このヒョウのカモフラージュはなかなか見抜けない!

サバンナにポツンと佇む一本の木。ここで静かなる攻防戦が繰り広げられていた。

インパラを狙うヒョウを見つけ出せ!

9b7665a1ee470464eed0098af8f9c795ceb8074a

ヒントをひとつ。

大地から伸びる幹の向かって左側。

角を下にしてインパラが逆さにぶら下がっているのが見えるはず。

これはこれでスゴい瞬間。

が、インパラにもはや道はなし。

絶体絶命……
ヒョウは、そのすぐ近くにまで迫っている。

ヒョウが見つからない人だけ続きを…

どう、意外とムズカシイでしょ?

ぶっちゃけ、僕はすぐ降参。

答えは、以下の画像でチェック!

70c347b646e2aaadd822fcdd03a3548195483c20
さて、後日ユーザーからこんなご意見を頂戴した。
いわく、ヒョウは捕らえた獲物を木の上に運び上げ、邪魔をされずに食べる習性があるそうだ。とすると、逆さになったインパラはすでに絶命したものという見方のほうがスジが通る。貴重なご意見のため、ここに反映させていただいた。

※本記事は、都合により内容を一部変更しております(2017/08/8 14:00)

Licensed material used with permission by ngo Gerlach
左右対称に黒いインクを垂らして描かれた不明瞭な絵。そこから見えたものをもとに判断する「ロールシャッハ・テスト」が、実際に精神科で心理測定として使われていま...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
アフリカ・ケニアのトサボでは、近年降雨量が激減し、野生動物たちが乾燥に苦しんでいるそう。そんなサバンナに「オアシスを作ろう」と奮闘している、ひとりの男性が...
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
このテスト、ネイティブスピーカーでさえ全正解率は5%という難関らしい。でも、日本人って、意外と文法には強かったりするもの。なので、全16問に挑戦してはどう...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
「暗記なんてもう古い!だってGoogle先生に聞けばいいじゃないか!」そんなセリフを心の中で叫びつつ、多くの人がしぶしぶテストのためと暗記を続けているかも...
順番に表示される美しい「15枚の写真」と「3色の選択肢」。それぞれの中で、1番印象的に感じる色を選ぶだけで、あなたにどんな才能が眠っているかが分かるらしい...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
パーティや飲み会の場で話の中心にいる人を見たとき「自分もあんな風におもしろくなれたらなぁ」と思ったことがあるかもしれません。「The School of ...
TVや雑誌で一般的な「星座占い」からは一歩離れ、新鮮味のあるネイティブアメリカンの「動物占い」に触れてみてはいかがでしょう?「Higher Perspec...
この写真の中には、ある動物が隠れています。よ〜く目を凝らして見てください。あなたには、ソレがなんだか分かりますか?写真に隠れた“あの動物“わかる?カナダ中...
あなたは美しい森の中にいます。太陽はキラキラと輝き、風があなたの頬を気持ちよくなでています。さて、ここから質問に入りましょう。あなたは誰かと一緒に森の中を...
2015年6月、ロンドンのデザインミュージアムが「デザイン・オブ・ザ・イヤー」に選出したのは、医療用デバイスであるマイクロチップ型の「人工臓器」だった。ハ...
日本人男性の20人に一人、女性の500人に一人が色覚障がいを持っていると国立遺伝学研究所は発表しています。ただし、その程度は人によってさまざま。生まれつき...