このバス、◯◯問題を訴えながらホットドッグを無料提供中!

ブルックリン・ブリッジ・パークに、黄色い雲のかたちをしたワゴンが出現! しかも、公園を行き交う人々にホットドッグを無料で提供しています。これは一体……?

このワゴン、実は『Hot Dog Bus』というアート作品なんです。制作したのは、オーストリア出身の彫刻家、Erwin Wurmさん。

Erwinさんがこのような作品を作ったのは、初めてではありません。代表作『FAT CARS』(2001-2005)は、この『Hot Dog Bus』のスポーツカー版。スポーツカーをFatにカスタマイズすることによって、エネルギーの過剰摂取による肥満、強大な権力や富をもつこと、あるいは肥大化した自尊心など、社会のさまざまな“ボリューム”問題を表現しました。

人々に楽しい時間を提供する『Hot Dog Bus』にも、肥満問題、食糧危機、消費主義といった問題を考え直してほしいというメッセージが込められています。つまり、人々が参加することで完成するインスタレーション作品なんです。

『Hot Dog Bus』の出現期間は、2018年8月26日までの毎週末。土曜日はブルックリン・ブリッジ・パークのピア1、日曜日はピア5に駐まっています。

「ブルックリンなんて遠くて行けない!」という人も、今週末はホットドックでもかじりながら、この社会の「ボリューム」問題について考えてみては?

Top image: © Public Art Fund
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
カナダ・バンクーバー発の『Hot Dog Water(ホットドッグ・ウォーター)』の紹介です。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
11月、ニューヨークのブルックリンにオープンするバー「The PokéBar(ザ・ポケバー)」。テーマは「ポケモン」だ。
まるでノーブラのような気持ちよさとかわいさ、最適な価格帯を意識し、Z世代に向けて発売された新ノンワイヤーブラ「Peasy」。楽ちんなつけ心地でリモートワー...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
三度の飯よりホットドッグが好き?ケチャップとマスタードをかけるだけじゃ味気ない?「Cool Matrrial」が紹介したホットドッグ12変化を紹介しよう。...
クレアモントの教会「Claremont United Methodist Church」が設置した、移民・難民が直面している状況を表現したインスタレーショ...
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
音楽フェスや各種企業プロジェクトなどに自身の作品提供を行っているDaniel Popperさん。スチールや木材、ロープ、トイレットペーパーの芯などを使って...
自宅にいながら個人輸入ができちゃうオンライン輸入食品店(勝手にそう呼んでいるだけ)「iHerb(アイハーブ)」を活用して「#おうち時間」をもっと充実させよ...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
かつての労働市場を支えた街、大阪・新今宮は、労働者の高齢化などによって衰退。それから数十年の時を経て、多国籍の人々が暮らすニューヨーク・ブルックリンのよう...
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
ボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで食べるべきグルメです。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
アメリカのテネシー州ナシュビルに住む、80歳のおじいちゃんマーヴィン氏と彼の6歳の孫娘キラちゃんが、道を挟んで一緒にダンスをする動画が話題に。コロナにもめ...
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
この夏、ニューヨークへ行くならソーホーに立ち寄ることをオススメ!というのも、今、8月18日までの期間限定で「Ocean Cube」というエキシビションが開...
このインスタレーションアート「TEEN AGE」は、ワルシャワに拠点を置くアート集団pangeneratorが手がけており、同市の民族学博物館にて展示され...
「YuGa」は「ケイエム観光バス」と「ネスレ」が、日々の満員電車による通勤でお疲れの人々の一日の始まりを応援するため企画した通勤バス。豪華な設備の車内では...
8月6日、ブルックリン・ネイビー・ヤードで、スタートアップ企業「Optimus Ride(オプティマス・ライド)」の自動運転車の運行がスタートした。7:0...