岐阜の「馬籠宿」で、江戸の旅人になる。

全国各地に「江戸」を感じさせるスポットはいくつかありますが、岐阜県にある中山道の宿場町「馬籠宿」はひと味ちがいます。

周りにも現代的な風景が少なく、足元には歴史を感じさせる石畳が敷き詰められ、左右どちらにも昔ながらの家屋が連なっています。見上げれば、電柱や電線がない大きな空が広がっているんです。

まずは、江戸の旅人に
なったつもりで。

グーグルストリートを見てみましょう。江戸の世界観にどっぷりと浸かれる宿場町であることが分かると思います。

もう少し細かく言うと、宿場への敵の侵入を防ぐための曲がり角や、民家にかかる江戸時代の屋号の表札など、街全体に歴史の面影が漂っています。

宿場町で、宿泊を。

観光地で、昔ながらの雰囲気のお土産屋さんが立ち並ぶ風景って、けっこう見かけますよね。「馬籠宿」にもたくさんありますが、食事や宿泊ができる建物もあるんです。

宿場町に実際に泊まるのって、意外と経験したことない人も多いのではないでしょうか。

5011003372732416

上の写真は、「馬籠宿」のなかでも賑わいを見せる街道沿いにある「白木屋」

秘伝のタレをつかった五平餅が自慢だそうで、お散歩中の休憩には立ち寄りたい場所。もちろん、宿泊もOKです。

6d6d0cae3d6b5903a14b97fc2d2fb085f59db319

左側にあるのが、こちらも街道沿いの「但馬屋」。なかには囲炉裏があり、宿泊した際にはそこで暖をとり、旅人たちと杯を重ねるのも粋。

右側は、街道からは少し奥に入ったところにある「万福庵」。ここでは精進料理が味わえて、座禅体験もできるそう。1日修行僧になって心を整えてみては?

辿りたい、文豪の足跡。

馬籠宿の中心部には、島崎藤村の記念館があります。

じつは島崎藤村は馬籠宿の本陣で庄屋、問屋を兼ねていた島崎家の生まれなんです。幕末・明治維新の動乱を描いた代表作『夜明け前』も、舞台は馬籠宿。「藤村記念館」では、希少な直筆原稿をはじめ約6,000点が所蔵、展示されています。

この他にも藤村の写真が見られる「清水屋資料館」や、大名が利用した上段の間が復元された「馬籠脇本陣資料館」などもあります。

ここでしか知ることができない歴史のドラマも、魅力のひとつですね。

144613cad5eb0ce8859ac0827709d4e8a1c16c7c
藤村記念館
5179873702182912
清水屋資料館

「馬籠宿」のいいところは、見る、食べる、泊まる、学ぶ、という風に色々な形で豊かな歴史にどっぷり浸れるところなんですよね。

Licensed material used with permission by 馬籠観光協会
福島県南会津郡に位置する大内宿は、かつて会津若松と日光・今市を結ぶ南山通りの宿駅のひとつとして栄えた宿場町。国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定される...
繊維の街として栄えた岐阜県岐阜市。その中心にはかつて全国各地から買い物客が訪れた柳ケ瀬商店街があります。バブルの時期は日本有数の賑わいを誇り、毎日がお祭り...
京都府南丹市美山町にある「美山FUTON&Breakfast」は、まるでその土地に暮らしているかのように宿泊できる、茅葺き一棟貸しの宿。古来の日本人が表現...
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...
大仏といえば、「奈良の東大寺」と「鎌倉の高徳院」が、言わずと知れた有名どころ。それに続く、日本三大仏に名乗りをあげているのが「岐阜大仏」。…それにも関わら...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
岐阜県岐阜市に2015年に開館した「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、岐阜市立中央図書館を中心に多目的ホールなどが入った複合施設です。設計を手がけたの...
岐阜県の南に位置する、各務原市。「かかみがはら」とも「かかみはら」とも「かがみがはら」とも呼ばれる、正式名称すら曖昧な街に、昨年秋、新しい風を吹き起こすカ...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめました。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、一緒に説明するとややこ...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
「函館」には、町を内側から元気にしようとしている人たちがいる。リードしているのは、箱バル不動産の代表、蒲生寛之さん。蒲生さんは4年前、地元函館の西部地区に...
この「江戸ガラス」は、ゼロからモノを生み出すことが好きな、山田孝之と山口友敬がプロデュースするブランド「FORIEDGE(フォリエッジ)」の第1弾。工場探...
岐阜県関市の山あいに、カメラ愛好家が注目する“幻の池”があります。わざわざ、遠方からこの地に足を運ぶ観光客が後を絶たない人気の秘密は、根道神社境内の前に広...
日本最大のモザイクタイルの生産地として盛り上がりを見せる、岐阜県多治見市笠原町。ここで『幸せなお家』と呼ばれる建物再生プロジェクトが始まった。
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
岐阜県関市に新名物が誕生した。その名も「日本刀アイス」。岐阜県関市は、かつて世間をザワつかせたPRムービーでもあったように「日本一の刃物のまち」。そんなま...
53杯のクラフトビールを飲みながら、東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。愛知県に入ったのは、日本橋を出発してから12日目の...
今回紹介したいのは「お寺ステイ」が、岐阜県高山市にある高山善光寺と共同で行なったリノベーションプロジェクトです。
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。