「カジノ街」のキュートな一面

 

ここで紹介するのは、すべてマカオの一角をとらえた写真。

先日の記事でも紹介したように、カジノやラグジュアリーなホテルのような非日常的なイメージが強いマカオですが、じつはそれって一部に限ったはなしで。すこし外れた場所へ移動すると、こんなにキッチュで可愛い風景が広がっていたのです。

【セナド広場周辺】

 

マカオはもともとポルトガル領でした。なかでもセナド広場は、ヨーロッパ式の建物や石畳など、当時の名残がしっかりある場所。天主堂跡や戀愛巷など、周辺には観光名所が点在しています。

 

【タイパ・ヴィレッジ】

 

お土産屋さんや飲食店が軒を連ねるタイパ・ヴィレッジ。メインストリートの官也街は観光客で賑わっていますが、一本通りを入ると、古き良き中国の面影が残る、ノスタルジックで閑静な住宅街が広がっています。

 

【コロアン・ヴィレッジ】

 

コロアン・ヴィレッジは小さな港町。セナド広場のヨーロッパチックな雰囲気と、タイパヴィレッジの中国らしいノスタルジックな雰囲気がミックスされた感があり、和やかな空気が流れています。有名な教会やエッグタルトのお店なんかもあります。1時間あれば、じゅうぶん観光できますよ。

 

Photo by Kozai Mikako
昔ながらの中国が色濃く残る。
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
ひとりの旅行でも、誰かと一緒の旅行でも。片手でパッと食べられる食べ物を紹介します。
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
マカオの住宅街を散歩していると、家の玄関にこういう郵便受けが掛かっている風景をよく見かけました。
オランダを中心に展開するポップアップカジノ「The Black Box Bellagio」。無料で遊べるワケは、お金の代わりにあなたのプライバシーを使えるから。
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
だから、味にはほぼノータッチです。
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
最初から最後まで、ドキドキが止まりませんでした。
Marriam Mossalliさんが手がけるスタイルブック『Under The Abaya: Street Style from Saudi Arabi...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
性風俗で知られるタイは、仏教国という側面も持ち併せている。そんな一面を垣間見せてくれるのが、1960〜70年代に行われたヌード検閲。女性の乳首は見事なほど...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。