日本一小さな村だからできる「僕」たちの公園改革

「市議会は、17時からだよ」

ドイツの環境先進都市・フライブルクで、案内役のロバートが教えてくれた。ここは、地方の街づくり政策のモデルとして、世界的に有名な街。市議会は、市民が議会に参加しやすいように、夕方に開会するらしい。「街のことは、住んでいる自分たちで考えよう」。こういった市民参加の考え方が、住みやすく楽しい街づくりを支えているのだと聞いた。

日本にも、そんな街…いや村があるようだ。
公園づくりは、「ぼく」たちがやる。日本で一番面積の小さな村で、小さな住民たちが、公園改革というでっかい仕事に燃えている。

何もない広場を
ここにしかない公園へ

Fdf9a1893c2770b5c9773b52d18cda41d242d14d

富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今この村の子どもたちは、新しい公園づくりで大忙しだ。

今は何もない広場を、日本一楽しいと自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに来た人が、いつの間にか仲良しになれるような公園づくりをしよう。これらをコンセプトにした「船橋村 園むすびプロジェクト」に、7人の子どもたちと造園屋さんが中心となって立ち上がった。

遊び場を
自分たちで考える

82e2f09bf055c84ea6c18691fa2e57133745c71e

水遊びがしたい!

思い切り、泥で遊びたい!

公園に行っても人がいないから、寂しい!

自分たちファースト。

改革のアイデアを出すのは「子ども公園部長」と名付けられた子どもたち。ここでしかできない遊びや遊具、ルールづくりに頭をひねる。遊び場を今よりも楽しい場所にするため、遊ぶ側の目線から提案する。

そして、それをサポートするのは、地元の造園屋さん。何もないただの広場を、日本一楽しい公園にするため、提案されたアイデアを形にしていく。

部長たちが、はじめにつくりたいのは、水遊び場。特徴は、自分ではない誰かが水をくみ上げて流してくれないと、遊ぶことができないところ。公園に遊びに来た人たち同士が一緒に遊ぶことができる…いや、むしろ一緒に遊ばないと楽しむことができない遊具なのだ。地域住民同士の「縁」を結ぶ「園」づくりプロジェクトには、そういった想いも込められている。

完成予定は2018年春。部長たちの仕事も、いよいよ大詰めにきている。

Bfc4f23339944c6d0dd676808b88e3031a3c74fbBe0a518a4d5fa8bad080385fd8fc9344e5bd44a62df1e829117e06243fc9dfa454ec57187d276d23

地方消滅といわれ、人口減少や少子高齢化など、数々の問題を抱える地方都市。そんな中、船橋村は人口約3,000人と少ないものの、平成元年から人口は倍増している。そして、2015年の国勢調査では県内で唯一、前回の調査から人口が増えた自治体だった。

日本一小さな村だからこそできる地域づくりは、住みたいと思える村をつくっているのだ。

小さな住民たちの、日本一楽しい公園づくり。「園むすびプロジェクト」は、現在CAMPFIREでクラウドファンディングに挑戦中。

Licensed material used with permission by CAMPFIRE
地域の特性を活かしたコンセプトストアを各地に展開するスターバックス。そのひとつ富山環水公園店は、「世界一美しい」と賞賛されるスタバなんだそう。どれどれ、I...
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
緑に覆われた建物が並ぶ、山中の景色。ここは中国は浙江省、舟山群島にある、後頭湾(ホウトウワン)村。
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
長野県阿智村。そこは環境省認定の「日本でいちばん星が輝いて見える場所」。東京での生活に疲れた同じシェアハウスに暮らす私たち3人は、この星空の下で、自分たち...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
街中に忽然と現れる、巨大な白い布。よく見ると、すべてハンモックになっています。これは、ドバイのとあるエリアで見られる光景。この街が抱える問題を解決するため...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
鹿児島県にある神話の里の敷地内にある「道の駅 霧島」を紹介します。ご当地グルメを味わう、お土産を買うといった「道の駅」の魅力はもちろん、標高690mの立地...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった癒しの場所があります。沖縄県北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たど...
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。
スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”た...
富山でラーメンといえば、富山ブラック。醤油ベースの濃い味は、白米と共にいただくための心意気。ある意味これもご飯のお供ですが、歴史も黒色も深い「黒作り」を紹...
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...