは、水遊び場。特徴は、自分ではない誰かが水をくみ上げて流してくれないと、遊ぶことができないところ。公園に遊びに来た人たち同士が一緒に遊ぶことができる…いや、むしろ一緒に遊ばないと楽しむことができない遊具なのだ。地域住民同士の「縁」を結ぶ「園」づくりプロジェクトには、そういった想いも込められている。

完成予定は2018年春。部長たちの仕事も、いよいよ大詰めにきている。

地方消滅といわれ、人口減少や少子高齢化など、数々の問題を抱える地方都市。そんな中、船橋村は人口約3,000人と少ないものの、平成元年から人口は倍増している。そして、2015年の国勢調査では県内で唯一、前回の調査から人口が増えた自治体だった。

日本一小さな村だからこそできる地域づくりは、住みたいと思える村をつくっているのだ。

小さな住民たちの、日本一楽しい公園づくり。「園むすびプロジェクト」は、現在CAMPFIREでクラウドファンディングに挑戦中。

Licensed material used with permission by CAMPFIRE
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
地域の特性を活かしたコンセプトストアを各地に展開するスターバックス。そのひとつ富山環水公園店は、「世界一美しい」と賞賛されるスタバなんだそう。どれどれ、I...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
「北海道=大自然」と言われて反対する人はいないと思いますが、そんな広大な土地を生かした「国立公園」の存在については、意外と知らない人も多いのではないでしょ...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
緑に覆われた建物が並ぶ、山中の景色。ここは中国は浙江省、舟山群島にある、後頭湾(ホウトウワン)村。
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
長野県阿智村。そこは環境省認定の「日本でいちばん星が輝いて見える場所」。東京での生活に疲れた同じシェアハウスに暮らす私たち3人は、この星空の下で、自分たち...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
鹿児島県にある神話の里の敷地内にある「道の駅 霧島」を紹介します。ご当地グルメを味わう、お土産を買うといった「道の駅」の魅力はもちろん、標高690mの立地...
街中に忽然と現れる、巨大な白い布。よく見ると、すべてハンモックになっています。これは、ドバイのとあるエリアで見られる光景。この街が抱える問題を解決するため...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
富山でラーメンといえば、富山ブラック。醤油ベースの濃い味は、白米と共にいただくための心意気。ある意味これもご飯のお供ですが、歴史も黒色も深い「黒作り」を紹...