この写真の「違和感」に気づけますか?

偶然にも程があるでしょ。思わず呆れてしまうような珍事が…。一見何の事ないこの写真に注目!この違和感、伝わりますか?

まさか…そんなことがある?

915270263c186b5916c8d20241fb6308b73a0a66

両肩をつまんで怪訝そうな顔で写真に映る彼女の背景に注目。そう、彼女のシャツと廊下の壁面が、完全に一致しているじゃありませんか!胸元に黒のラインを挟んだピンクとミントの切り返し。それが、まんまホテルの壁の色だった。

このヘンテコ体験をしたwickensworthさんによると、一切仕込みなしのガチ体験。旅行中の彼女たちがこの日、泊まることになったホテルでの偶然の出来事だったそうですよ。

カモフラガール出現!?

友人のあまりの同化ぶりに思わずパチリ。
この写真を2015年1月25日「Imgur」にアップしたところ、知り合い伝いにビューが伸び、翌26日だけで実に250万件。わずか5日にして500万件のビューを集めることに。

「背景にとけ込む“カモフラガール”出現!」

「ドレスコード?これ以上の着こなしはありえない」

「なんか不気味な予感。夜何もなかった?」

「彼女のシャツこのホテルでデザインしているんじゃない?」

「ホテルの壁かシャツか、どっちか変えない限り被害者が続出する…」

「彼女の靴がカーペットとマッチしててほしいな」

といった具合に、爆笑コメントがずらり。
それにしても、こんな偶然あるんですねー。

Reference:Imgur
Licensed material used with permission by wickensworth
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
辛いことがあると、一人で抱え込み孤独に感じてしまう人も多いのではないでしょうか?でもそんな時、この手の写真をよく見てみてください。普段、私達が見過ごしてい...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
Fearless Awardsに応募したのは世界中のトップクラスの腕を誇るプロカメラマン。ここにあるのは、厳しい審査を通った写真ばかり。これを見ると、カメ...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
真っ裸のもの、宙吊りになったもの、思いっきりブレてるもの、足だけのもの、仮面をかぶったもの。じつは、これらはすべて婚約写真というから目が点になった。確かに...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
25年間、ずっとモノクロ写真を撮り続けてきたJason M. Petersonさん。5年前から写真を公開し始めて、今やインスタのフォロワー数は100万人越...
“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。東京在住...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおう。経産省によって公開されたwe...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
中央ヨーロッパ、四季折々の湖畔の風景を写した写真を紹介します。空気がピタッと止まったような静けさをきっと感じてもらえるはず。だけど、どこかに感じる違和感。...