怖いけど快感。「養老天命反転地」って?

アートってよくわからなくて難しい…と、頭で考えるよりも五感をフルに働かせて感じる。

体験型の巨大なアート作品が、岐阜県養老郡にあります。

失われる平衡感覚
奇想天外なアートを「体験」

6527589342511104

「楕円形のフィールド」と、「極限で似るものの家」と名付けられた2つのメインパビリオンで構成される「養老天命反転地」。作品のなかへ一歩足を踏み入れると、わたしたちの平衡感覚はおもしろいほどに揺さぶられます。

養老山脈をバックにすり鉢状に広がるのが「楕円形のフィールド」です。まっすぐ歩くことさえままならないのは、すべてが傾斜でできていて、「垂直」「平行」がほぼ排除されているから。

「あたりまえの身体感覚が失われたとき、わたしたちは世界をどう知覚するのか?」

作者である現代美術家・荒川修作氏と、パートナーである詩人マドリン・ギンズ氏からの問い。

自分の存在までをも疑わせる
「意外性」との遭遇

4755999621644288

「意外性との遭遇で固定概念を覆す」という作品のテーマがわかりやすく体験できるのが、もうひとつのメインパビリオン「極限で似るものの家」です。

屋根は岐阜県の形、地面には岐阜県と隣接県の地図が描かれたこの建物。

外観だけでなく、中に入ると「意外性」が不意にわたしたちを襲ってきます。

5412939968282624

迷路のように入り組んだ暗い家の中には、コンロやソファ、家具、机など様々な家具が散りばめられています。

壁を貫通するように配置されたものや、逆さに置かれたものも。

これらのものは、あるべきはずの場所、あるべきはずの姿、というわたしたちの世界に対する固定概念を、見事なまでに覆すのです。

6002543549218816

さらに上を見上げると、天井にも家具が “置かれて” います! 地上と天井が双子構造になっているのです。一見、鏡の世界が広がっているように感じますが、そこに映っていないのは自分だけ。

「自分がいまここに存在していること自体を疑う」

そんな感覚に陥ります。

作者も予想しなかった
「新しい」楽しみ方

今「養老天命反転地」は、これまでになかった新しい視点で話題を呼んでいます。それが、写真を使ったトリックアートのような楽しみ方。

6597420544688128

傾斜を利用して重力に逆らってみたり。

4727666661916672

双子構造を利用して、ちょっと不思議な世界観をつくりだしてみたり。

5853566568759296

24色の色鮮やかな「養老天命反転地記念館」は、どこを切り取っても絵になります。

「近年のSNSやメディアによる紹介の反響は、とても大きい。20年以上前になる1995年の開館当初にはなかった楽しみ方で、作者の荒川修作とマドリン・ギンズも予想もしなかった広がりに喜んでいるのではないでしょうか」

と職員さん。

怖いけど、快感

6042842153615360

誰もが産まれた時点で死に向かうという「天命(宿命)」を「反転(覆す)」ことを使命として活動し続けてきた、荒川氏とギンズ氏の30年間に渡る研究の集大成である「死なないため」のテーマパーク。

“わかりにくさ” を “わかりやすく” 体験することができる感覚は、現実を疑うというある種の恐怖である一方、快感にも感じられます。

SNS映えだけではない、哲学的で、奇想天外な世界を、大人のみなさんこそ体験してみてはいかがでしょうか?

養老天命反転地

住所:岐阜県養老郡養老町高林1298-2
営業時間:午前9時~午後5時(入場は4時30分まで)
休園日:月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12/29~1/3)
入場料:一般/750円 高校生/500円 小・中学生/300円

© 1997 Estate of Madeline Gins.  Reproduced with permission of the Estate of Madeline Gins.
岐阜県岐阜市に2015年に開館した「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、岐阜市立中央図書館を中心に多目的ホールなどが入った複合施設です。設計を手がけたの...
江戸日本橋を起点とし、四十三番目の宿場町となる「馬籠宿」。そこには石畳の街道の両脇に江戸の面影を残す集落が広がっています。さらに見る、食べる、泊まる、そし...
JR中央線の武蔵境駅からバスで10分ほどの郊外に突如として現れる、色鮮やかな円筒と球体・立方体を組み合わせたアーティスティックな建築物。一見するとテーマパ...
日本最大のモザイクタイルの生産地として盛り上がりを見せる、岐阜県多治見市笠原町。ここで『幸せなお家』と呼ばれる建物再生プロジェクトが始まった。
繊維の街として栄えた岐阜県岐阜市。その中心にはかつて全国各地から買い物客が訪れた柳ケ瀬商店街があります。バブルの時期は日本有数の賑わいを誇り、毎日がお祭り...
岐阜県の南に位置する、各務原市。「かかみがはら」とも「かかみはら」とも「かがみがはら」とも呼ばれる、正式名称すら曖昧な街に、昨年秋、新しい風を吹き起こすカ...
岐阜県関市の山あいに、カメラ愛好家が注目する“幻の池”があります。わざわざ、遠方からこの地に足を運ぶ観光客が後を絶たない人気の秘密は、根道神社境内の前に広...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
大仏といえば、「奈良の東大寺」と「鎌倉の高徳院」が、言わずと知れた有名どころ。それに続く、日本三大仏に名乗りをあげているのが「岐阜大仏」。…それにも関わら...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
白州町のミネラルウォーターを寒天で固めた水菓子が「水信玄餅」。製造元は、山梨県北杜市白州町に本店を構える金精軒。限界を遥かに超えた水分を含ませており、常温...
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
このプロジェクトの大きな目玉となるのは、佐賀の歴史と地理を語る上で欠かすことのできない、佐賀県がもつふたつの海「有明の海と玄海」をモチーフにした夜景プロジ...
日南・飫肥で、地域再生や古民家再生プロジェクトなどに関わる人たちが、誰が呼びかけるわけでもなく自然と集まってくるBarがあります。雰囲気は、アメリカの田舎...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
「はなれ」は、徳島県那珂町木頭地区という「木頭ゆず」が特産の地域にあるゲストハウス。中野みね子さんは、アマチュアカメラマンだった夫・中野健吉さんの「したい...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。
ポールマッカートニーや桑田佳祐など、著名なミュージシャンに愛用されている「ヤイリギター」。1965年の設立以来、メイド・イン・ジャパンにこだわり続けてきた...
秋田県北東部、青森・岩手の県境に接する鹿角市(かづのし)。かつては鉱山によって栄えた過去を持ち、現在はきりたんぽ発祥の地とされている。「“たんぽ”は、家で...