1本3300円!ホットドックの味がする「水」

カナダ・バンクーバー発の『Hot Dog Water(ホットドッグ・ウォーター)』の紹介です。

ルックスから判断できるように、水に大きなホットドッグ用のソーセージが入っています。ただ、それだけ。ホットドッグ味の変なドリンクなのに、スタイリッシュなボトルのおかげでカッコよくも見えてきます。

開発者はDouglas Bevansさん。『ホットドッグ・ウォーター』は減量をサポートし、脳細胞を活発化させると言います。も〜し〜も、本当だとしたら、健康ドリンクにはピッタリですね〜。

そして、その値段にも驚かされます。1本あたり38カナダドル。日本円にして、約3300円。

高い値段で都合のいい効果を謳うドリンク。もう分かりましたよね?Douglasさんは一部の健康食品に疑問を投げかけるために『ホットドッグ・ウォーター』を作ることに。簡単に言うと、パフォーマンスなんです。

Top image: © 2018 Douglas Bevans
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
海と山と大地のエキスを包み込んだ、中国・青島の「水餃子」について。
彫刻アートを通して社会問題についてうったえてきた、オーストリアの彫刻家、Erwin Wurm。彼の新しいアート・プロジェクトがブルックリンで開催されている。
大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」が、Amazonのカスタマーレビュー数1万件を達成(2月10日18:00時点)したこ...
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
マグボトル「QUARTZ Bottle」には、水を浄化してくれる機能と、自動的に殺菌をしてくれる特徴があります。これがあれば、バクテリアとウイルスの多い水...
そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...
1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
「DewGood」を電源につなぎ、屋外に放置しておくだけで、1日に最大10ガロン(約40L)の水を作り出してくれるそう。仕組みは空気中の水蒸気を冷やすこと...
「NEC」の「A-RROWG(アローグ)」は、日常を変えることなく“品格”をアップさせるために開発された「歩行センシングインソール」。
今月アップされたこちらの動画は、「1ドルで何が買えるか」の最新版。日本円にして約112円(7/21現在)で、2017年の世界では何が買えると思う?日本なら...
日本でもたくさんの人が食べたことがあるだろうカリフォルニア生まれのソフトキャンディー「Jelly Belly」が、オリジナルフレーバーの炭酸水を販売し始めた。
スイスのコカ・コーラHBC社が、空気中の二酸化炭素を使って炭酸水を製造します。
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
汚染された「水」が原因で命を落とす人がいる。蛇口さえ開けば、さも無限に水が流れ落ちるように新鮮で美味しい水が誰でも飲める国、日本。それが当たり前に思えてい...
ロンドン生まれの“本物の木”からできたノートブランド「Bark&Rock」が日本初上陸。「銀座 蔦屋書店」の店頭及びオンラインショップで販売がスタートした。
イタリアに拠点を置くデザイン事務所「F. Taylor」が開発したカーペットは、掃除をするのが簡単なだけでなく、不要になったら自然に還るエコな製品。
水出しコーヒーメーカーには、ドリッパータイプ、ポットタイプ、パックタイプがあるなかで、一歩抜きん出た機能を持ったのが「リヴィーズ電動水出しコーヒーメーカー...
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
ロンドンを拠点に活動するデザイナーRocco Giovannoniさんが開発したヘッドホン「Inmergo」が斬新だ。
スキットルズを“飲める”ようになります!
スティーブ・ジョブズもコレクションしたことでしられる川瀬巴水の版画。彼のすばらしい版画の裏には、挫折のたびに立ち上がり、版画に人生を捧げたたくましい生き様...
シンガポール国立大学の研究によって開発された「Vocktail」は、視覚と嗅覚、味覚を操ることで、ただの水でもカクテルを味わったような感覚にさせるのだとか。