マカオにある「しあわせの郵便受け」

 

マカオの住宅街を散歩していると、家の玄関にこういう郵便受けが掛かっている風景をよく見かけました。

ところどころデコボコしたりさびれたりしていて、使い古された感じがいいなあっていうのと、玄関ドアやまわりの装飾との色のバランスがキッチュでいいなあっていうのと。一言でいうと「可愛い!」と思ったので、いろんな郵便受けの写真を撮ってきちゃいました。

 

4905457101570048648803094888448059224032175718406016075380555776488632973315276847602673427415046031357008412672

 

そうそう。中心に刻まれた2つの丸いマークは吉祥文様で、お金のモチーフなんだとか。ふたつ並ぶと「しあわせはすぐそこ」という意味になるんですって。

「たくさん見つけたら何かいいことが起こる」なんてジンクスがあるわけではないんだけど。こういう小さい発見があればあるほど、旅の満足度って上がりますよね。

 

昔ながらの中国が色濃く残る。
ひとりの旅行でも、誰かと一緒の旅行でも。片手でパッと食べられる食べ物を紹介します。
だから、味にはほぼノータッチです。
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
最初から最後まで、ドキドキが止まりませんでした。
ここ、どーこだ。
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
もう、何から何まで想像以上に素敵で。
上海、シンガポール、マカオ…。今日もアジアのどこかでシャッターを切っているのは、フォトグラファーのHarimo Lee。独自のアングルで切りとられた写真は...
愛を知らない一組の男女が、「本当のしあわせ」を見つけるまで。
愛する人を失った悲しみの中にいる、すべての人たちへ。
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
「これさえやっておけば、一生しあわせでいられる」。そんな方法があれば苦労しないのに…と悩んでネガティブになってる間に、またひとつしあわせを見落としているか...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
「Elite Daily」のJasmine Vaughn-Hallさんに言わせてみれば、「姉妹との旅行」は結構効く模様。姉妹がいなければ「心を許せる人」と...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
「しあわせ」が、どこか遠くにあるものだと思っていませんか?大切なのは、まず考え方を変えることです。「Elite Daily」の人気ライターPaul Hud...
花束を手にするだけで、自然と笑みがこぼれてしまうのはなぜだろう。花はいのちある生き物だから、ひだまりのように、ぽかぽかとあたたかい気持ちになるのだ。では、...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...