【ナニコレ】突如、フランスの街のど真ん中に「ローラーコースター」現る!

フランスの地方都市ナントにある広場、「Place du Bouffay」にいきなりローラーコースターのようなものが現れ、話題になっています。
しかし、よく見るとどうやら乗り物ではなさそう。座ることはできそうなんですが。

85singo_rollercoaster_02

85singo_rollercoaster_05 よく見ると…。これは、椅子?

85singo_rollercoaster_07

85singo_rollercoaster_08

85singo_rollercoaster_13

85singo_rollercoaster_09

85singo_rollercoaster_011

85singo_rollercoaster_12

実はこれ、アーティスト集団「Baptiste Debombourg 」によるインスタレーション。周辺のカフェやレストラン6店舗ともデザインを共有しており、合計1,200個ものカラフルな椅子が使われているようです。

作品自体は、抽象絵画の先駆者のひとりとしても知られているアーティスト「ロベール・ドローネー」氏によって1937年のパリ万国博覧会の際に設置されたインスタレーション「Palais de l’Air」に影響を受けているのだそう。

85singo_01-01,2-ExpoInternationale-palais-de-lAir_1937

85singo_01-01,3-jpg_Palais_de_l_air_1937-p1reduite-2e19e

当時は音や水、光を使った華やかな「祭典」として話題となりましたが、スペイン内戦中だったこともあり、タイムリーに作成されたピカソの作品「ゲルニカ」が展示されるなど、後に議論を呼ぶような要素がたくさんあるイベントだったようです。

展示は2015年8月30日まで行われています。ナントの街に立ち寄る機会があれば、ぜひ1937年と今との違いに想いを馳せてみては?

Licensed material used with permission by CREDIT PHOTO : "STELLAR - Baptiste Debombourg
Place du Bouffay at Nantes - 3 july to 30 August 2015"
Contextual installation in " le Voyage à Nantes"/ "Nantes, Take the journey !"
25x15x11m / 1200 chairs, 6 restaurants - cofee, 6 colors, courtesy Galerie Patricia Dorfmann - Paris, production Le Voyage à Nantes

ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
カラフルなインスタレーションを世界中に展開しているフランス人アーティスト、マドモアゼル・モーリスの作品には、レースや刺繍のほか、さまざまな素材を混ぜ合わせ...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
レストラン、ビストロ、ブラッスリー、カフェ。その違いは当然呼び名だけではありません。これらの語源はすべてフランス語。ちゃんと使い分けられないと…紳士淑女と...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
完全予約制で、入手困難なカヌレがある。そんな噂と共に『富士山カヌレ』の存在を知ったのは、SNSの中だった。東京きっての美食家たちが賞賛し、聞けばオープンわ...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
しあわせやよろこびを他人と分かち合うことを、フランスでは「partagé(パルタージュ)」という言葉を用いて表現します。口にしてみると、口角がキュッと上が...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。アメリカ、特にニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「Pre-war...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
食だって、伝統を守り抜かなきゃいけないときがあるんです!