【東京・三鷹】身体の可能性を探る、「ヘレン・ケラーに捧げる家」

JR中央線の武蔵境駅からバスで10分ほどの郊外に突如として現れる、色鮮やかな円筒と球体・立方体を組み合わせたアーティスティックな建築物。一見するとテーマパークや商業施設のように思えるが、実はれっきとした集合住宅。現代美術家にして建築家の荒川修作とマドリン・ギンズが手掛けた「三鷹天命反転住宅」だ。

02023780e0f18e0234e6d8f8b7ae310ee5661fba4d1ed359e79910c93a20066fcc3a078ce5998350035f3cb944642edfaeff028bfb018b2bb6f89e554b1a0b657845c216a3216deb97ec19bb0f8f7de7

全9戸の集合住宅の内外装には14色のビビッドなカラーリングが施され、どこの位置に立っても必ず6色以上が目に入るようになっている。

65fd8c9b8f42237acfe1f5595191a1178fdbb249

外観だけでなく、間取りも特徴的だ。リビングの中心にキッチンが据えられ、トイレとシャワールームは開放型。球体の部屋や天井に取り付けられたフック、傾斜や凸凹のついた床や天井まで伸びるポールなど、まるで建物全体がアスレチック場のような構成になっている。

2426af59900b18861411ac6f70ae4ed2df05f144

大人の土踏まずと子どもの土踏まずの大きさに合わせて2種類の凸凹が施された床は、様々な石が洗い出しされており、裸足で歩くと足裏から色々な感触が伝わってくる。キッチンやバスルーム、それぞれの部屋ごとに異なる素材の床材が使われており、この部屋を歩くだけでも不思議で刺激的な体験を覚える。

805da1fe8791fb6a6d9e7ff9bc8f75b14f204c21

収納は天井のフックから下げておこなう。荷物に頭をぶつけないように生活するためには、いつも自分の周囲にも気を配らなくてはいけない。

4ea5fbb1e0363059587fc133992ba56946b1d37e

畳の部屋で寝るのか、それともハンモックで寝るのか。この住宅に住み続けるには、トライ&エラーを繰り返しながら自分にとって心地よい暮らしを考察する必要がある。住宅が住み手の身体へと訴えかけ、住み手の身体が主役になる家。

それが三鷹天命反転住宅だ。

097c3bae2794af4d2f9fae3263a52b033b8936cf

三鷹天命反転住宅の敷地内に入るためには、事前予約制のたてもの見学会かショートステイプログラムを利用する必要がある。

ちょうどこの日は短期滞在用の部屋を使って『建築する身体の見学会』と題したワークショップが開催されていた。参加者はひととおり建築のコンセプトについて説明を受けたあと、目隠しをして住宅のなかを歩きまわる。はじめは恐る恐る歩いていた参加者も、僅か15分ほどの間に自分が部屋のどこにいるかや周りに人がいるかどうか、目隠しをしたままでも把握できるようになっていた。視覚を制限することでその他の感覚が鋭敏になり、手触りや音や傾きなどから自分の居る場所を判断するようになったのだ。

三鷹天命反転住宅にはIn Memory of Helen Keller(ヘレンケラーのために)と献辞が捧げられているが、まさしくヘレンケラーの感覚を追体験しているような、不思議なワークショップだった。

8612e2882b63ec01c219480a1caca46794578a60

この住宅には、さまざまな身体能力の違いを越えて、住む人それぞれに合った使用方法があり、3歳の子どもが大人より使いこなせる場所もあれば、70歳以上の大人にしかできない動きもある。言わば、ひとりひとりがヘレン・ケラーのようになれる可能性を秘めているのだ。

与えられた環境・条件を当たり前と思わずに少しのあいだ過ごしてみるだけで、今まで不可能と思われていたことが可能になるかもしれない。それこそが荒川修作とマドリン・ギンズが伝えたかったことだ。

Licensed material used with permission by 三鷹天命反転住宅
アートってよくわからなくて難しい…と、頭で考えるよりも五感をフルに働かせて感じる。体験型の巨大なアート作品が、岐阜県養老郡にあります。「楕円形のフィールド...
地中海の別荘、インターナショナル・スタイルの住宅から、板張りのファームハウスまで。国が変われど「真っ白な家」の魅力と人気は不動のものです。今回は、住まいに...
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」と説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背景画...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
東京・世田谷区に位置する豪徳寺。もしかしたら、都内で暮らしていても「駅名:豪徳寺」の印象しかない人も多いのでは。ですが、この閑静な住宅街の中にひっそりと佇...
今回は、「THE NEW YORKER」に敬意を示し、東京バージョン「THE TOKYOITER」という架空の雑誌の表紙を紹介しましょう。
近年、東京から他の地域に移住する人が増えてきたように実感します。ただ、そのスタイルは昔とはまったく異なります。昔は「都会での生活に疲れた人がするもの」とい...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
ココは、伊豆諸島を構成する島のひとつ、式根島。立派な東京都内です。写真の泊海水浴場は、ぐるっと岩に囲まれた入り江が特徴的で、水は抜群の透明度。波が穏やかな...
カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも...
東京でおすすめのサウナをご紹介します。たまには時間を忘れて、のんびり、リラックス。サウナと水風呂で身体と心をさっぱり整えましょう。サウナ、銭湯、水風呂、銭...