高さ3mの「ソーラーパネル」が、ブルックリンで好評なワケ

ブルックリンの街を歩くと、建てられている家と家の間隔がほとんどないのに気がつく。

日本とは異なるこの景色を眺めるために足を運ぶ人も多いのだが、ブルックリンに暮らす人にとっては、狭い間隔がゆえにソーラパネルを導入するのが難しいらしい。

だから、「Brooklyn SolarWorks」の提供する高さ3mのソーラーパネルは注目されている。

シンプルなアイデアが
多くの人の生活を変える

Brooklyn SolarWorks」によれば、ニューヨークシティの決まりではソーラーパネルを導入する際には、それを設置したあとに約1.82mの幅と約2.74mの高さのあるスペースを確保する必要があるらしい。

この安全基準を理由に、狭い間隔で建てられたブルックリンのアパートや一軒家の屋上へのソーラーパネルの設置は他の地区から遅れをとっていた。

そこで、「Brooklyn SolarWorks」が考えたのは高さ約3mのソーラーパネル。カンタンなアイデアではあるが、高さには問題がないので、法律で決められた幅さえ確保できれば市も認めるようだ。

日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。多くのメディアに取り上げられ、彼らのシンプルなアプローチは徐々に注目されてきているとのこと。

Licensed material used with permission by Brooklyn SolarWorks
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
11月、ニューヨークのブルックリンにオープンするバー「The PokéBar(ザ・ポケバー)」。テーマは「ポケモン」だ。
ブルックリンで新たに産声を上げたクラフトビールがあります。地元のベーグルショップとブリュワリーが手を組んで誕生した「ベーグルビール」です。
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
彫刻アートを通して社会問題についてうったえてきた、オーストリアの彫刻家、Erwin Wurm。彼の新しいアート・プロジェクトがブルックリンで開催されている。
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
2013年から赤ちゃんのためのDJ教室を開いている「Baby DJ School」。ブルックリンを皮切りに、今ではニューヨークシティ、シカゴ、ロサンゼルス...
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
事が起きたのは8月20日のブルックリン。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...