このバス、◯◯問題を訴えながらホットドッグを無料提供中!

ブルックリン・ブリッジ・パークに、黄色い雲のかたちをしたワゴンが出現! しかも、公園を行き交う人々にホットドッグを無料で提供しています。これは一体……?

このワゴン、実は『Hot Dog Bus』というアート作品なんです。制作したのは、オーストリア出身の彫刻家、Erwin Wurmさん。

Erwinさんがこのような作品を作ったのは、初めてではありません。代表作『FAT CARS』(2001-2005)は、この『Hot Dog Bus』のスポーツカー版。スポーツカーをFatにカスタマイズすることによって、エネルギーの過剰摂取による肥満、強大な権力や富をもつこと、あるいは肥大化した自尊心など、社会のさまざまな“ボリューム”問題を表現しました。

人々に楽しい時間を提供する『Hot Dog Bus』にも、肥満問題、食糧危機、消費主義といった問題を考え直してほしいというメッセージが込められています。つまり、人々が参加することで完成するインスタレーション作品なんです。

『Hot Dog Bus』の出現期間は、2018年8月26日までの毎週末。土曜日はブルックリン・ブリッジ・パークのピア1、日曜日はピア5に駐まっています。

「ブルックリンなんて遠くて行けない!」という人も、今週末はホットドックでもかじりながら、この社会の「ボリューム」問題について考えてみては?

Top image: © Public Art Fund
カナダ・バンクーバー発の『Hot Dog Water(ホットドッグ・ウォーター)』の紹介です。
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
三度の飯よりホットドッグが好き?ケチャップとマスタードをかけるだけじゃ味気ない?「Cool Matrrial」が紹介したホットドッグ12変化を紹介しよう。...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
ボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで食べるべきグルメです。
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
「シェイク シャック」は、発祥の地アメリカはもちろん、世界9ヶ国に熱狂的なファンを持つハンバーガーブランド。健康的に飼育されたアンガスビーフ100%のハン...
このインスタレーションアート「TEEN AGE」は、ワルシャワに拠点を置くアート集団pangeneratorが手がけており、同市の民族学博物館にて展示され...
事が起きたのは8月20日のブルックリン。
人口850万人以上もいる大都市ニューヨークで、今年度から公立学校の子どもたちを対象に、無償でランチが提供される。これまでも対策は講じられてきたが、家庭の経...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
愛しあう人とキスをすることが、許されない人たちがいます。そんな彼らがあえて、”禁じられたキス”で必死に訴えようとしたこと…それは、同性愛者をはじめとする、...