ウミガメにカメラを装着!危機遺産入りを回避した「グレートバリアリーフ」の姿

世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」と言えば、オーストラリアにあるスキューバダイビングスポットとして有名な観光地の一つ。エメラルドグリーンの海の様子は、写真を見ただけでもため息が出ちゃいます。

そして、先日話題になったのは、ウミガメの背中にGoProを設置して撮影した海底のサンゴ郡の様子。美しく神秘的な海の世界をウミガメの目線で見ることができる映像は必見です。

動画は動物愛護団体WWFが、ジェームスクック大学、クイーンズランド大学、グレートバリアリーフ海洋公園局、オーストラリア政府、現地レンジャーや、コミュニティグループなどと協力し海洋調査を進めるために制作したもの。6,000種もの生物が生息していると言われているサンゴ郡の様子は美しいの一言です。

グレートバリアリーフは、7月1日、ユネスコによる「危機遺産」リスト入りを回避しました。危機遺産とは、遺産価値として認められている文化財の劣化などが激しい場合に適用され、国際的な保護管理下に置かれるもの。最悪の場合「世界遺産」から登録が削除される可能性もあり、そうなれば観光業への打撃は避けられませんでした。

問題視されていたのは、水質汚染や沿岸の工事、その他オニヒトデの繁殖などの影響により過去30年間でサンゴが半減していたこと。しかし、オーストラリア政府によって環境改善の作業を進めた結果、ユネスコはその姿勢を評価、長期的な改善策をまとめたことでリスト入りは一時的に回避されました。

上に紹介した動画も、保全計画における海洋環境のモニタリングの一環として撮影されたもの。「ABC News」の記事には、遺産の評価を下す公式諮問機関「IUCN」の世界遺産プログラムディレクターTim Badman氏からのこんなコメントが。

「オーストラリアが策定した新しいプランは、世界的な脅威でもある気候変動やグレートバリアリーフの回復にとって、とても重要なステップになるだろう。今こそ計画を実行に移すときだ」

Reference:ABC News
Licensed material used with permission by WWF Australia

オーストラリア・クイーンズランド州沖にあるグレートバリアリーフで今、州とUberの共同サービスが展開されています。潜水艦「scUber」で、世界最大のサン...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
誰もが知る世界遺産、グレート・バリア・リーフ。壮大な景観に加え、ダイビングやシュノーケリング、グラスボトムボートでの珊瑚鑑賞、セスナ機に乗っての遊覧飛行な...
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
世界最大のサンゴ礁地帯グレート・バリア・リーフは、その昔、日本列島がすっぽり入ってしまうほどの面積があったそう。栄養豊富な水質の良い海には、多くの魚が暮ら...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは...
近年、愛知県の南に位置する表浜海岸では、産卵に訪れたウミガメが波消しブロックのくぼみにはまり、身動きが取れず死んでしまうという事故が度々起こっている。表浜...
インド考古調査局は、ユネスコ世界遺産の「タージ・マハル」の入場者に利用時間の「超過料金」を求めると発表。2018年4月に決めた、一人3時間までとする入場ル...
留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと...
愛知県・渥美半島の南側に位置する表浜海岸。ここは約50kmにわたる長浜で、自然も豊富。古くから絶滅危惧種のアカウミガメが産卵に訪れる場所として有名でした。...
2014年に世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺跡群」をわかりやすくご紹介。
新潟県の佐渡島は「史跡 佐渡金銀山」で知られていますが、実は産業遺産も充実しています。しかも歩いて行ける範囲内に集中しているので、巡りやすいことも大きな魅...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...