見るだけじゃ終わらない、先住民にインスパイアされた「木」のインスタレーション

チューリッヒ中央駅に、一ヶ月限定で地上から天井まで伸びる大きな“木”、「GaiaMotherTree」が出現しました。

これは、ブラジル出身のアーティストErnesto Neto氏のインスタレーション。ブラジルとペルーの国境線付近のアマゾンに住む先住民Huni Kuinの文化がアイデアソース。なんでも、彼らのクラフト技術や美的センス、そして世界観に惚れ込んだとか。

高さ20メートルもあるこのインスタレーションは、コットンを手編みしてつくられたもの。木の根元は、駅の利用者が休憩できるスペースに。

残念ながら、設置期間はすでに過ぎてしまいました……。が、Neto氏、次はどんな作品で人々を驚かせてくれるのでしょう!?

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
音楽フェスや各種企業プロジェクトなどに自身の作品提供を行っているDaniel Popperさん。スチールや木材、ロープ、トイレットペーパーの芯などを使って...
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
緻密に造られたインスタレーションで、不確かな現実世界や虚構を表現することにより、概念を覆すような作品を発表する現代アーティストチーム「目 [mé]」。「千...
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...