1本3300円!ホットドックの味がする「水」

カナダ・バンクーバー発の『Hot Dog Water(ホットドッグ・ウォーター)』の紹介です。

ルックスから判断できるように、水に大きなホットドッグ用のソーセージが入っています。ただ、それだけ。ホットドッグ味の変なドリンクなのに、スタイリッシュなボトルのおかげでカッコよくも見えてきます。

開発者はDouglas Bevansさん。『ホットドッグ・ウォーター』は減量をサポートし、脳細胞を活発化させると言います。も〜し〜も、本当だとしたら、健康ドリンクにはピッタリですね〜。

そして、その値段にも驚かされます。1本あたり38カナダドル。日本円にして、約3300円。

高い値段で都合のいい効果を謳うドリンク。もう分かりましたよね?Douglasさんは一部の健康食品に疑問を投げかけるために『ホットドッグ・ウォーター』を作ることに。簡単に言うと、パフォーマンスなんです。

Top image: © 2018 Douglas Bevans
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
7月10日、「Stündenglass」という企業が、重力を利用して煙を吸い込めるように設計した水パイプ「Gravity Hookah」の販売をはじめた。
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
海と山と大地のエキスを包み込んだ、中国・青島の「水餃子」について。
彫刻アートを通して社会問題についてうったえてきた、オーストリアの彫刻家、Erwin Wurm。彼の新しいアート・プロジェクトがブルックリンで開催されている。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...