GoProド素人の僕でも、こんな写真が撮れた!

3月29日、僕は不安を抱えながら石垣島に向かった。

GoPro社から新製品「Fusion」を使うチャンスをいただいたのだが、カメラ初心者の僕は使いこなせるかが心配でしかたなかった。

山を登っている、ボートに乗っている、夕食中でさえも、とにかく撮影を続けた。もう数で勝負するしかない、と考えたからだ。

ホテルで「Fusion」の撮れ高を確認していたら、自分が思っている以上に収穫があった。いや、誰かに見せても恥ずかしくない写真を再撮影できたと言った方が、正しいのかもしれない。

「こいつ、ちょっとズルいな。しかも、奥が深い」

撮影後にベストタイミングで
シャッターを切れる

5098684995862528

Fusion」では、GoProの最大の特徴とも言える「体験」が撮れるだけでなく、さらに「体験空間」もカタチに残せる。言い換えれば、360度撮影ができる。

ただし、僕が言っているズルさとはこれではない。自分が撮った動画から、好きなアングルで写真や動画をもう一度撮影できるのがズルいのだ。

GoProアプリに撮影したデータを転送すれば、スマホでVR空間の鑑賞が可能になる。あとは、気に入ったシーンを探し、思うままに切り取るだけ。

使ってみて分かったポイントは、主に3つ。

1. 撮影前にアングルを考える必要がない
2. シャッターチャンスを逃さない
3. 何度でもやり直しができる

50159322503577605235350855221248

「自分が包まれている空間を
演出するのがコツ」

どんどん撮影が楽しくなってきた。ひとつのことを様々な角度から見れるし、新しい魅力も発見できる。

「Fusion」は初心者も使いやすい。だけど、ハードルが低いがために、撮影するものが似通ってきてしまうという面もある。

9人が参加した石垣島でのツアーでは、ディナーの際にみんなが撮影したものを見せ合っていた。その中でも、1人だけ異なる雰囲気の写真と動画を撮っている人がいた。ビデオクリエイターとして活躍する、Kazuhiro Joy Kimuraさんだ。

そこで、ディナーの後に時間をいただき、「撮影のコツ」を聞いてみた。

──普段は一眼レフを使っていると思うんですけど、今回、「Fusion」を使ってみた感想はいかがでしょう?

「アイデアは無限大なのですが、それをひとつに絞るっていうのが難しいですね。

色々なことに通じるのですが、何でも試してみないと分からない。経験が蓄積されていけばいくほど、作品に対する撮り方が決まってきます。

正直、今はまだ経験もないので、手探り状態です。だから、楽しいと思える撮影をしてみました。それがカタチになっていくプロセスを、これから積んでいくんだと思います」

5349172421066752

──例えば、撮影をしているときに楽しいと思えたのはいつでしょう?

「やっぱり空間を撮れるのがポイントなので、ドーム状になっている、包まれている場所は良いと思いました。

これは100%絵になる感覚があります。木が生い茂った中から飛び出る、という撮影をすれば、勝手に円になってくれるので。

逆に何もないところでリトルプラネットを撮っても、他の360度カメラでもできちゃうんですよね。例えば、葉っぱの中で囲ってあげる。自分が包まれている空間を演出するのがコツだと思います」

──なるほど。

「見たことがある気はするけど、見たことない。聞いたことがある気がするけど、聞いたことない。そんな近くて遠いところを撮影してあげると、他の人の興味を引きやすいです。何だこれ?と思わせられるので。

一眼レフを使っているときにも、ピントを合わせたり、ぼかしてあげたりして、既視感はあるけど新しいものを演出しています。

そんな視点を変えた工夫をしやすいのがGoProの『Fusion』なんですよね」

Julius Senkusさんは、新婚旅行で妻のNeringaさんと一緒にシチリアを訪れていました。そこで、落とし物のGoProカメラを発見。中に保存され...
2015年9月、アリゾナの砂漠で1台のGoProが発見されました。それは2年前にスタンフォード大学の学生たちが宇宙に打ち上げたもの。そこには、宇宙から見た...
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
ロシアで話題のイケメンYouTuber、Pasha bumchikさん。彼が投稿する動画は人気ですが、その内容は決して関心できるものではありません。例えば...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
骨折していないのが奇跡!?ノルウェーの雪山、崖のてっぺんからスイスイと好調な滑り出し・・・そしてついにスキーヤーの目線から超降下ジャンプ!!!痛そうな着地...
セルフィー。日本語でいうと自撮り。自分ひとりの撮影だけじゃなく、友だちが集まった時も思わず撮りたくなっちゃいますよね。どうやらその気持ちは、猫も同じのよう...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
この動画は、いわゆる結婚式の一日を映したものですが、ちょっと普通じゃないウェディング・ムービーに仕上がっています。なぜかと言えば、全編に渡って犬の視線で捉...
世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」と言えば、オーストラリアにあるスキューバダイビングスポットとして有名な観光地の一つ。エメラルドグリーンの海の様子...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
どんな動画なのか、さっそく見てみましょう。スキーヤーの周りをこんなに接近しながら旋回して撮影するなんて、よほど高度な技術が詰まったドローンでも開発されたの...
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...