岐阜・養老郡のアートミュージアム「養老天命反転地」は、怖いけど快感

アートってよくわからなくて難しい…と、頭で考えるよりも五感をフルに働かせて感じる。

体験型の巨大なアート作品が、岐阜県養老郡にあります。

失われる平衡感覚
岐阜で奇想天外なアートを「体験」

©2018 さかだちブックス

「楕円形のフィールド」と、「極限で似るものの家」と名付けられた2つのメインパビリオンで構成される「養老天命反転地」。作品のなかへ一歩足を踏み入れると、わたしたちの平衡感覚はおもしろいほどに揺さぶられます。

養老山脈をバックにすり鉢状に広がるのが「楕円形のフィールド」です。まっすぐ歩くことさえままならないのは、すべてが傾斜でできていて、「垂直」「平行」がほぼ排除されているから。

「あたりまえの身体感覚が失われたとき、わたしたちは世界をどう知覚するのか?」

作者である現代美術家・荒川修作氏と、パートナーである詩人マドリン・ギンズ氏からの問い。

自分の存在までをも疑わせる
「意外性」との遭遇

©2018 さかだちブックス

「意外性との遭遇で固定概念を覆す」という作品のテーマがわかりやすく体験できるのが、もうひとつのメインパビリオン「極限で似るものの家」です。

屋根は岐阜県の形、地面には岐阜県と隣接県の地図が描かれたこの建物。

外観だけでなく、中に入ると「意外性」が不意にわたしたちを襲ってきます。

©2018 さかだちブックス

迷路のように入り組んだ暗い家の中には、コンロやソファ、家具、机など様々な家具が散りばめられています。

壁を貫通するように配置されたものや、逆さに置かれたものも。

これらのものは、あるべきはずの場所、あるべきはずの姿、というわたしたちの世界に対する固定概念を、見事なまでに覆すのです。

©2018 さかだちブックス

さらに上を見上げると、天井にも家具が “置かれて” います! 地上と天井が双子構造になっているのです。一見、鏡の世界が広がっているように感じますが、そこに映っていないのは自分だけ。

「自分がいまここに存在していること自体を疑う」

そんな感覚に陥ります。

作者も予想しなかった
「新しい」楽しみ方

今「養老天命反転地」は、これまでになかった新しい視点で話題を呼んでいます。それが、写真を使ったトリックアートのような楽しみ方。

©2018 さかだちブックス

傾斜を利用して重力に逆らってみたり。

©2018 さかだちブックス

双子構造を利用して、ちょっと不思議な世界観をつくりだしてみたり。

©2018 さかだちブックス

24色の色鮮やかな「養老天命反転地記念館」は、どこを切り取っても絵になります。

「近年のSNSやメディアによる紹介の反響は、とても大きい。20年以上前になる1995年の開館当初にはなかった楽しみ方で、作者の荒川修作とマドリン・ギンズも予想もしなかった広がりに喜んでいるのではないでしょうか」

と職員さん。

怖いけど、快感

©2018 さかだちブックス

誰もが産まれた時点で死に向かうという「天命(宿命)」を「反転(覆す)」ことを使命として活動し続けてきた、荒川氏とギンズ氏の30年間に渡る研究の集大成である「死なないため」のテーマパーク。

“わかりにくさ” を “わかりやすく” 体験することができる感覚は、現実を疑うというある種の恐怖である一方、快感にも感じられます。

SNS映えだけではない、哲学的で、奇想天外な世界を、大人のみなさんこそ体験してみてはいかがでしょうか?

養老天命反転地

住所:岐阜県養老郡養老町高林1298-2
営業時間:午前9時~午後5時(入場は4時30分まで)
休園日:月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12/29~1/3)
入場料:一般/750円 高校生/500円 小・中学生/300円

© 1997 Estate of Madeline Gins.  Reproduced with permission of the Estate of Madeline Gins.
JR中央線の武蔵境駅からバスで10分ほどの郊外に突如として現れる、色鮮やかな円筒と球体・立方体を組み合わせたアーティスティックな建築物。一見するとテーマパ...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
岐阜県岐阜市に2015年に開館した「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、岐阜市立中央図書館を中心に多目的ホールなどが入った複合施設です。設計を手がけたの...
岐阜県の南に位置する、各務原市。「かかみがはら」とも「かかみはら」とも「かがみがはら」とも呼ばれる、正式名称すら曖昧な街に、昨年秋、新しい風を吹き起こすカ...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
繊維の街として栄えた岐阜県岐阜市。その中心にはかつて全国各地から買い物客が訪れた柳ケ瀬商店街があります。現在は賑わいは失いつつも、昔ながらの商店に混じって...
日本最大のモザイクタイルの生産地として盛り上がりを見せる、岐阜県多治見市笠原町。ここで『幸せなお家』と呼ばれる建物再生プロジェクトが始まった。
江戸日本橋を起点とし、四十三番目の宿場町となる「馬籠宿」。そこには石畳の街道の両脇に江戸の面影を残す集落が広がっています。さらに見る、食べる、泊まる、そし...
岐阜・高山にある「和菓子処 稲豊園」の西側の路地では、猫たちが会議や逢い引きのために、夜な夜な集まってくるそうです。店主の中田さんが、そんな路地裏を行き来...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
岐阜県関市の山あいに、カメラ愛好家が注目する“幻の池”があります。わざわざ、遠方からこの地に足を運ぶ観光客が後を絶たない人気の秘密は、根道神社境内の前に広...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
大仏といえば、「奈良の東大寺」と「鎌倉の高徳院」が、言わずと知れた有名どころ。それに続く、日本三大仏に名乗りをあげているのが「岐阜大仏」。…それにも関わら...
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
ポールマッカートニーや桑田佳祐など、著名なミュージシャンに愛用されている「ヤイリギター」。1965年の設立以来、メイド・イン・ジャパンにこだわり続けてきた...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
かつては日本の川にも生息していたチョウザメですが、キャビアの原料となる卵や、コラーゲンを豊富に含んだ肉を目当てに乱獲され絶命危惧種に。しかし現在、日本各地...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...